崖松コースから弥彦山

弥彦山    634m      2018年12月10日(月)   単独

田の浦電波施設登山口9:23-登山道合流9:36-地蔵様9:52-スカイライン合流10:35
-九合目10:53-山頂11:05-九合目11:18-田の浦下山口11:23-田の浦登山口12:10-車12:17

先週のブログでスカイライン通行止めになったら他の登山口・・・と書いてハッと思い出した。
八枚沢からの花登山で忘れていたけど今年は崖松コースを登ろうと思っていたのです。
登山口がイマイチはっきりしなくて延び延びになっていましたが、昨日までの雪が解け
朝は風も無く降ってもいなかったので行ってみたいと思います。

田の浦海岸の駐車場から急な坂を上がって砂利道になってすぐ電波施設が有りますので
過ぎた所(2枚目の石のモニュメントの横)に2台ほど停められます。
1812101.jpg 1812102.jpg

奥に行きますとロープが張ってあり、そこをくぐって行くと崖になっていますが前は橋が有ったようです。
ここは渡れないので横に行くと渡れそうな所がありロープが垂れていますが水は流れているし
オーバーハングしていて私には登れそうもない。
1812103.jpg 1812104.jpg

ちょっと戻って、踏み跡をたどって右に行きます。
1812105.jpg

川を見ながら進むと川幅も狭くなって向こう岸もなだらかな所があります。
ここは難なく渡れて上に上がれました。皆さんここから行っているようです。
1812106.jpg 1812107.jpg

踏み跡が有ったので進んだけどGPSを見て見たら登山道からかなりずれています。
川を渡ったら元の道(登れなかった所)まで戻ればよかったのかもしれませんが
進んじゃったし、草も枯れて藪にはなっていないので林の中で軌道修正。
10分くらい進んだら登山道に合流してホッとしました。

ここからは細いけれど登山道はちゃんとあり迷うような所は有りません。
1812108.jpg 1812109.jpg

いろんな所で首なし地蔵さまと書かれていますがどなたかがお顔のような石を乗せて下さったので
もう首なし地蔵さまじゃないですよね。
18121010.jpg

急登を上がり尾根道になってやっと見えた山頂。
まだまだ遠いわ
18121011.jpg

この辺りから雪が増えてタダでさえ細い登山道、見失いそうになりながらも上へ上へと進み
やっとスカイラインと合流しました。
合流したら右側に進みます・・・道はバリバリ凍っています。もう車は通れません。
18121012.jpg 18121013.jpg

銅山トンネルを抜けて行きます。
どこから歩いてきたのでしょう?お一人の足跡が下からずっと続いています。

10分くらいスカイラインを歩いてやっと九合目に行く登山道が有りました。
道路脇に赤いテープが有りますし顔を上に向けると赤いテープも見えます。
18121014.jpg 18121015.jpg

そんなに良い天気じゃないのに今日は本当にはっきりと佐渡が見えます。
18121016.jpg

九合目に上がって参道の様子です、もう融けることは無いかな。
18121017.jpg 18121018.jpg

山頂には誰もいません。ガスって来たので一周して帰ります。
18121019.jpg 18121020.jpg

九合目、ガスガスです。
スカイラインちょっと歩くと田の浦への分岐が有ります。
ここからは何度も歩いているので雪が有っても大丈夫。
18121021.jpg 18121022.jpg

しかし下の方に来ると倒木本数が半端ないです。
そういえば今年の春は雪が多くてどこも倒木がすごかった。
今年は雪割草の時期このコースを登らなかったのでわからなかったけど
今は切ったり処理されているのを見ると春は通れなかったんじゃないかな
18121023.jpg 18121024.jpg

本日の距離:6.3km 時間2時間54分  歩数:12600歩

山頂の参道では何人かに会いましたが本日のコースは私一人でした。
車に着いて片づけていたらみぞれが降ってきました。田の浦コースは春までお休みかな。
18121025.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

12月の弥彦山

弥彦山  634m       2018年12月3日(月)   単独

八枚沢登山口10:55-山頂11:57~12:16-能登見平12:34-分岐12:57-登山口13:10

八枚沢は雪割草の時期(3月)に2~3回来たことがありますが
この看板のちょっと行った所にゲートが有ったのを覚えています。
いつからゲートが出来るのかな?12月に入ってすぐだったら困るなぁ~と思いながら
12月の弥彦に行くと看板があります・・・通行止めから3日経っている・・・行けないかな。

嬉しい事にまだゲートは有りませんでした。
ゲートから登山口までかなりあるので他の登山口(1月は初詣も兼ねて表参道から、2月は・・・)
を考えるとして今日はいつもの登山口から登ります。
1812031.jpg

まだこちらに初雪は降っていないのですが当然花は咲いていません。
来年春の為にカンアオイや雪割草の葉がたくさん見えます。
1812032.jpg 1812033.jpg

花では有りませんが可愛いホクリクトウヒレンとオヤマボクチの綿毛。
そして紅葉したトウダイグサとイカリソウの葉。
1812034.jpg 1812035.jpg

今年5月から始めた弥彦山に咲いているたくさんの花報告。
12月はどんなに探してもこれしか咲いていませんでした(ほとんどが勘違い花)
1812036.jpg

11月は紅葉が見られた木々ですがもう葉は一枚もついていません。
夏は毛虫に食べられて葉脈だけになっていたユズリハには美しい葉が出ていました。
嵩坪山のtgさんはこの葉の事を『お正月様』と呼ぶそうです
1812037.jpg 1812038.jpg

弥彦山山頂からズームで見た、多宝山山頂に有る気象レーダー観測所です。
遠くから全体を見たのは初めてかも。
1812039.jpg

昨日と打って変って雨が落ちてきそうな弥彦山山頂、今年はお世話になりました。
1年間花の報告をするつもりですので来年も4月まではよろしくお願いします。

いつものように雨乞尾根を行くと『望佐の梨』の木が切られてスッキリしていました。
18120310.jpg 18120311.jpg

※このブログの自然で見つけた花図鑑「雪割草」を「海辺の花」に変更しました。
 海辺にもたくさんの花が咲いているのでビックリしました。
 山とはまた違った花ですので良かったら見てくださいね。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

宝珠山~野須張

宝珠山・大蛇山・野須張559.1m・802.1m・902.8m2018年12月2日(日)単独

登山口8:55-鉄塔9:11-赤松山9:31-八咫柄山10:04-宝珠山10:11-大蛇山11:01
-野須張11:28~12:00-大蛇山12:19-宝珠山12:59~13:12-登山口14:18

この日は朝から快晴・・・なのに自治会の公民館掃除が入っています
夫が出てくれるなんて言う訳も無く朝7時からブツブツ言いながら参加してきます。

でも終わったら即行で赤松山森林公園まで。
ここも森林浴の森探しの時来て遠回りだけどこの登山口から登りたかったんですよね。
1812021.jpg 1812022.jpg

入ってすぐの所にどんぐり坂登山口がありましたが真っ直ぐ進みます。
1812023.jpg

結構急登を登って各登山口合流点、鉄塔です。
少し行くと舗装道路を横切りますが、猿がいますね~逃げませんね~さすがこの地区。
1812024.jpg 1812025.jpg

鉄塔から20分ほどで松が踊っている赤松山です。
後ろを降り向くと遠くに弥彦角田が、今日もたくさんの方が登っているんでしょうね。
1812026.jpg 1812027.jpg

7年前に登った時はまだリハビリ中だったので遠~く感じたけど今日は気持ち的にすぐ山頂でした。
山の中に有る交通安全のお地蔵様です。
1812028.jpg 1812029.jpg

まだ早い時間だったので12時をタイムリミットに大蛇山に向かいます。
振り返ってみた宝珠山山頂です。
18120210.jpg

こんなに整備されていて良いの~?と言うくらい道は広くて歩きやすいです。
1時間近くかかって大蛇山(おおじゃやま)です。
でも眺望良くないし時間も有り地図を見たら野須張(のすばり)は宝珠山~大蛇山までの半分くらい。
18120211.jpg 18120212.jpg

進むとうっすらですが雪が解け残っています(先週は大蛇山もかなり雪が有ったようです)
地図を見るとあの向こうが山頂のようです
18120213.jpg 18120214.jpg

わぉ~!この山塊で思ってもみなかった立派な山頂杭、に続く飯豊連峰ぅ~
18120215.jpg

誰もいないし開放感抜群。
18120216.jpg

すっかり白くなった飯豊連峰、ず~っと見ていても飽きない。
18120217.jpg

左を見ると菱ヶ岳・・・見る感じ宝珠山から大蛇山くらいかな?
どんぐりの森に下りたら車回収できないしピストンするには時間的にキツイ。
つくづく今日の公民館掃除が無かったらなぁ~と頭のなかぐるぐる。

今日の所は諦めて枝の上にカメラを置いたりして自撮していたら菱ヶ岳からお一人来たので
写真をお願いして、この辺りの山の事なども色々教えてもらい(ヤマレコの方でした)
その方が登ってこられた三川からの登山口(あっ!橋を渡った所に有る菱ヶ岳登山口の看板)
の事を教えてもらったり大変参考になりました。
でも石戸の登山道を見るとその方の足跡の上に熊の足跡が・・・

タイムリミットの12時になったのでお別れして来た道を戻ります。
18120218.jpg 18120219.jpg

順調に大蛇山を過ぎて宝珠山が見えてきました。
山頂にもまだまだ休まれている方がいたのでコーヒーでおしゃべり。
18120220.jpg 18120221.jpg

大蛇山の方を見ると道が広いので良くわかります。

鉄塔の所まで戻って左側、初めての道に行きます。
車の近くのどんぐり坂に下りる分岐も有りましたが金鶏橋に向かうとどこに出るかなぁ~と
ワクワクして歩いたら上の駐車場トイレの前に出ました。
18120222.jpg 18120223.jpg

本日の距離:12.1km 時間:5時間23分 歩数:2万4千歩
18120224.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

角田山・久~しぶりの宮前

角田山  481.7m   2018年11月29日(木)   単独

宮前登山口9:56-六合目10:39-山頂11:05~11:20-登山口12:10

今シーズンの課題・・・冬靴が無い!
冬用にしていた登山靴はソールが剥げて甲の部分も切れてきた。
長靴はあちこち切れていたのを戸倉山まで使ったけどついにポイ。

近くのmbとkjを見てきたけど種類が無いし、高い
mbは4万位で2種類だけどサイズが無かった。
kjは1種類しかなくて6万3千円。
足の形なんて色々でデザイン以前の問題なのにkjの店員さんは
とても嫌味な言い方をしてきてむかっと来たし高すぎるのも有って
買わずに帰ってしまった。

取りあえずこれかな、kmで¥1580、おニューの長靴で~す
冬はしょっちゅう登っている宮前コースですが3月に登って以来久しぶりです。
雨予報なのでサクッと行きますが良い感じに晩秋を感じる登山道を行きます。
1811291.jpg 1811292.jpg

ツツジですが今年のは落葉するのでしょうがもう新しい葉ができています。
今まで気にした事が無かったけど冬に向かうのに大丈夫かな。
今まで枯れた葉になった姿しか見たことが無かったツクバネ、本当に羽根つきの羽根。
どうしたのぉ~とつい声をかけてしまったツツジの花。ネボケ過ぎ(^^;
1811293.jpg

この時期登ったことが無いので落ち葉の登山道が気持ち良いです。
山頂に行ったら海側に青空が。
暖かい1日でしたが山小屋からはストーブの煙が出ていました。
1811294.jpg 1811295.jpg

登山口近くです。
気持ちの良い1日をありがとう・・・風邪は順調に喘息に移行してしまって苦しいです
1811296.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

逆療法で五頭山

五頭山  912.5m       2018年11月25日(日)  単独

どんぐりの森登山口8:02-三ノ峰小屋9:08-本峰9:30-前一ノ峰9:39~9:48
-三ノ峰小屋10:00-五ノ峰10:07-出湯分岐10:30-烏帽子岩10:40~10:56
-出湯登山口11:31-やまびこ通り終点12:41-車12:53

二週間前家族からうつされた風邪が医者の薬を飲んでも治らず、そのウチ耳がぼ~っとしだして
耳鼻科に行って両耳水が溜まっていると言われ薬で割と良くなったけれどもまだすっきりしない。

休みは家にいて安静にしていれば治る訳じゃないと思うので
気力も戻ったので治すために山へ~~
取りあえず行き慣れた山"五頭山”で様子を見ます。

お天気の良い日曜日の五頭山・・・この時間でも超、チョー混んでいます。
1811251.jpg 1811252.jpg 1811253.jpg

秋も終わりのふかふか落ち葉の絨毯を気持ち良く歩いて行くと四合目辺りから登山道脇に雪がちらほら。
五合目になると脇は真っ白です。
1811254.jpg 1811255.jpg

今シーズン初めての雪と青空、気持ち良いです。鼻水も咳も止まったみたい。
1811256.jpg

三ノ峰の鐘と小屋です。
11月初めの二王子でも雪が無かったのにちょっと風邪で寝込んでいる間に五頭山は真っ白です。
1811257.jpg 1811258.jpg

気持ちも良いし体調も良いので本峰まで。
でもまだ枝が邪魔になって飯豊連峰がキレイに見えないので急いで前一ノ峰に戻ります。
1811259.jpg 18112510.jpg

五頭山は前一ノ峰からが一番綺麗に飯豊が見えます。
本峰には誰もいなかったけどここにはたくさんの方が休んでいます。

ここで太陽に当たっていたら気分良くなって出湯に下りて烏帽子岩が見たくなった。
時間的にもまだ早いしやまびこ通りは1時間くらいかな?と目星をつけて決行。
18112511.jpg

スキー場との分岐は躊躇なく出湯方面に。
あまりこのコースは登らないので懐かしいです。
18112512.jpg

ここであの大岩の上に立って年賀状用の写真を撮りたかったけど
何度やってもタイマー(10秒)の時間切れ。
誰も来ないし、取りあえずてっぺんに登ってダンボー君の記念撮影で断念。
18112513.jpg 18112514.jpg

烏帽子岩を過ぎて暫くするとたくさんの方とスライドしたのでこのコースはゆっくりの方が多いんだなぁ。
三ノ峰コースなんて私が登る頃下りてくる方も多かったのに。

登山口辺りにツルウメモドキの実がたくさんありました。
登山口を出て橋を渡るとやまびこ通りです。
18112515.jpg 18112516.jpg

やまびこ通りは約5kmに250程の歌碑や句碑が並んでいます。

私は文字(書体?)が好きなので見ながら歩けるのは最高です。
18112517.jpg

そしてここは出湯からの一方通行なのでのんびり歩けます。
ちょうど中間地点あたりにトイレも有ります。
18112518.jpg

そして真っ赤に紅葉したモミジがありましたので
この杭は新潟県森林浴の森の杭探しをしていたときに見たので9年ぶりくらいです。
お久しぶり~、何も変わらず建っていて嬉しいです
18112519.jpg 18112520.jpg

1時間くらいかなと思ったやまびこ通りは1時間10分かかってしまいました。
けど気持ち良かったですよ~

五頭山も雪山になったしトレッキングポールにもスノーバスケットをつけなくちゃ。
その前に長靴も買わなくちゃ・・・その上今までの冬靴のソールが剥げ甲に穴も開いてきた。
冬靴はいくらするんだ~、山友が5・6万とか言っていたけど長靴で良いかな

本日の距離:13km 時間:4時間52分 歩数26000歩
18112521.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR