鳥海山・青い鳥海湖

鳥海山  2236m     2019年7月16日(火)  単独

鉾立登山口5:45-賽ノ河原6:40-御浜小屋7:05-七五三掛7:45-千蛇谷雪渓8:00-御室9:04
-新山山頂9:36~9:42-七高山10:17~10:38-文殊岳11:26-御田ヶ原分岐12:09
-御浜鳥海湖分岐12:41ー河原宿12:59-賽ノ河原13:07-鉾立登山口13:46

今まで鉾立コース3回来たけど青い鳥海湖を見たことが無い。
昨年は花が終わり頃だったのでちょっと早く行ってみました。

今年は鉾立から見る鳥海山には笠雲もなく晴れを期待して出発。
案内板の残骸はキレイに取り払われていました。
道反対側に登山届の用紙とポストが有りますし下山届のノートもありました。
暫くは舗装道路を行きます。
1907161.jpg 1907162.jpg

10分もしないのに高度感抜群で鉾立の駐車場を振り返ります。
1907163.jpg

順調に歩いて賽ノ河原です。
この時は下山に上の雪渓を歩いてここに下りてくるなんて思いもしませんでした。
御浜小屋、まだ青空です~。
1907164.jpg 1907165.jpg

やったぁ~
鳥海湖、4回目にして初めて水がたっぷりで青いです。
登って行くと角度を変えて見えるので何枚写真を撮ったか!
1907166.jpg

御田ヶ原からの鳥海山・・・このままでの空でいて~。
1907167.jpg

昨年より早く来て元気な花をたくさん見たいと思ってきましたが早すぎたようです。

もう少しするともっと咲くと思うのですがそれでもいろいろ咲いています。
ヨツバシオガマ、ヒナザクラ、ハクサンイチゲ、チョウカイアザミ、トウゲブキ、ナナカマド
1907168.jpg

ニッコウキスゲは満開、マルバシモツケ、カラマツソウ。
1907169.jpg

千蛇谷雪渓に来ました。
当然ながら今までで一番大きいです。

道よりももっと上部雪渓を気持ちよさそうに歩いて下りている方がいました。
「かなり上で夏道と合流しているし大丈夫だけど下山に通った方が良いかも、登りはきつそうだし」
と言われ夏道を登る事にします・・・下山ははここを歩かないのだけどもったいなかったね。
19071610.jpg

昨年と全く同じですよ千蛇谷雪渓までは青空。
ここを過ぎると全面ガスで真っ白。
19071611.jpg 19071612.jpg

昨年はこの斜面チョウカイアザミ、ハクサンシャジン、オクキタアザミが満開でしたが今年はまだ無し。
その代わりイワベンケイ、コケモモ、シャクナゲがたくさん咲いています。
19071613.jpg

アオノツガザクラとミヤマキンバイもずっと咲いていました。
19071614.jpg

時々ガスがさぁーっと流れて外輪が見えると感動。
でもまたまたガスで何も見えない御室(大物忌神社)に着きました。
昨年御朱印を貰ったので外でお参りしてトイレを借りて新山に向かいます。
19071615.jpg 19071616.jpg

いつもながらこの登りは楽しいですね
19071617.jpg 19071618.jpg

はぁーい、今回もガスで真っ白な山頂ですよ~
19071619.jpg

山頂は狭いし何も見えないので胎内くぐりを通って七高山に向かいます。
19071620.jpg 19071621.jpg

ここの岩場に咲いていたエゾノツガザクラと群生のイワウメ。
19071622.jpg

七高山で新山眺めながらお昼の予定でしたが、新山全く見えない真っ白な中でお昼です。

下山始めたら岩の上に鳥が・・・あのきつい目つきはイワヒバリかな。
19071623.jpg 19071624.jpg

かろうじて見えた御室全容。美術館もありましたよ。
19071625.jpg

昨年はこれでもかと咲いていたイワブクロは蕾が多かった。
白いイワブクロにはビックリしました。

チョウカイフスマはなかなか咲いていなくて外輪で咲いていて良かった、けどほとんど蕾。
19071626.jpg

ハハコグサ、オンタデ、シャクナゲ、イワギキョウ。
19071627.jpg

七五三掛で登りの道と合流して御田ヶ原分岐を左に進み鳥海湖を回ります。
所々木道上に雪が有りますが大丈夫です、

水が多いですが雲が出ているので鳥海湖は青くなくなっていました。
19071628.jpg 19071629.jpg

御浜との分岐に行きますとニッコウキスゲがとても綺麗。
19071630.jpg

昨年の様に御浜小屋に戻って、と考えていましたがふと笙ヶ岳方面を見ると
ニッコウキスゲがずっと続いているし途中に大きな案内杭が有り何人か休んでいます。

御浜小屋には結構な登り返しだし賽ノ河原に行く道がこちらに有るらしいことは
チェックしていたけど道があやふや。
杭の所まで行ってそこにいた方に「こっちに行くと鉾立のコースに合流できますか?」と聞くと
「賽ノ河原に出る道が有るけど途中大きな雪渓が有ってコースが判りずらい。
僕たちはこれからそのコースで鉾立に戻るので案内しますよ」と言って下さり
御一緒させてもらいました・・・本当は笙ヶ岳にも行きたかったけど千載一隅のチャンスですもの。
笙ヶ岳はまた今度。
19071631.jpg 19071632.jpg

大平への道、河原宿を過ぎると大きな雪渓。
雪渓の上には寒かったのか力尽きたトンボがたくさん休んでいました。
触ればよろよろと飛び立つんだけど動かないから踏まないようにするのが大変。

雪渓の中ほどで右に折れいろんなコースについてやいろんな歴史など教えてもらいながら進むと
鉾立コースを下山している方たちが見えてきました。
雪渓が長かったので超ショートカットした気分と非公式コースを教えてもらった嬉しさで
ガスで落ち込んだ気分吹っ飛び~~。
無事賽ノ河原に着きました。秋田からのおじさま方ありがとうございました。
19071633.jpg 19071634.jpg

本日の距離:15.7km  時間:8時間(内休憩45分) 歩数:32000歩
花にはちょっと早すぎちゃったけど残雪いっぱい歩けたし行きたかったコースも歩けたし結果オーライ。

昨年行くのが遅すぎたので早目に行きたい杁差岳と鳥海山。花の時期行きたかった南蔵王。
今年の目標でしたのでこれにて目標クリヤ~です。
19071635.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

困った時の月山

月山  1984m    2019年7月9日(火)  単独

スタート6:47-登山口7:00-仏生池小屋8:00-月山三角点から山頂広場8:53~10:16
-仏生池小屋10:58-登山口12:08-遊歩道~御田原参籠所12:01-ゴール12:08

今年のバースディ登山は花大好きな私にとって花の原点である白山に登ろうと計画。
登山口は何か所か有るのですがやはり最初はモデルコースの別当出合からと考え
とにかく遠いので前泊で行くことにして8日仕事が終わってから天気予報を見たら・・・
8日の朝見た時は何とか持つ予報だったのに雨に変わっている
370km以上あるので前泊で計画していたけど予報がだんだん悪くなっているので諦めました。

東北は晴れ予報なので検討の結果変わり映えしないけど月山に。
でもいつものスキー場からじゃなく弥陀ヶ原から行ってみます。
駐車場は八合目にあるので高度感素晴らしいです。
1907091.jpg

登り口に100円チップ制のトイレが有ります。
スキー場側からは入山料200円かかるのでこちらはかからない分、良いんじゃないでしょうか。

上がって行くと遊歩道分岐が有りますのでここをスタートとして右に進みます。
1907092.jpg 1907093.jpg

ヨツバシオガマやハクサンチドリ、イワイチョウ、ニッコウキスゲなど見ながら暫く木道を行きます。
来月になると木道両側一面キンコウカが咲いてとても綺麗です。

登山口に着きました。ここからゴロゴロ石の道です。
1907094.jpg 1907095.jpg

わお~、月山11回目にして初めて鳥海山がキレイに見えます。
1907096.jpg

スキー場コースほどではありませんがこちらもたくさんの花が咲いています。
シラネアオイ、ニッコウキスゲ、チングルマ、ハクサンフウロ、チングルマが散った後。
1907097.jpg

九合目、仏生池小屋です。
アイスクリーム、コーヒー、コーンスープ、甘酒¥500、ちからもち¥650、おでん¥800、バッヂ¥600等々
小屋の前を横に進みます。
1907098.jpg

ヤマガラシとヨツバシオガマ
1907099.jpg 19070910.jpg

仏生池小屋と鳥海山、この風景が見たかったのです
19070911.jpg

私の好きなイワベンケイ。
山頂近くなるとまた木道になります。月山は右側通行です。
19070912.jpg 19070913.jpg

山頂弥陀ヶ原側にはまだこんなに雪が有ります。
19070914.jpg 19070915.jpg

神社に行く前に左側登ると三角点が有ります。
そして月山神社、外でお参りをしました(中に入るには御祓い¥500)
19070916.jpg 19070917.jpg

お昼はいつも肘折方向に進んだこの場所、空いていて良かったぁ~
今日は一人寂しくお祝い。前期OO者の仲間入りです~
19070918.jpg 19070919.jpg

ここは山頂にある建物がみんな見渡せるし回りじゅうお花畑。
19070920.jpg

山頂広場に咲いていた花を少し紹介。
ミヤマキンバイ、ハクサンハタザオ、クロユリ、ミヤマウスユキソウ、ミヤマキンポウゲ。
19070921.jpg

コバイケソウ、ハクサンイチゲ、ヒナザクラ、アオノツガザクラ、カラマツソウ、ヤマガラシ。
19070922.jpg

ゆっくり休んで下山してから遊歩道を回ってみます。
池塘がたくさんありますが空が青くないからちょっと残念。ワタスゲも咲き始めています。
19070923.jpg 19070924.jpg

御田原参籠所手前の湿原にはまだこんなに雪が残っていました。
スコップで一生懸命割っている所でしたがお昼休みのようです。
19070925.jpg

遊歩道木道脇の花を楽しみながらゴール(ハクサンフウロ。マルバシモツケ)

月山には登らないで弥陀ヶ原を散策するだけでも楽しいですよ
19070926.jpg 19070927.jpg

本日の距離:11.3km  時間5時間20分  歩数:23000歩
帰ってから家族にお祝いしてもらいました

花にはまだ間に合うと思うので白山頑張ります。
19070928.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

7年振りの越後駒ケ岳

越後駒ケ岳  2003m   2019年7月5日(金)  単独

枝折峠登山口5:51-小倉山7:50-百草ノ池8:26-駒の小屋9:23-山頂9:50~10:10
-駒の小屋10:24~10:48-百草ノ池11:28-道行山12:50-明神峠13:36-登山口13:59

2012年の夏、大先輩方に連れて行ってもらった越後駒ケ岳。
荒涼とした山が好きだった私には越後駒ケ岳はもの凄くうっそうとしたイメージでした。
だからもう無いかなぁ~と思っていましたがそんなはずはないともう一度行ってみることにしました。

自宅朝3時出発で奥只見シルバーラインを通って銀山平から枝折峠に行き5:30着。
朝方雨が降っていたので濡れています。
トイレに寄ったり朝ご飯を食べたり、登山ポストが奥にあったので用紙(中に有り)投函して出発します。
1907051.jpg 1907052.jpg

コメツツジやアズキナシ、ウラジロヨウラク、マイヅルソウなどいつもの花を見ながら進みます。
花が藤のように垂れ下がったカエデ、モリアオガエルの卵、たまにまだ新芽のコシアブラ。
ふっくら可愛いアカモノ。生きているのかな~とツンツンしたら立ちあがって威嚇してきたクワガタ。
1907053.jpg

道行山の分岐が有りましたが道行山はエチコマを見るための山。
まだガスガスで何も見えないので帰りに寄る事にします。

歩いていると時々青空が出たり雲が流れて山肌が見えたりするとテンションあがります。
1907054.jpg

ツバメオモトがたくさん咲いていましたし、
今年はギンリョウソウ見そびれた気がしましたがたくさん出ていました。
1907055.jpg 1907056.jpg

駒の湯への分岐小倉山を過ぎ百草(もぐさ)の池に着きました。
池はまだ雪に覆われていました。
1907057.jpg 1907058.jpg

ヒメシャガもたくさん咲いていましたしヤマグルマは金平糖のような固い種になっていました。
藪の中に黄色い大きな花が輝いていたので見に行ったら・・・葉っぱでした(´・ω・`) ショボン
今年初のイワイチョウとアズキナシかな?白い花は難しい。
1907059.jpg

まだまだ元気なタニウツギとシラネアオイ。
19070510.jpg 19070511.jpg

前駒に来ました。ここから山頂風景が見える所になります。
19070512.jpg

そして岩場になりますがロープなど無いので気を付けて。
途中にハクサンコザクラが何株か咲いています。
花びらが異様に細いハクサンコザクラとふっくらしたハクサンコザクラ。今年初
19070513.jpg 19070514.jpg
19070515.jpg

駒の小屋に着きザックをデポして山頂に向かいますが急な雪渓を見て不安になり
チェンスパだけ持って再度出発。
ここからミヤマリンドウ?ロード。
19070516.jpg 19070517.jpg

雪渓の途中から見た山頂(人が見えます)
夏道は上に上がるのは分かるけど右に山頂が見えたらついつい右にトラバースしちゃいますよね。
そして気持ち良く雪の上を歩いて行ったら・・・どうも藪の向こうに夏道が有る気がする。
雪渓の最後を見ると山頂の下で終わっている・・・これはマズイ
何とか一番細くなっている藪を探して笹藪こぎ(^^; 無事夏道合流。
19070518.jpg

山頂で~す
枝折峠登山口には私ともう一人の車だけだったので駒の湯からなのかなと思ったら
十二平登山口からの埼玉の方たちでした。
ヤブヤブでお勧めはしないそうです。
19070519.jpg

山座同定もガスで覆われているので難しく八海山の八ツ峰が見えたので
想像山座同定などしていましたがなかなか晴れないのであきらめて下山します。
19070520.jpg

枝折峠からのもう一人の方が登ってきます。
お願い、私の間違ったトレースは無視して真っ直ぐ登って~と念を送りましたが
雪の上を歩いてこちらに向かってきます。
急いで行き、ここまで来たら藪こぎしをお勧めしますと伝えてお別れ。

暫く夏道を下って行ったら中ノ岳との分岐に出ました。
登りもここに来るのが正解です。
19070521.jpg 19070522.jpg

駒の小屋に戻って一人寂しくお昼ごはん。
小屋の横には冷たい水がジャンジャン出ていたので水を総入れ替え。
19070523.jpg 19070524.jpg

道行山の分岐に着きました。
朝の約束通り道行山に行きますが分岐から1分です。
19070525.jpg 19070526.jpg

朝も見えませんでしたが帰りもガスで残念な越後駒ケ岳でした。
19070527.jpg

本日のお土産~。
かなり上まで両側笹竹が広がっているのでタケノコがたくさん出ています。
竹藪に入って行くと奥に奥にと連れて行かれるので登山道脇だけですがちょっと頂き。
コシアブラもほとんど大きくなっていましたが雪解けが遅かった所にチョットだけ新芽がありました。
19070528.jpg

本日の距離:14.9km  時間:8時間10分(内休憩50分)  歩数:31000歩
7年前のイメージ一新、そんなに悪くないね越後駒ケ岳(*´∇`*)

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

花が寂しい五頭~菱トレーニング

五頭山・菱ヶ岳 912.5m・973.5m  2019年7月1日(月) 単独

三ノ峰登山口9:41-三ノ峰小屋10:57-本峰11:23-菱五頭分岐11:32-与平の頭12:33
-菱ヶ岳12:52~13:11-6合目13:46ー菱ヶ岳登山口14:32-車14:44

スカッと晴れ予報が出ないので出遅れて今日もトレーニングで近場の五頭山に。

2011年1月、山を始めて面白くなってきた頃左足前十字靱帯を切ってしまい
お医者さんには「年齢が年齢だから手術はしたくない、後遺症が残るかもしれないし」と言われました。
手術しなくても普通の生活は送れるらしいですが、もっともっと山に行きたい!飯豊にもまだ行ってない!
と何とか手術をしてもらいましたがやはり後遺症が残ってしまいました。

左足膝の違和感とこわばりがいつも感じられ歩く時もずっと膝に神経集中です。
だから10日以上山に行かないと膝が固まってしまうようで怖いのです。
本当は公園散歩でも良いのですが坂が有った方が良いかなぁ~なんて(^^;

今日も坂を上がったり下がったり花を見ながら五頭山に行こうと思いますが
この時期花は咲いてないんだろうな~との予感。
色とりどりの緑色だけの三ノ峰コースです。
1907011.jpg 1907012.jpg

7合目の休憩所です。
ここまで小さな白い対の花が咲くツルアリドオシしか見られません
昨年もそうだったなぁ~、でも三ノ峰からの花に期待して進みます。
1907013.jpg

本当にいろんな鳥の声が聞こえますが私にはコガラしか見つけられませんでした。
そしてずっとギャンギャンうるさいハルゼミ、やっと見つけることが出来ました。
1907014.jpg 1907015.jpg

三ノ峰のお地蔵さまと集いの鐘
そして一ノ峰のお地蔵さまと後ろに飯豊連峰・・・は残念ながら見えません。
1907016.jpg 1907017.jpg

春に本峰まで来た時はブヨがわんわんと攻撃してきましたがもういません。
その代わりトンボがたくさん飛んでいますが攻撃してこないのでOK

ここまでツルアリドオシと黄色いタカネニガナだけしか咲いていなくて寂しいので菱ヶ岳に回ってみます。
1907018.jpg

飯豊連峰展望は時折陽が差すけどすぐまた厚い雲に覆われてしまいます。
菱ヶ岳山頂にもブヨがいなくなっていたのでゆっくりお昼ごはん。
五頭山近くの縦走路で2人とスライドしただけで誰にも会わない菱ヶ岳でした。
1907019.jpg 19070110.jpg

期待した縦走路でしたが唯一色味のあるミヤマクルマバナ。
白と緑と黄色の花の中では女王様でした(角田では無視しちゃいましたが)
コメツツジもひっそりと咲いていました。
19070111.jpg 19070112.jpg

こちらは菱ヶ岳のブナ林。
ハルゼミの大合唱と鳥のさえずりが気持ち良い。
19070113.jpg

登山口近くなったら木にシラタキがぶら下がっている~な感じのキノコ。シラタキいっぱいでした。
そして木に白い泡のようなものが・・・カエルの卵のようです。
19070114.jpg 19070115.jpg

菱ヶ岳の登山口に着いたら車は1台も無く、どんぐりの森駐車場まで戻ったら
あんなにたくさんあった車は私の車ともう1台だけ。

今日は月山の開山祭だったのよね~行きたかったけどテンクラC判定。
里山と高い山は花がたくさん咲いているけど五頭山くらいだと今の時期何も咲いていないのね。
でもつぼみはたくさん見たのでもう少ししたらまた花の山になっているでしょう。.
今日はトレーニングだから我慢我慢。

本日の距離:11.5km 時間:5時間4分  歩数:23000歩

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

露爆弾を浴びながら角田山

角田山  481.7m  2019年6月28日(金)  単独

灯台登山口9:50-山頂11:24~11:40-宮前登山口12:48-オフロードコースで灯台13:25

梅雨に入っても晴れている日が有りましたよね~。
でも計ったかのようにその日は仕事、で休みになると天気悪いので身体が鈍ってイライラMAX

いつ降り出してもおかしくない空模様ですが久しぶりの角田山に行ってみます。
角田山は半分以上ガスに覆われていますがかろうじて降っていない。
いつもの海岸線の階段からではなくこのトンネルを通ってから灯台に上がります。
1906281.jpg 1906282.jpg

途中にハマボッスが咲いていますが終わりかけ、アサツキも終わっていました。
雪割草の時期以来だから色んな花が終わっていて寂しい。

隣は急登にたくさんあったヒョウタンボクの実です。良く見たらヒョウタンのように繋がっているのね。
もうちょっと早かったらヒョウタンボクの花が見られたのかと思うと残念。
1906283.jpg 1906284.jpg

いつもは青い海に白い灯台、彼方に佐渡が見えたりしますが今日はガスが上から覆いかぶさっています。
1906285.jpg

角田灯台コースも花盛りです。
ホタルブクロ、テイカズラ、オカトラノオ
この間までピンクの花が咲いていたナワシロイチゴ、海岸に多いコマツナギ。
1906286.jpg

宮前コースも岩場が有るけど灯台コースは途中まで岩場が続きます。
イワガラミと今が時期の紫陽花。
1906287.jpg 1906288.jpg
19062820.jpg


岩場を過ぎると樹林帯になってきますが雨は降っていないはずなのに
風が吹く度にバタバタとシズクが落ちてきてびしょ濡れです。
ストックより傘だったかなぁ~
19062810.jpg

山頂です。
あれだけ濡れたけどやっぱりと言うか雨は降っていないので外でコーヒータイム

山頂広場には栗の木がたくさんあって今花盛りです。
19062811.jpg 19062812.jpg

下山を始めると弥彦でも花盛りだった、葉が所々白いマタタビです。花可愛いね。
昨年秋ツクバネの可愛い実を見付けたのですがもう形が出来上がっています。
19062813.jpg 19062814.jpg

宮前登山口近くなると白いフジ?イワオウギ?のような花がたくさんありました。
根汁をなめると苦くてくらくらするところから『クララ』と名付けられたらしいですが可愛いです。
そして見るからに毒っぽい『ドクウツギ』はトリカブト、ドクゼリと並んで日本三大有毒植物の一つ
だそうです。
19062815.jpg 19062816.jpg

宮前登山口から灯台口まで歩きますがいつものようにキャンプ場オフロードコースを歩いて行きます。
雨だから自転車で走っている人はいないかなぁ~と思って(^^;

冬から春に歩いた時は荒涼とした松林だったけど今はモッサモサのヤブになっていて
たくさんの花や実が有ってとても楽しく歩きました。

最初のイチゴは木に生っているので”これがキイチゴ?と思って帰って調べたら
紙の原料になる『コウゾ』らしいです。ちょっとかじったら甘かったので収穫したかったけど
良くわからないものには手を出さない。凄くたくさんあったので今度見たら採ってみます。

下段はこれもたくさん咲いていたムラサキシキブの花とイボタノキの花です。
ここには細竹がたくさんありますが時期が遅かったのか伸びきったタケノコがたくさん!
もっと早かったらね~。
19062817.jpg

朝より鉛色になった灯台口に来ました。
車にザックを仕舞っていたら雨が降ってきた・・・セーーーフ
19062818.jpg

本日の距離:7.7km 時間:3時間35分  歩数:15000歩
チョットすっきり~
19062819.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR