弥彦山・ゆっくり観察

弥彦山  634m  2019年5月17日(金)   単独

八枚沢登山口5:38-山頂7:13~7:38-能登見平8:22-分岐9:02-登山口9:25

新潟はGWからずっと良いお天気です。
こんなに晴れが続くとは思わなかったので前回無理して行ったけど大丈夫でしたね。
でも今週は夫がいないので鶏の世話をしなくちゃいけなくて遠くに早出は出来ないのです。
家のクロちゃん(鶏)はデリケートなので(^^;

昨年や今までを考えると花を撮るために山に登っていたので陽が登ってから(陽が出ないと開花しない)
登っていたのですが弥彦の野鳥の先生のブログを見ると早朝に登っているんです。
時間だけ真似しても野鳥が見られるとは限りませんがクロちゃんの世話をしつつ
出来るだけ早い時間に行ってみます。

それでもこんなに遅くなったけどいつもより早い時間、清々しくて気持ちいいです。
花も開いているので、陽が出ないと開かないのは雪割草だけだったみたいです。
昨年5月に登った時と同じ花が咲いていますが昨年より一週間遅かったのに
花は若干早かったみたいで登りでフジの花は咲いていないしチゴユリやイカリソウなど残っていました、

下の白いのはアオダモと魚沼では実を塩漬けにして食べるウワミズザクラです。
1905171.jpg

朝が早いと野鳥の声が響き渡っていましたが緑の葉が出てきて野鳥を見ることが出来ませんでした。
でものんびり耳をすませたり探したりと1時間半もかかって山頂です。
誰もいないのでコーヒーで朝ご飯。

境内には植栽かな?オダマキがキレイです。楓も可愛い。
1905172.jpg

裏参道に進むと登りでもありましたがトリガタハンショウヅルがたくさん咲いています。
そしてラショウモンカズラ。昨年はもう終わっていたので見られて良かった。
ユキザサとフジがやっと少し、隣はシオデらしいですが糸魚川でみんなで食べた山アスパラ?
1905173.jpg

能登見平手前で聞こえた鳥の声に
帰って見たら前回見たホオジロでした。今日は草の上じゃなくて木の上なので凛々しい
1905174.jpg 1905175.jpg

妻戸尾根にコケイランが無くて寂しく来ましたが雨乞尾根に咲いていてホッとしました。
昨年同様こちらもホタルカズラがたくさん咲いていました。黒いのはアケビの花。
1905176.jpg

秋に来た時赤い実がたくさん見られた雨乞尾根だったので春にはどんな花が咲くのか
見てみたいと思っていました。
でもあまりにも似た花が多くて迷いましたが・・・
左が花びら5枚の「ツリバナ」 右が花びら4枚の「マユミ」
秋に見た時マユミのピンクはすごく多かった。ツリバナはこんなに多くなかったような気がするけど・・・

今年もまた観察して行きたいと思います。
1905177.jpg 1905178.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

阿賀・石戸から菱ヶ岳

菱ヶ岳  973.5m  2019年5月12日(日)  単独

石戸登山口8:20-野須張10:25-西山見晴どころ10:42-菱ヶ岳11:20~11:33
-西山見晴どころ12:04-野須張12:23-登山口13:52

昨日の疲れがばっちり残ってどうしようかなぁと思ったけど
ここまで晴れが続くと私の次の休みは雨のターンになっちゃう~
昨年野須張で会ったTJさんに教えてもらった石戸からどうしても登ってみたくて行ってみました。

今までR49で津川や福島に行く時、取上橋から見えるあの看板がいつも気になっていたんです。
ここから菱ヶ岳って想像がつきませんでしたが初めて左折してみました。
1905121.jpg

石戸集落で道が判らなくなり地元の方に聞いてやっと登山口にたどり着きました。
この道は通行止めロープが張ってあり道の膨らんだ所に4台くらい止められます。

先行者がいた~・・・ホッとしてロープの横に登山道がありますので入ります。
1905122.jpg 1905123.jpg

5分もしない内に分岐があり右に行くと大山神社があり中に登山届カードがあります。
熊が怖いので十分お参りしてさっきの分岐を左に行きます。
1905124.jpg 1905125.jpg

登山道脇にはワラビがたくさん出ていました。コシアブラは皆大きくなって残念です。
土から出る花は終わって木に咲く花になりました。
ふもとにはシャガやフジがきれいでしたがヤマツツジ、タニウツギ、ウゴツクバネウツギが満開。
1905126.jpg

綺麗な登山道で迷う所は無し。
暗い木の下を歩いたり開けて明るい所を歩いたりかなりアップダウンがあります。
1905127.jpg 1905128.jpg

宝珠山から登った時の爽快感は無く、疲れ果てて野須張です。
晴れが続いたためか飯豊も霞んではっきりしませんが前回歩きたかった縦走路に進みます。
1905129.jpg 19051210.jpg

こちらもかなりのアップダウンを経てTJさんお勧めの「西山見晴どころ」に着きました。
今までの疲れも吹っ飛ぶ美しさです。
これは菱ヶ岳方面、最後の登りがきつそうだな~と眺めます。
19051211.jpg

こちらは遮るもののない飯豊連峰。
19051212.jpg

もうチョット空気が澄んでいる時期だったらとも思いましたがいつまでも眺めていられます。
19051213.jpg

最後の登り、ゼーハーゼーハーで菱ヶ岳山頂に着きましたぁ
一週間前の残雪はすっかり無くなってブヨが大群で迎えてくれました

疲れたのでブヨに囲まれてそそくさと栄養補給して速攻戻ります。
皆さん五頭山までピストンの方が多いですが私は今日はここまで。

快適に縦走路を戻り最後は野須張への登り返し
19051214.jpg 19051215.jpg

朝と比べて霞が取れた感じがします。
19051216.jpg

下りは目線が上から下なので朝見なかった花も目に入ります。
ムシカリのようですが花びらがピンクで可愛い。
ユキグニミツバツツジやナナカマド、コブシ、ムシカリ、クロモジ?
19051217.jpg

ここも下に来ると新緑が気持ち良い。
ワラビを取りつつ落ち葉に滑りながら下山します。

登山口から1時間半ほどの所に水場があり帰りに寄ろうと思ったのですが
水もたくさん用意してあったので寄らない選択をしたのはちょっと残念でした。
19051218.jpg 19051219.jpg
19051220.jpg

昨日は収穫なしでしたが本日は山の恵みを頂いてきました。このくらいが丁度良い。

本日の距離:10km  時間5時間32分  歩数:21000歩
今回疲れが取れないまま登ったのでそう思うのか、野須張までは宝珠山からの方が
30分ほど長いけど気分的にはそっちが好きかも?
19051221.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

残雪の巻機山

巻機山1967m 牛ヶ岳1962m 割引岳1931m 2019年5月11日(土) 単独

桜坂駐車場7:14ーニセ巻機9:44-避難小屋9:49-御機屋10:16-巻機山10:27
-牛ヶ岳10:45~11:18-巻機山11:34-御機屋11:41-割引岳11:58-御機屋12:16
-ニセ巻機12:33-桜坂駐車場13:52

この日は山仲間と倉手山に登って飯豊連峰を見る予定だったけど風邪をひいたと言うので
倉手山はまた今度に。
でもお天気がもったいないので雪たっぷりの巻機山に行ってみます。

桜坂駐車場に来てみれば車は6台くらい、そしてトイレはまだ鍵がかかっていて使えません。
暫くは夏道に乗ったり雪に乗ったりしながら5合目まで樹林帯の中を登ります。
1905111.jpg 1905112.jpg

五合目半ばからはほとんど雪の上です。
この夏道の横に素晴らしいぶな林が広がっているのですが登りはちゃんと登山道歩きましたが
下りでまたやっちゃいました(^^;
1905113.jpg 1905114.jpg

上部のブナ林をひたすら登ってフッと前を見たら大きな黒い物体が・・・熊ぁ~
良く見たらカモシカがじ~っとこちらを観察していました。米山の時のように微動だにしません。
私も動かないで見つめていましたが暫くしてブナ林も向こうに消えて行きました。
1905115.jpg 1905116.jpg

本当にブナ林の中を好きに歩けるのは気持ち良いですがこの時期の残雪はトレースが判りません。
気をつけて歩かないとコースを外れてしまいます。
1905117.jpg

ブナ林を抜けて振り返ると谷川連峰や苗場方面が美しい。
1905118.jpg

ニセ巻機が見えてきました。
6合目辺りでチェーンスパイクを付けたのですがせめて簡易アイゼンにした方が良かったかも。
急斜面は冒険できず夏道が出ていたら迷わずそちらに入ります。
1905119.jpg

所々雪も割れてきているので気をつけて。
19051124.jpg 19051111.jpg

ニセ巻機を過ぎてすぐ避難小屋ですがまだ雪に埋もれて入れる状態ではありません。
ここから御機屋までは木も無く広~いスキー場のようで、登れども登れども御機屋は近づいてこない。
ここが一番疲れた
19051112.jpg 19051113.jpg

そして上がったかなと思っても雪が深くて杭も見えない。

ここが御機屋・・・らしいです。
19051114.jpg

御機屋から右に進んで10分ほどでケルンがあるだけの寂しい巻機山山頂です。
地図もここが山頂になっているし御機屋にある「巻機山頂」の杭がこっちにあったらなぁ。
これはこれで趣もありますが遠くから100名山目指して登り御機屋で帰ったら悔いが残ります。
19051115.jpg

牛ヶ岳に到着し反対側の割引岳を見ます。
バテバテで疲れ果てたので草の上でゆっくり越後三山を見ながらお昼です。
19051116.jpg

美しい
19051117.jpg

下りはガンガン残雪の上を行きます。
巻機山頂ケルンもスルーして雪の上を進みます。
19051118.jpg 19051119.jpg

疲れたので割引岳はパスしようと下ってきましたがいつの間にか向かっていて割引山頂です。
本日牛ヶ岳と割引岳に登ったのは3グループ4人だけでした。
勢いで来ただけだったので休まないで戻ります。
19051120.jpg

御機屋からのだだっ広い急斜面、尻せードしたかったのにザラメのような雪が緩んで
10cmほど埋まってしまい歩くより何倍も時間がかかってしまったので諦めました

雪の上を靴で滑るのを「グリセード」って言うんですってね。
「靴スキー」だとばかり思っていました。
シリセードはグリセードに対して言うそうです・・・って知らないのは私だけ。

ブナ林に入ってからグリセード全開
かなり下ってGPS見たら登りとずれてる・・・阿寺山の失敗再びと思ったけど
左側に夏道があると思うしチョット左寄りに行けば5合目手前で合流できる・・・けど
そこまで雪があれば良いけど、と進んだら1mの藪こぎで夏道合流。
19051121.jpg

楽しい雪遊びも終わり涼しい風の吹く新緑の道を下り駐車場です。
この滝は駐車場に入る橋の上から

ここの駐車料金は¥500ですがトイレもまだだし管理人さんもいませんでした。
いつからトイレが使えるようになるかわかりませんがそれまでは事前にコンビニなどで。
19051122.jpg 19051123.jpg

本日の距離:13.6km  時間:6時間38分(内休憩44分)  歩数:27700歩
気を付けます
19051125.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

五頭山はブヨの季節になりました

菱ヶ岳・五頭山 973.5m・912.5m  2019年5月4日(土) 単独

菱ヶ岳登山口6:53-菱山頂8:51-三叉路10:25-五頭山頂10:33-前一ノ峰10:46~11:08
三ノ峰小屋11:20-五ノ峰11:29-どんぐりの森P12:36-菱登山口12:45

前回イベントから帰って何となくムカムカするな~と思いながら寝たら夜中じゅう吐いて寝られない
GWって何?状態のサービス業。30日はもちろん仕事ですが寝不足と吐き気でふらふら。
頭が働かなくて失敗ばかりで立っていられなくなり3時間で早退。

医者に電話してもどこも7日からですとテープが流れるばかり
家族同じものを食べても私だけだったので胃腸炎じゃないかと思い、何年か前にもらった
薬があったのでそれを飲んで水分摂ってひたすらひたすら寝ました。

お陰で次の日から何とか仕事をこなしましたが、毎日毎日良いお天気。
皆さん遠くの山に行っているんだろうなぁ~と羨ましく思ってもまだ力が出ないし遠くは不安。

そこそこ頑張れて体力に合わせてルートが選べる菱ヶ岳から五頭山コースで行ってみます。
逆コースだとエスケープルートが無いので(本当にダメだったら菱ヶ岳ピストンで)

満開のユキグニミツバツツジと爽やかな風が吹く気持ちの良いぶな林を抜けて行きます。
1905031.jpg 1905032.jpg

あれ?もう夏と言っても良いくらいなのに夏道にトラロープが張ってあります。
何か災害でもあったかな?と思いながら激急登の冬道をロープに掴まり登ります。
そして上の合流地点に来たらロープは張ってありません・・・通れたのかもね。
1905033.jpg 1905034.jpg

青空が広がっています、ゆっくり行きましょう。
1905035.jpg

ここまでの登山道、雪が溶けてドロドログチャグチャでしたが山頂近くなると雪に乗れました。
ふもとの緑が美しい~と振り返りながら進むと雪がほとんどない菱ヶ岳山頂です。
1905036.jpg 1905037.jpg

菅名岳の方を見ると粟ヶ岳と後ろに守門岳が見えます・・・その後ろに白く見えるのは越後三山?
1905038.jpg

五頭山の方を見ると蛇のように白く伸びる縦走路と真っ白い飯豊連峰です。
1905039.jpg

残雪ギリギリ間に合いました・・・間に合ってないかな(^^;)
横に夏道が出ていても雪の上を歩きます
枝がバシバシ出ている所は大回りしても残雪を楽しみます。
19050310.jpg

雪の上、雪の上~と歩いていたら危うく与平の頭から中ノ沢に行っちゃうところでした(^▽^;)

木のある所を歩いていると木が雪を跳ね上げて滑って転んだのが2回。
藪の穴に落ちたのが1回、結構楽しかったりします。
19050311.jpg 19050312.jpg

三叉路過ぎて残雪の上でご飯を食べている方が何人か・・・山頂はいっぱいなのかな?と行ってみれば
誰もいません・・・がブヨ様がたくさんいらっしゃいました~

私も残雪の所で食べようとしましたが山頂から引き連れてきたみたいでもっと戻ります。
19050313.jpg 19050314.jpg

前一ノ峰まで来たらたくさんの方がいて皆さんにブヨをおすそ分け
まとわりつきが少なくなったので菱ヶ岳を見ながらゆっくりします。
縦走路には歩いている方も見えます。

一ノ峰も休む所が無いくらい混みこみ。
19050315.jpg

いつもの三ノ峰小屋、誰も中に入らないで暖かい外で休んでいます。

菱から五頭の山塊で咲いているのははほとんどがイワウチワ。
他にはユキグニミツバツツジ、マンサク、チゴユリ、スミレくらいでした。
19050316.jpg 19050317.jpg

気分が良いので、と言うより三ノ峰コースは大渋滞なので五ノ峰を回ります
五ノ峰も大勢の方が休んでいますがこちらも続々とたくさんの方が登ってきます。

広い越後平野が雄大。
19050318.jpg

六合目・出湯と村杉との分岐点。
とにかく新芽の緑が美しい、見惚れます。

どんなに具合が悪くてもこの良い天気、出かけないともっと具合が悪くなるよね。
とにかく歩けて良かった、気分一新頑張ります。
が、ブヨの季節になると山でゆっくり出来ないですね
19050319.jpg

今が採れ時期のコシアブラ。歩きながらだったのでこれしか採れませんでしたが
はかまを取ってサッと茹で塩とゴマ油で和えコシアブラご飯にして美味しく頂きました。
19050320.jpg

本日の距離:12.3km 時間:5時間51分 歩数:25600歩

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

恒例イベ山菜と放山

放山 1189m  2019年4月28~29日(日・月) mixi山岳会23人・放山12+2人

28日
恒例春のイベント『アウトドアによる山菜パーティ―or翌日の登山パーティ―』

隊長所有の山でのイベントは好評で毎年参加者が増えてきているのですが
今回は申し込み時点でかなりの人数になることが判り(県外からの参加者も)
時間のある方は27日から準備していただき、私たち女子チームは買い出ししてから会場へ。

車はズラ~ッと並んでいましたがまだまだ駐車スペースあり。
懐かしい方たちとの再会を喜び合い、前日からの方たちはもう出来上がっていました。
持ってきた物ので軽くお腹を満たしてから、権現岳が眼前に見える素晴らしいロケーションの中
本日のメインイベント、山菜採りです。
1904291.jpg

こんなに大人数で十分な数採れないんじゃないかと心配しましたが採り切れないほどで
かなり残しつつ山菜採り終わり
ワラビにウド、山アスパラ(シオデ)など。タケノコはみんな猪にやられたそうです。
1904292.jpg 1904293.jpg

ウドやシオデ、コシアブラのテンプラやダッチオーブン(今回Jさんがいないのでみんなで頑張りました)
大勢の参加なのでかなりの肉を用意しましたが食べきれないくらいでした(もメインでしたから)
19042919.jpg 19042920.jpg
1904296.jpg

写っていない人もいますが日帰りの方も何人かいますので明るい内にみんなで記念写真
1904297.jpg

そしてまたまた本日誕生日の方がいましたので雲取の時のようにみんなで
   Happy Birthday to Rちゃん

そして夜が更けるまで炎を見ながらお話・・・炎って良いですね
車で寝る方、テントで寝る方半々ですが、オヤスミナサイ
1904298.jpg 1904299.jpg

29日
シャルマン火打スキー場クワッドリフト終点出発11:30-山頂12:30~13:30ーリフト14:35

お天気良いです~
朝食はキャンプのベテランSBさんの独壇場。ジャガイモのピザやスープなど美味しいものたくさん作ってくださいました。
そして昨日残った肉をドーンと朝から焼き肉、これが大好評美味しかった。
みんなで後片付けをしてから(何名か火の始末などで残ってくださいました)出発。

会場から1本道でシャルマンスキー場です・・・がここでトラブル・・・一人道に迷って集合しない。
待っていてくれる隊長を置いて出発します(*_ _)人ゴメンナサイ

クワッドリフトで上に行くとすでにハロが見えます。天気が崩れる証ですね~
19042910.jpg 19042911.jpg

お昼なので雪は緩んでグサグサですが下まで踏み抜くことはありません。
19042914.jpg 19042915.jpg

右には権現岳と鉾ヶ岳の雄姿を見ながら。
19042912.jpg

左には焼山と火打山を見ながら山頂~。
19042913.jpg

今回は女子隊が多いので賑やかにポーズ
遅れている二人を待ちながらゆっくりご飯を食べていましたが連絡して見ると
下で休んでいるから待っていなくても良いよと・・・みんなで山頂踏めなくて残念
19042916.jpg

ZKさんはスキーで登って颯爽と滑って行きましたし私たち何名かはヒップそり持参して来たので
豪快に滑って下ります、がザクザク雪なので滑りがイマイチ┐(-。ー;)┌

途中でお二人と合流して楽しく下山します。
19042917.jpg 19042918.jpg

皆さん最近は山菜メインでサブが山登り、になっちゃっていますがmixi山岳会ですよ~
でも山菜はこの時期だけだから大いに楽しまなきゃですね

テーマ : アウトドア
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR