キツネノカミソリの角田山

角田山  481.7m    2017年8月10日(木)  単独

浦浜登山口11:37-灯台分岐12:34-山頂12:47~13:17-浦浜登山口14:16

例年だったら8月の初め頃山に行った後はお盆商戦に突入して毎日忙しくて疲れ果て
家に帰ると立ち上がれないくらいで休みがあっても行く気も起きずに過ごして
15日過ぎるとやっと行く気になる・・・でももう秋の気配で悲しい例年。

今年も富士山に行った後忙しさに突入。
精神的にも肉体的にもクタクタで山に行く気力が起きないでいました。
今日もダラダラしていましたが山コミュで秋のイベントがある事を知り
遠くには行けないけどキツネノカミソリを見に角田山に行く気力が生まれました

キツネノカミソリと言えば浦浜コース。
2012年に見に来て感動したことを覚えています。
真夏の昼下がり、各登山口は閑散としていますが浦浜登山口は満車。
1708102.jpg 1708103.jpg
1708101.jpg

道の両側にもたくさん咲いていますし斜面などびっしり。
でも蕾もまだまだたくさんありましたのでこれからも大丈夫。
1708105.jpg 1708106.jpg
1708104.jpg

群生は途中まで。その後山頂まではヤブランなど見ながら登ります。
このコースは樹林帯を歩くので陽が当たらないし海風も吹いて真夏でも気持ち良い登山が出来ます。
山頂も大きな木が生い茂っているので木陰でお昼ご飯
1708107.jpg 1708108.jpg

角田山に夏はあまり登らないのですが、山頂広場草ぼうぼう~
汗がボタボタと滴り落ちましたが気持ち良かった~

明日からまた頑張ります・・・15日までファイトー
1708109.jpg

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

富士山イブ富士宮観光

富士宮市      2017年7月31日(月)  娘&さあこ

「人生に一度は登りたい富士山」に昨年一番メジャーな富士吉田から娘と登り
とても満足した富士山だったし二度は無いなと思っていたけど
「富士宮から登るけど行かない」と娘からのお誘い
御殿場や須走は登らなくても良いけど富士宮からは登りたかったのよね

予定としては8/1と8/2が富士登山、7/31はふもと観光。
7/30の夜自宅出発。
私は夜が苦手なので途中まで運転で後は娘に任せて
目が覚めたら増穂パーキング。ここで力尽きたそうで娘はぐっすり寝ています。
ここから今年の春開通したと言う六郷まで行き富士川沿いを静岡市まで。

娘の第一の目的は丸子にあるとろろ汁の『元祖 丁子屋』
1707311.jpg

娘は2012年に初めて富士山に登った時から毎年ここで登る前日にとろろ汁食べて
元気をつけてからが毎年の行事なのだそうです。

昨年は丸子1人前と小鉢をいくつか頼みましたが
今年は夏限定のメニューが本日までと言うこともあり頼んでみました。

とろろ汁はふわふわでご飯もおひつに入ってくるのですがどう見ても2人前。
定食は1人前頼んで小鉢をいくつか頼むと良いですよ。
とても美味しく頂きました、お店の造りも情緒あふれて素晴らしいです。
1707312.jpg 1707313.jpg

富士宮から登るんだったら富士宮の観光地、白糸の滝に行ってみます。
凄く暑い日でしたが滝が見える所に来ると空気がひやっとするのが判る
1707314.jpg

一番奥の滝つぼに行くとミスト感半端ない
細かい霧の中を歩いているようでした。とても素敵な所です。
1707315.jpg

その後近くにある『まかいの牧場』に。まかい=魔界かな?なんてワクワクドキドキで行ったけど
楽しそうな牧場でした。がこの炎天下回りたくないのでソフトクリームだけでごめんなさい。

もう1か所行きたかったのが富士宮市にある駿河国一宮・富士山本宮浅間大社。
山頂にある奥宮には昨年お参りしたけどここにも行かなくちゃと言うことで
1707316.jpg

御朱印を頂き湧玉池などのんびり散策。
1707317.jpg 1707318.jpg

この後大型スーパーに寄ったりしたら・・・セールまっただ中なので何でここまで来てここで買う
と言うようなものをついつい買って荷物にしちゃいました。

そして娘がいつも使っていると言うくれたけイン富士山に。
駐車代入れて2人で6830円。露天ぶろ付き。
1杯無料のウエルカムドリンクは色んなお酒がありましたが私はモチロン生ビール
前日は車で寝ただけだったのでお風呂に入って速攻おやすみなさい

明日は晴れますように
1707319.jpg

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

御殿場口から宝永山

富士山・宝永山  3776m・2693m  2017年8月2日(水)  娘&さあこ

万年雪山荘出発3:17-胸突山荘3:53-頂上富士館・浅間大社4:39-剣ヶ峰4:51~5:14
-吉田口5:55~7:03-御殿場口7:23-浅間大社7:26~7:52-御殿場口8:00-八合目見晴荘8:41
-赤岩八号館8:56-砂走館9:22-わらじ館9:30-大砂走分岐9:38-宝永山分岐9:56
-宝永山展望台10:09-六合目雲海荘11:01-五合目ゴール11:15

あれからぐっすり寝たのですが皆さん早いですね、2時過ぎから出発する人々。
夕方から夜中まで激しい雨は止みませんでしたが朝は雨の音が聞こえません。
でもとにかく寝不足なので2:30まで寝させてもらいそれから支度を始めます。

外に出たら富士宮の夜景でしょうか、とても綺麗な夜景を振り返りながら山頂を目指します。
1708021.jpg

胸突山荘です。
吉田ルートはもの凄い数のライトの行列だったのですがこちらのコースは行列になっていません。
だから自分のペースで登れるのであわただしさが無くて良いですね。
1708022.jpg 1708023.jpg

今回は剣ヶ峰で御来光を見ようと計画していたのですが娘のペースが遅くなったので
「御来光に間に合わないから先に剣ヶ峰に行って」と言われ剣ヶ峰で待つことにしていきます。

外輪に登りました。
浅間大社がありますがまだ開いていないので御朱印帳は回った後にします。
1708024.jpg 1708025.jpg

剣ヶ峰はもうすぐですが手前の馬の背が急なんですよね。
空が明るくなってきていますが剣ヶ峰で見るんだ!と頑張ります。
1708026.jpg

丁度陽が登る時間に着いたのですが厚い雲が邪魔して太陽が見えません。
タダでさえ剣ヶ峰からは外輪が邪魔して綺麗な御来光は見えないとは聞いていたのですが
やはり一度は日本一の高さから見たかったんですよね。
1708027.jpg 1708028.jpg

がっかりしてお鉢巡りを再開して暫く歩いて影富士が見える辺りに来たら
ブロッケン現象がキレイに見えました~
富士山の山頂で光の輪の中に立って、って最高です。
1708029.jpg

後ろを見たら太陽が輝いています。
剣ヶ峰のガスも取れてきてテンション上がります~
17080210.jpg 17080211.jpg

条件はばっちり
雲がちょっと残っての美しい影富士
17080212.jpg

山梨方面は雲海がとても綺麗です。
富士吉田口の久須志神社、こちらはたくさんの人やお店でにぎわっています。
17080213.jpg 17080214.jpg

ここで雲海を見ながら朝ご飯。
今回は山小屋で朝食をお願いしなかったのでガスバーナーで暖かい物を頂きます。
ラーメンと雑炊にしたのですが若干の改善余地ありあり~
美しすぎてのんびりしすぎちゃいました。
17080215.jpg

また富士宮口にある浅間大社まで行きお参りと御朱印帳をお願いします。
昨年は御殿場口に有った郵便局がこちらに来ていましたしこの鳥居も新しくなっていました。

トイレはここを過ぎた所にあります。¥300です。
17080216.jpg 17080217.jpg

ちょっと富士吉田側に戻って御殿場口から下山します。
こちらには大砂走りがあるので楽しみですが宝永山に曲がるので砂走りはほんのちょっと。
17080218.jpg 17080219.jpg

御殿場コース一番山頂に近い山小屋八合目見晴館は休業中と書いてありましたが
完全に崩壊していました。
このコースを登りで使うと八合目のこの小屋が使えないので御来光を見るのは余程じゃないと無理かも。
17080220.jpg 17080221.jpg

次の小屋赤岩八号館は泊まれそうだけど御殿場口から下りで1時間半・・・このコースで御来光は大変だ
砂走館とわらじ館です。
御殿場コースと大砂走コースとの分岐にあると思った日ノ出館は閉まっていました。
17080222.jpg 17080223.jpg 17080224.jpg

ここから大砂走コースに行きますが雨になってきました。
山頂から美しい雲海を見ましたがその美しい雲海の中は雨なんですよね~
砂走はかなり楽しいです・・・晴れていれば。
17080225.jpg 17080226.jpg

暫く砂を走ると宝永山への分岐がありますので右に向かいます。
雨が酷いですが宝永”山”と言うからには多少の登りがあるのかと思いきや
ほとんど平らな状態で一応宝永山展望台らしいですが何んんん~にも見えません。

ここからも私にとっては快適な下りだと思ったんですが娘にとってはかなりきつかったようです。
ビショビショの上六合目雲海荘手前がちょっとの登り返しがありそれがかなりこたえたようでした。

カメラのレンズも雨で濡れてしまって写真もここで終わり。
五合目からのシャトルバスに乗っても全身ずぶぬれなうえクーラーガンガン
車酔いと寒さで身体が動かず吐き気でヨロヨロになって水ヶ塚駐車場着。
とにかくで温まりたいと

この辺りは高原や牧場が多いのでソフトクリームなど食べながら交代で運転して帰ってきました。
でもほとんど運転してくれた娘に、感謝感謝ありがとう~
17080227.jpg 17080228.jpg

富士登山の距離 13.3km 平均速度が0.5km/h、昨年でも0.7km/hだったので驚き
17080229.jpg

今回は富士宮市にある駿河国一宮・富士山本宮浅間大社と山頂にある富士山本宮浅間大社奥宮で
頂いた御朱印です。

そして自宅からの往復走行距離1049.7km
17080230.jpg 17080231.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

富士宮から富士山

富士山 3776m    2017年8月1日(火)  娘&さあこ

水ヶ塚駐車場10:00-富士宮口5合目10:29~11:08-6合目雲海荘・宝永山荘11:27
-新7合目御来光山荘12:29-元祖7合目山口山荘13:39~13:51
-8合目池田屋14:47~15:10-万年雪山荘16:06-夕飯17:04-お休み17:40

朝は露天風呂に入り朝食バイキングをたっぷり頂き出発します。
チョットゆっくりしすぎたため急いで朝早くからやっているスーパーに寄っておやつや
次の日の朝食を調達して富士宮コースの登山口「水ヶ塚駐車場」に向かいます。

7月10日~9月10日はマイカー規制の為ここに駐車しバスで5合目に向かいます。
※駐車1台¥1000 シャトルバス往復¥1800
1708011.jpg 1708012.jpg

高地順応の為ここでもう少しゆっくりしたかったのですがバス1台乗り遅れてしまったので
40分くらいぶらぶらして出発します。
(色んな案内に表口と言う言葉が付いていますがこちらが富士山の表?)
1708013.jpg

吉田口に比べると道は狭いですが登山者も少ないので追い立てられることなくゆっくり登れます。
1708014.jpg 1708015.jpg

昨年も同じ時期だったので同じような花ばかりですが。
イタドリは山頂まで咲いていますしイワオウギも咲いていますが富士山は基本茶色
1708016.jpg 1708017.jpg

あっという間に6合目雲海荘と宝永山荘着。
今回下山に御殿場コース途中から宝永山を周って帰ってくるコースにしているので
明日もこの山荘からは同じコースを下山する予定です。
1708018.jpg 1708019.jpg

雨は降っていませんがガスで回りが見えない中富士山の風景と言えるイタドリ畑を見ながらゆっくり登ります。
17080110.jpg

新7合目御来光山荘と元祖7合目山口山荘です。
新と元祖の間が1時間?OO合目と言うのが良くわからない(^^;
17080112.jpg 17080113.jpg

イワツメクサとイタドリ
17080114.jpg 17080115.jpg

8合目にある富士山衛生センターの横には「これより奥宮境内地」と書かれた看板がありました。
8合目以上は富士山本宮浅間大社奥宮境内地であり、約120万坪あるそうです。
横には池田屋小屋がありちょっと休憩。
17080116.jpg 17080117.jpg

池田屋の屋根から上を見ると山頂が見えている気がします。
娘の山行きは昨年の富士山以来なのでかなりバテバテですが後もうひと踏ん張りですよ
17080118.jpg

ここでちょっと不気味な風景を2枚。
岩に等間隔で穴が開いていて中にいっぱい石が詰まっています。
もうひとつ、鳥居ではないけど(元は鳥居だったのかな?)木の裂け目にコインがみっしり
17080119.jpg 17080120.jpg

この辺りには何も動くものはいないと思ったら可愛い小鳥がいました
イワヒバリと言う鳥でこの辺りの山小屋の明かりに集まる蛾を一生懸命食べていました
17080121.jpg 17080122.jpg

ヤッター本日のゴール9合目、万年雪山荘です
明るいうちに着くことができました。
17080123.jpg

中に入って手続きをします。
今回は朝食なしで1泊¥6500(朝食ありだと¥7500)
梯子が苦手な私にとっては残念でしたが2階の5人用の部屋に4人で泊まります。

トイレは一番奥の扉から出て外に出ないで(ヘッデン無しで)行けるので嬉しい。
17080124.jpg

夕食はカレー
部屋に入ってちょっとしたらもの凄い雨入ってくる皆さんびしょ濡れ
・・・昨年は私たちもびしょぬれだったけど今年は小屋に入るまで雨が待っていてくれた。
神様ありがとう~~

布団はモンベルの封筒型シュラフです。
おやすみなさ~~~い。
17080125.jpg 17080126.jpg

と、今回も朝までぐっすり~・・・じゃなかったのです
暫くすると足が熱くて寝られない(これはいつもの事)
シュラフのファスナー全開で足を出したら大丈夫なはずなのに肩も暑くて汗をかいている。
肩冷え症の私が肩が暑いのはおかしい。

暑くて眠れなくて24時近くなって何となくムカムカして来たので思い切ってトイレに行って吐いたらすっきり。
暑いのも無くなり0時過ぎてやっとぐっすり~と言うか速攻で眠りました
高山病だったのか守門からの風邪を引きずって体調悪かったのか・・・おやすみなさい

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

バテバテの守門岳

守門岳  1537.3m    2017年7月26日(水)  単独

大原スキー場登山口8:27-山頂11:15~11:57-道迷い13:18~14:27-ゴール14:56-車15:10

避難準備勧告も出た翌日朝、あまりの良いお天気に遅くなって自宅出発。
大原スキー場からの守門は6年ぶりです。
駐車場は相変わらずの泥んこですが簡易トイレが設置されていました。

体調的には何も問題がないと思っていましたが車から降りてサンダルから靴に履き替える時から
汗が下にポタポタ・・・そんなに暑いか~
登って行くにつれ身体が鉛のように重くて思うように歩けない
1707261.jpg 1707262.jpg

途中に川を少しだけ歩く所があり顔を洗ったり休憩しながら進みますが
だんだん10歩歩いて立ち休み、また10歩歩いて立ち休み。
太陽もそんなに当たっていないし帽子もかぶって水分もちゃんと摂っているのに身体が進まない。

田代山の時「1分歩いて1分休む暴挙に・・・」と夫の事を言ったけどそれよりも悪い
2時間ちょっとで登れるはずなのに、また山頂が見える所に来ても足が進まない。
1707263.jpg 1707264.jpg

何の花が終わったのかな?ショウジョウバカマ? タケシマランの実とノギランです。
1707265.jpg 1707266.jpg 1707267.jpg

倒れこむようにやっとガスで真っ白な山頂です
写真を撮った後杭の後ろに回ったら半分裂けて落ちています。次回来る時この杭は無いかも

ここでの失敗
ラーメンを煮てさて食べようかとしたら右膝が『痛っ』なんだろうと見ようとしたら
左足首にラーメンこぼしてアチチチチ・・・右ひざのはラーメンがこぼれ、
熱いを通り越して痛いっ!だったのです。
保冷剤がまだ冷たかったのでずっと膝に当てて何とか痕も残らず(ー。ー)フゥ
1707268.jpg 1707269.jpg

下り時、体調悪くて注意力散漫になっていたのか3回も滑って転びました。
ロープで下りているとき足を踏み外してそのままザザーと下までなんともなくて良かった。

やっぱり注意力が欠けていたのでしょう、普段だったら絶対間違わないであろう分岐を
布引の滝の方向に曲がってしまいました。
早い段階で”あれ?こんな大きな倒木があったっけ?”と思った時にGPSを見ていれば良かったのに
自信を持って下っていたし途中にも大原登山口の案内もあり進んで行ったら完全に見たことが無い滝!
道もだんだん藪になってきている

あわててGPSを見たら見事に別の道(このままでも大原登山口に行けるけど藪が酷い)
分岐から240m下っているのでこの体調でまた240m登り返すのは死ぬほどきつい。
10歩ごとに休みやっとこの分岐に帰ってくることができました。
17072610.jpg

ここから順調に下り駐車場手前のスキー場ワラビ畑でゴールにして後はのんびりワラビ採り~
登山口の看板に「山菜採らないでね」と言う看板があったので草刈りをしていた地元の方に
「チョット採っちゃったのですがいいでしょうか」とお願いしたら
「もう山菜時期じゃないのでいくらでもどうぞ~」
と言って下さり有りがたく頂いてきました。今の時期だって太くてやわらかくて美味しいのにね。
17072611.jpg 17072612.jpg

本日の距離 道迷い含めて7.9km 時間は大幅にくって6時間30分 
平均速度は今までにない1.2km/hでした。
保久礼からも大原からも登山者いませんでした。
17072613.jpg

17072614.jpg
風邪をひいていたのか次の日からだるくて咳が出て声もかすれる状態が続きました。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR