憧れの小屋・杁差岳

杁差岳  えぶりさしだけ  1636m  関川村   2012年6月27日(水)  k&さあこ

胎内ヒュッテ4:41-足の松尾根登山口5:20-姫子の峰6:11-ヒドノ峰7:35-イチジ峰8:19
ー大石山9:27-鉾立峰10:37-杁差岳避難小屋11:14-杁差岳11:18-長者平11:38
-散歩して杁差岳に戻る11:57-避難小屋にてお昼を食べて鉾立峰13:03-大石山13:40
-足の松尾根登山口16:40-胎内ヒュッテ17:27

足の回復に合わせ1歩ずつ、焦らずに飯豊本山に近づきます。
頼母木平山に続きやっと杁差岳です。
胎内ヒュッテに車を置きます、ここからは一般車通行止め。
40分ほど歩いてやっと「足の松尾根登山口」
ここから約1時間の姫子の峰で小休止。
126271.jpg 126272.jpg 126273.jpg

ヒドノ峰、イチジ峰、大石山と続き、大石山で頼母木からの団体さんと出合い、ちょっと休んで進みます。
126274.jpg 126275.jpg 126276.jpg

二王子岳とミヤマダイコンソウ。
この後大石山をグンと下って、遠くからでも際立つ尖がりの鉾立峰を登ります・・・
苦しい、二度と来ない・・・と言いながらやっと鉾立山頂~と思ったらまた下り・゚・(ノД`;)・゚・
126277.jpg 126278.jpg

あぁ~青い空と緑の大地に憧れた避難小屋が近づいてきます。
ここにザックをデポしてカメラだけ持って山頂に走ります。
126279.jpg

登山口から6時間、やっとやっと杁差岳山頂。
1262710.jpg

山頂から道が続いていたので長者平まで散歩、池塘にはオタマジャクシがウジャウジャいます。
干上がるまでにカエルになってね。
1262711.jpg 1262712.jpg

次は飯豊本山だよーーーー!

元気を出したけど避難小屋を見下ろしながらまたあの鉾立峰を登るのかと思うと_| ̄|O
1262713.jpg 1262714.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

巻機山

巻機山(牛ヶ岳・割引岳)まきはたやま 1967m 南魚沼市 2012年6月24日 単独

桜坂駐車場6:00-ニセ巻機9合目8:29-避難小屋8:36-山頂9:00~9:24-牛ヶ岳9:45
-山頂へ戻る10:10-割引岳10:31-山頂へ戻る11:00-登山口14:11

駐車場は朝早くて4台くらいしか止まっていませんでしたが下山したら満車でした。
最初の分岐”ヌクビ沢天狗尾根コース””井戸尾根コース”と別れていて+
40年近く前にここかどうかわからないけど沢コース登って一人だと危ないなぁと思い
井戸尾根コースへ。
またちょっと行くと尾根コース↑と→がありここも右のコースを取りました。合流するのかな?

最初は赤土のどろどろグチャグチャを滑りながら登りますがここを登りきると
春ゼミがギャンギャンうるさいぶな林を左に見て爽快感が増します。

この登山道にはO合目じゃなくO合O勺という変わった標柱が立っていました。
126241.jpg 126242.jpg 126243.jpg

6合目から展望が開けてまたまた爽快感が増します。
9合目ニセ巻機、まだ避難小屋に着いていないから騙されません。
126244.jpg 126245.jpg

40年前は避難小屋の2階に泊まって朝山頂へ行きましたがこんな立派な避難小屋じゃなかった。
中もとてもきれいでした。
126246.jpg 126247.jpg

小屋から25分ほどで御機屋と呼ばれる山頂へ・・・
最高点は右牛ヶ岳方面に行ったところにケルンが積んだだけの所です。
126248.jpg

最初は右側牛ヶ岳へ、それから御機屋に戻って割引岳へ。
こちらには大きな雪渓が残っていて滑らないように気持ちよく歩きました。
ハクサンコザクラやフデリンドウが満開でしたが時期的に種類はちょっと少ない。
126249.jpg 1262410.jpg

駐車場を出るときちゃんと500円の駐車料金は払いました。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

粟が岳

粟が岳  あわがたけ  1292.7m  加茂市・三条市   2012年6月14日(木)   単独

私は三条市の出身なので粟が岳は三条市の山だと思っていたのですが新潟市に来てからは
加茂が近いのでもっぱら加茂から登っています。
又この山はヒメサユリの自生地なので6月頃登山道脇にヒメサユリをたくさん見ることが出来ます。

ここの登山口は粟ヶ岳県民休養地を過ぎ水源池第1ダムを渡って登ります。
水源地に映る粟が岳は美しいです。
126141.jpg 126142.jpg

途中にある3連梯子と長いロープ場。決行急登が続きます。
126143.jpg 126144.jpg

7合目にある粟が岳ヒュッテです。
あまりここでゆっくりしたことは無いのですがちょっと中を覗いてみました。
126145.jpg 126146.jpg

粟が岳のヒメサユリ、本当にたくさん咲いています。
126147.jpg 126148.jpg

山頂~。雪解けとともにブヨがたくさん発生するので虫よけ必須です。

山頂の鐘には 
     「あはがたけ
       のぼるやまびと
         みまもりて
     あさゆうひびく
       やまごやのかね」

ここからは天気が良いと守門岳がバンッと見えますし、遠くには飯豊連峰も見えます。
126149.jpg

下山したら温泉ではないけれど七谷コミュニティセンターにて100円お風呂。
手前に加茂美人の湯という温泉もありますのでこちらもどうぞ。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

土砂降り・袴腰山

袴腰山  はかまごしやま 526m 三条市   2012年6月10日  新潟7人と富山7人の合同山コミュ

袴腰山の手前にはヒメサユリで有名な高城城址までのハイキングコースがあり
袴腰はここから1時間くらいかかります。
せっかく富山から皆さん来てくださったし雨の中撮影会です。
126101.jpg 126102.jpg

取りあえず山頂に行ったけど雨、雨、雨・・・
バシャバシャと降る中でおにぎりは初めて・・・おかず入れはすぐ雨でタプタプ。

悲惨過ぎて写真も無いけど又行く機会がありましたら差し替えさせていただきますm(_ _)m
126103.jpg

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

頼母木山・初、ハクサンイチゲ

頼母木山  たもぎやま  1730m   関川村    2012年6月3日(日)  k&さあこ

梅花皮荘、西俣の峰登山口5:17-西俣の峰7:32-頼母木平11:20-山頂11:38
ー頼母木小屋11:38~12:00-ハクサンイチゲ畑12:13-頼母木小屋12:35~13:00-登山口16:48

梅花皮荘に車を止めて登山口歩きます。
先週ワイヤーの靴で足首を痛めて4日前に買った新しい靴(ためし履きは角田山)で不安。

ほとんどが雪渓登り。
道の案内テープも無く慣れているkさんが頼りです。
12631.jpg 12632.jpg

杁差岳と鉾立峰を右手側に見て雪の上を気持ちよく登ります。
12633.jpg

三匹穴と頼母木平・・・三匹穴ってなんでしょう? 
12635.jpg 12636.jpg

頼母木平山頂です。
ここでゆっくりするのかと思ったら20分ほど歩いて頼母木避難小屋へ
ここで終わりかと思ったらもうちょっと行った所にハクサンイチゲのお花畑があると言われ行ってみます。 
12637.jpg 12638.jpg

ヽ(*'0'*)ツ ワァオォ!! 初めてのハクサンイチゲです、美しい!飯豊の山々とのコラボは素晴らしい。
12639.jpg

はぁ~・・・ハクサンイチゲは飯豊に似合う(≧∇≦)
126310.jpg 126311.jpg 126312.jpg

下りは途中からずっと雨。
そのせいか(それでも駄目だけど)新しい登山靴のつま先部分が剥げてしまい返品しました。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

裏から回る・八石山

八石山  はちこくさん  518m  柏崎市     2012年5月16日(水)  単独

不動滝駐車場7:01-不動滝7:04-登山口7:12-八石城趾7:57-見晴らし台8:27-八石山頂8:52
-久之木分岐9:14-南条八石9:38~10:58-久之木分岐を経て久之木登山口12:15-不動滝駐車場12:42

八石山のコースは多種多様、初めて登るこの日はどこにしようか迷った末
欲張りな私は下、中、上八石全部回る不動滝からのコースを選びました。

広い駐車場には私の車だけ。
この橋を渡ってすぐの所に登山口はありますが取りあえず不動滝見学。
落差72mと言われる見事な分岐瀑です。
125161.jpg 125162.jpg

この時期のこのコース?この山?にはウラシマソウ(浦島太郎の釣り糸の様な物が伸びている)と
マムシグサ(茎がマムシの模様に似ている)が異様に多い。
何となく奇妙で気持ち悪いなと思って触れませんでした。
125163.jpg 125164.jpg

ここが木立に囲まれ荘厳な雰囲気の八石城趾。
もう少し早ければカタクリが一面に咲いているらしいです。
125165.jpg 125166.jpg

あとニリンソウもたくさん咲いていました・・・が2輪じゃなくて3輪出ていてもニリンソウ?

ここは山頂手前の展望台(上八石)なのですがこの案内図にはやられました。
左←が登山口。右→が山頂。下↓がステーキハウス登山口。
後ろ下に降りると山頂じゃないかな~?と思いながら右に行ったけどやっぱりなんか違う。
で後ろ下に降りて行ったら無事山頂でした。私の理解力不足かもですが・・・。
125167.jpg 125168.jpg

八石山山頂(中八石)・・・誰もいないです、サミシイです。
ここから45分ほどで南条八石(下八石)、一番賑やかな山頂です。
125169.jpg 1251610.jpg

『豆の木』『やまぼうし』と2棟の山小屋もありますしこの日もたくさんの方が休んでいました。
1251611.jpg

下りは途中に有った久之木分岐まで戻り久之木コースを下りますが途中、木で覆われた木道?とおもったら
下に大きな雪渓が隠れていて慎重に歩いて進むと雪渓の大きな崖。
低いように見えますがかなりの高さです、というのもこの頃はまだ足も本調子ではなく、
下りた所も雪渓なので飛び降りたらもちろん滑る!
ぐるぐると下りられそうなところを探してやっと下りられました。
1251612.jpg 1251613.jpg

久之木登山口到着、この現在地から善根神社を通って30分ほど歩いて駐車場到着。

反対側、JR北条駅側から登るとコースも色々で赤尾八石と言う山頂もあります。
1251614.jpg

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

高尾山

高尾山 たかおさん 599m 東京都  2012年5月10日(木) 職場のOS,、OK、KK&さあこ

2012年はお店が老朽化のため建て替えで解雇になり1年間無職でしたが今まで出来なかった
楽しい無職生活を職場仲間と満喫しました(^^;
まず土日にお出かけ・・・人がいっぱい!ハロワの後はランチ三昧。
ゴールデンウィーク&お盆&年末年始のお休みなんてここ20年は経験したことが無い。
そして毎月1回バスツアーに参加・・・と言っても1人3900円の格安ツアーですが。
新潟から高尾山や上高地、永平寺、平泉中尊寺等々車で行ってもそんな値段では行けないですよね。

そんな高尾山のツアーを見つけてこっそり応募したらみんなに見つかって4人で行くことに。
大勢いた方が楽しいから良かったけど稲荷山コースか6号路も行ってみたかったかも。
125101.jpg

高尾山駅に着きあまりの人の多さにびっくり~~!
コースマップをもらいどのコースにするかみんなで検討。
赤いコースで猿園まで行き水色の4号路で山頂まで、下りはピンクの3号路で。
後は又その時の状態で、と決めて出発。
125102.jpg

赤い線は舗装されていて歩きずらかったけど4号路は木立の中本当に山道で
つり橋もあったりで賑やかに歩きました。
125103.jpg 125104.jpg

山頂??山頂で良いのかな?横に小さく山頂と書いてあったのでここが山頂。
お店がびっしりで賑やかです。
お弁当を持って行ったのでここでお弁当タイム・・・約2名はビール付き(^^;
125105.jpg 125106.jpg

下りの3号路を歩いている途中雨が当たってきて一応100均の合羽を持っていたので装着しましたが
かなりの雨なのでびしょびしょ、で疲労困憊。
ケーブルのお世話になりやっと帰ってきました。
125107.jpg

登山・・・ですよね・・・・。

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

ありがとう・角田山

角田山   481.7m            2011年12月20日(火)   単独

灯台登山口10:23-山頂11:58~12:31-桜尾根コース―登山口13:21

長靴履いて来て良かった、膝上の雪でトレース無しです。
ツボ足ラッセル・・・疲れました。
1112201.jpg 1112202.jpg

山頂の小屋に初めて入ってみました。
懐かしいダルマストーブに火が入ってヤカンから湯気が出ていて暖かい~
1112203.jpg 1112204.jpg

1/5に靱帯を切って2月に入院手術。3/15退院後から長~~く苦しいリハビリ生活でした。
歩き方も忘れ膝も曲がらず山行きの許可もなかなか出なくて
でも山に行きたい一心で頑張りました。

7月には自転車のリハビリが始まったので弥彦までサイクリング・・・サドルに触れる部分が赤く腫れて
二度とサイクリングチャレンジはしないと誓った。

9月には新潟ふるさと村から村上方面まで歩こうと出発しましたが足が痛くなり新発田駅でギブアップ

今年一番は栂池自然園から見せてもらった白馬岳。頑張る力を貰いました。

★2011年登山リスト ◎は単独
1. 1/2   ◎角田山
  1/5 ※前十字靱帯裂断・入院・手術・以降リハビリ
2. 5/29  高城ヒメサユリ
3. 6/6   ◎大峰山399.5m
4. 6/8  菩提寺山248m
5. 6/11  天神山234m
6. 6/13  ◎護摩堂山274m
7. 6/18  坂戸山634m
8. 7/27   湯の平
9. 8/23  ◎高坪山
10. 8/25  ◎新保岳852.2m
11. 9/4  宝珠山598m
12. 9/12 ◎守門岳1538m大原スキー場より
13. 9/28  栂池自然園
14. 10/8   ◎護摩堂山
15. 10/12  ◎角田山ほたるの里コース
16. 10/14  ◎雨飾山1963m糸魚川より
17. 10/23   日本平山、ガンガにて撤退
18. 11/3   ◎五頭山一の峰910m
19. 11/9   両神山1723m
20. 11/17 ◎米山993m水野~
21. 11/18 ◎国上山
22. 11/26 ◎二王子岳1420.3m
23. 12/20 ◎角田山

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

鎖で緊張・両神山

両神山 りょうかみさん 1723.5m 埼玉県  2011年11月9日(水)  TK&TI&さあこ

登山口9:00-八丁峠9:51-西岳10:54-東岳11:47-山頂12:19~12:51-作業道を経て登山口14:50

平日だったので4時前に三条ICから高速に乗り、私の初高速道路運転、初ETCで
埼玉「花園]ICまで行き道の駅「はなぞの」でTKさんと待ち合わせ。

そこから八丁峠コースの登山口落合橋までTKさんに運転してもらいちょっとお休みなさい。
でもかなりのくねくね道で後部座席だったし酔ったみたいで登り始めはきつかった。
TIさんも寝不足で苦しかったみたいでした。

最初は落ち葉を踏んで気持ちの良い歩きでした。
111191.jpg 111192.jpg 111193.jpg

八丁峠を過ぎると一変、クサリ鎖の連続です。ひたすら鎖を登ります。
111194.jpg 111195.jpg 111196.jpg

西岳、東岳を過ぎてやっと山頂です。

山頂のこのロボ君みたいなのが掲げているように見えるのがアカヤシオ。
5月頃にはピンクの花が青空に映えるそうです。
111197.jpg 111198.jpg

下りはTKさんの案内で作業道から下ります。
111199.jpg 1111910.jpg

下まで来ると両神山の全容が見えます。
あそこを歩いてきたのかと感動しました。
TKさん、ありがとうございました。
1111911.jpg

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

雨飾山

雨飾山 あまかざりやま 1963.2m 糸魚川市・小谷村   2011年10月14日(金)  単独

雨飾山荘出発6:31-薬師尾根6:51-朝陽に当たる8:48-山頂9:12-雨飾山荘12:00

リハビリの先生の許可が出てから突っ走っています。
自宅発2:52-した道にてR8の分岐5:24-雨飾山荘着6:10
何度か行った蓮華温泉に行く時糸魚川で見ていた登山口への案内板。
左折すればすぐ雨飾山荘かなと思っていたけど遠かった。
この手前に駐車場があり山荘に向かって行き、これを見たときやっと着いたな~と感動。
1110141.jpg

雨飾山荘にて100円払ってトイレを借り山荘周りをちょっと散策。
前には「都忘れの湯」という露天風呂がありますがどう見てものぞき放題。
山荘はとても大きくて管理人の方が趣味なのか至る所に筆で案内を書いています。
1110142.jpg  1110143.jpg  1110144.jpg

都忘れの湯の右側から登り始めます。
いくら歩いても隣の尾根などには太陽が当たっていますがこちらには一切陽が当たりません。
笹平近くなってやっと太陽に当たることが出来ました。
反対側の小谷村からだったらずっと太陽に当たりながら登れるのかな?
山頂まで2時間40分の内2時間15分は暗いなかの登山でした。
1110145.jpg  1110146.jpg  1110147.jpg

山頂は満員御礼。
でも風が強くて落ち着いてご飯も食べられないのですぐ下りることにしました。
1110148.jpg

山頂からは雲ひとつない空の下に見える海谷山塊の山々。
すぐ下を見ると笹平の一本道。
ゆっくりしたかったなぁ~。
1110149.jpg  11101410.jpg

帰りにお気に入りの時計を落としてしまい山荘に遺失届・・・この広い雨飾山の登山道
まして登山者の少ないこちらからのコース、連絡はありませんでした。
温泉はこちらにしましたがこれが今までの中で一番のお気に入りの温泉になりました。
本当に気持ちがいい温泉。ずっと入っていたい。
温泉の注ぎ口には管理人さんからの言葉が書いてありましたので
お湯に浮かんでいるカマドウマと一緒に入りました。
11101411.jpg

※ 山の記録 2013.7.28 雨飾山小谷から

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR