尾瀬ヶ原キャンプ

尾瀬ヶ原    2018年7月14日(土)    mixi山岳会9人

mixi山岳会のイベント『ニッコウキスゲの尾瀬ヶ原と至仏山を登ろう』に参加してきました。

片品村の戸倉駐車場14日4時集合、ということは朝0時に起きて出発しても間に合いそうにない。
初めて前日の夕方出発しました。

夜中の0時に出発して朝に向かうのは大丈夫なのですが夜中に向かって運転するのはとても怖い。
塩沢の道の駅で仮眠して湯沢から沼田まで高速を使って朝1時頃到着しましたがまだ早いので
また少し寝て、無事9人全員で鳩待峠行のバスに乗る事が出来ました。

Miさんが鍋を背負って私がふたを背負って、山ノ鼻に向けて出発~
1807141.jpg 1807142.jpg

もうね、もう飛び上がりましたよ~
あんなに見たかったショウキランが木道横にいらっしゃいました
こんにちは~初めましてお会いできて光栄です
もうこれで嵐が来てつらいキャンプでもオールオッケィ~~
1807143.jpg

山ノ鼻キャンプ場に着いたのが7時頃なのでまだ9人固まってテントを張る事が出来ました。
今日は尾瀬ヶ原散策だけなのに何でこんなに早く集合なの?という疑問がここで解けました。
もうバタバタとテントが立ち始め散策から帰ってきたらテントびっしり

至仏山荘だけじゃなく尾瀬の各小屋にはツバメがたくさん飛び交っていました。
1807144.jpg 1807145.jpg

テントも張ったしすることも無いのでみんなで尾瀬ヶ原散策に行きます。
尾瀬ヶ原に足を踏み入れた途端に花、花花・・・~

トキソウ、サワラン、ミズチドリ、たくさん咲いています。
キンコウカとヒツジグサ=さすがに朝早くは咲いていませんでしたが未の刻より早く開きます。
コバギボウシ、コオニユリ、オオマルバノホロシ(ナス科なので茄子とそっくりな花。
1807146.jpg

途中の橋から見たらスギナモという水草がキレイに立ちあがっていました。
牛首分岐からヨッピ吊り橋に向かいます。
1807147.jpg 1807148.jpg

上の写真を見てもわかるようにはっきり言ってニッコウキスゲはあまり咲いていません。
時期が早いとか咲き終わって遅かったと言う感じはしませんので鹿の食害によって
花が少なくなってきていると言う話も聞きました。

吊り橋の手前辺りのこれが精いっぱいのニッコウキスゲ。
1807149.jpg

ヨッピ吊り橋で4名は東電小屋は何度も行ったからということで引き返しましたが
初めての人もいるし、で5名で進みます。
良く見たら飲めない人ばかりが散策続行、お酒好きは飲むために帰ったのかな(^^;なんて。

東電小屋では水分補給と歩荷体験で楽しみました。
18071410.jpg 18071411.jpg

懐かしい見晴キャンプ場に寄ると山ノ鼻よりもたくさんのテントが張ってありました。

ぐるっと回って帰りお約束の逆さ燧、風が少しあってキレイには写らなくて残念
18071412.jpg

快晴の尾瀬ヶ原散策から帰って一番に思うことは・・・ビール
持ってきたビールが生ぬるかったので至仏山荘で買ってしまいました450円
至仏山荘では500円でお風呂にも入れますが明日の楽しみにします。

今日の大鍋は豚汁。
とても美味しく出来たしウドンも入ってお腹いっぱい。
18071413.jpg 18071414.jpg

夕飯を食べてもまだ時間があったので尾瀬研究見本園を散策。
一日中歩いて足が痛いので裸足になっての木道散歩で気持ち良かった~。

夜にはガスが出てきたので一旦寝たのですが「星が出ているよ、起きて」という声で
至仏山方向に散歩。
久ぁ~しぶりに満点の星空を眺めました。
ホタルも飛んでいて幻想的~
私のコンデジではその美しさは収めきれませんでした

ウバユリ、マルバダケブキ、イブキトラノオ
18071415.jpg

この日の歩数は30919歩、ジオグラフィカ作動忘れてがっかり_| ̄|O
18071416.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR