荒山~鍋割山で赤城山制覇

荒山・鍋割山  1572m・1332m  2023年10月29日(日)  有志

姫百合駐車場7:17-展望の広場8:15-荒山山頂8:49-かざし岩9:03-南尾根の東屋9:11
-荒山高原9:44-火起山10:11-竈山10:15-鍋割山山頂10:31~11:02-荒山高原11:34
-荒山風穴11:45-登山口12:08

先週に引き続き赤城山ですが、赤城山とは、黒檜山・駒ヶ岳・鍋割山・荒山・地蔵岳・鈴ヶ岳・長七郎山の
七座を総称して言い今回でやっと赤城山制覇です。

出るときは雨模様だったのにトンネル抜けると青空・・・もうそんな時期なのね。
先週の新坂平駐車場の少し手前の姫百合駐車場から出発し道路を渡った所が登山口です。
2310291.jpg 2310292.jpg

ここは火山の山なのでどの山もこんな感じで大岩ゴロゴロです。
少し行くと落ち葉ふかふか。
2310293.jpg 2310294.jpg

展望広場から見る鍋割山方向・・・鍋割山なのか火起山なのかわからないけどきれいな山容。
2310295.jpg

ほとんどの葉は落ちてしまっていますがまだちょっと楽しめます。
1時間半くらいで荒山山頂。樹林帯の中の山頂で眺望も無いので縦走します。
2310296.jpg 2310297.jpg

鍋割山まで縦走路気持ちが良いです。
途中分岐の南尾根に東屋がありましたが互が乗っていました、ビックリ。
2310298.jpg 2310299.jpg

南尾根を右に進むと広い荒山高原に出ました。
お腹が減ったのでオヤツタイム、皆さんから干し柿やみかんなど頂き一気にお腹いっぱい
真ん中に赤い実がいっぱい付いた木があったのですがズミかなぁ?
23102910.jpg 23102911.jpg

進んで後ろを見ると荒山とその後ろに電波塔がたくさんある地蔵岳が見えます。
23102912.jpg

そしてここの縦走路がかなりの区間こんな感じでつまずくものが無い気持ち良い道です。
23102913.jpg

途中に「火起山・ひおこしやま」と「竈山・かまどやま」・・・今日は鍋割入れて4座ゲット
23102914.jpg 23102915.jpg

そして鍋割山山頂です。ここでお昼ごはんで大休憩。
とにかくたくさんの方でにぎわっています、ちっちゃい子供たちやワンちゃんや団体さんなど
次から次へと山頂へ。広いからたくさんの方が休めていこいの山です。

赤城山で山頂が気持ち良いのは地蔵岳と鍋割山かな。
23102916.jpg 23102917.jpg

下山は荒山高原まで行き左に曲がって駐車場を目指します。
風穴があったり(風無かったような気が)きれいな林を進んで満車の駐車場です。

帰りにすぐの所に野菜の産直があって野菜が高いこの頃なのでついついたくさん買ってしまいました。
23102918.jpg 23102919.jpg

本日の距離:9.2km  時間:4時間51分  歩数:18500歩
今回も明るい内に帰って家族にビックリされました、楽しい山行きをありがとう~~
23102920.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

会いたい花に会える角田山最高

角田山  481.7m  2023年10月27日(金)  単独

角田浜駐車場9:46-佐渡見平10:10-山頂11:31~12:07-渡渉12:50-駐車場13:34

昨日の26日は良いお天気で秋晴れの一日でした。
それを職場から眺めて「明日は天気悪くても山に行こう」と決意したけど朝からどんより。
こんな日は弥彦か角田ですね~、ここは灯台に上がった所から見た角田山、まだ降っていません。
2310271.jpg

前回フライングと言ったのはこの花たちが見たかったのです。
シロダモの花は今が一番です、キヅタはまだ早くて日が当たるところに少しだけ咲いていました。
2310272.jpg 2310273.jpg

いろんな山に行っても花は本当に少ないのですが角田は見慣れた花ばかりですがずっと咲いています。
ノコンギク、オヤマボクチ、マユミの実。タマバシロヨメナ、キバナカタバミ、ヒキオコシ。
2310274.jpg

これも前回のフライング、ミツバベンケイソウ。
岩場に咲く花で今まで中間の岩場にしか咲いていないと思っていたら佐渡見平の手前の
岩場にもたくさん咲いていました。まだツボミもたくさんありました。
2310275.jpg 2310276.jpg

今年はきれいな紅葉はあまり期待できないのかも、葉は落ちているのに緑が多い。
2310277.jpg

このルートで渾身の紅葉。
この手前で雷が鳴り雨も降ってきて雨具を着ての登りです。
2310278.jpg 2310279.jpg

山頂誰もいないし小屋に行ったらストーブに火が入っている。
そんなに寒い日でもなかったけど小屋に入ると暖かい。
お一人小屋の中の整理をされていていろんなお話を聞かせてもらいました。

ウサギ、タヌキ、ハクビシン、イノシシなどにも会うそうです。ウサギとタヌキには会って見たい。
貴重なお話色々ありがとうございました。
外に出たら雨が激しくなっていたのでまた雨具を着て下山します。
23102710.jpg 23102711.jpg

モコモコなサラシナショウマ、久しぶりのベニバナゲンノショウコは終わり頃、頑張ったヒガンバナ。
キバナアキギリ、ホクリクトウヒレン・・・だと思いますが、やさしい色のトリカブト。
23102712.jpg

これも前回フライングのアケボノシュスラン、五頭では9月の中頃ですが角田は遅いのです。
でも今年は暑かったせいなのか花芽があまりついていない(終った感じじゃなかったけど)
葉もみんな斑入りのような感じになって花を探すのが大変でした。
来年は元気な姿が見たいですね。
23102713.jpg 23102714.jpg
23102715.jpg

そこから海岸まではセンニンソウの綿毛?アキノキリンソウ、花ワラビ、ヤマハッカ、ツチグリ。
終わり頃でしたが今年もネナシカズラがはびこったのね、ラーメン状態が見たかった。
23102716.jpg

海岸線歩いて車に戻るのですが何年か前から海の家じゃなくておしゃれなラーメン屋さんが出来て
いつも車がたくさん停まっているしとてもにぎわっているみたいです。
いつも海側を歩くので入口側は見たことが無いのですが、一人では入る勇気は無いです。

本日の距離:6.3km  時間:3時間50分  歩数:12000歩
雨だったけど行って良かった、癒されました~
23102717.jpg


テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

鈴ヶ岳周回で8座ゲット

鈴ヶ岳  1564.7m   2023年10月24日(火)  さあこ他

駐車場7:19-登山口7:26-姥子山7:36-鍬柄山8:02-大ダオ8:21-鈴ヶ岳山頂8:45~8:54
-分岐9:40-出張峠10:30-出張山10:40-薬師岳11:03~11:26-陣笠山11:39-足柄山11:45
-下山分岐11:48-車道11:55-見晴山12:32-駐車場12:52

今年の春から鈴ヶ岳に行きたいと言っていた友人、群馬の山はアレが怖いので乾燥した秋に行ってきました。
鈴ヶ岳の駐車場は広かったです。
時計回りで周回するので左に向かって行きこの写真の道路渡って左に登山口があります。
2310241.jpg 2310242.jpg

道路は乾燥して落ち葉カサカサで気持ちが良いです。
ちょっと登ると大沼と赤城山最高峰”黒檜山”が良く見えます。
この辺りはまだ軽い登りで気持ち良いので「黒檜山まで行こうよ」と元気いっぱい。
2310243.jpg

大失敗、姥子山(うばこやま、1487m)を通ったはずなのに確認しなかった。
次の鍬柄山(くわがらやま、1562m)はしっかり確認したけど標識は無かった。
地元の方によると前はあったらしいです。

ここを過ぎると大岩の道をグングン下ります。
2310244.jpg 2310245.jpg

下に着いたらとても気持ちの良い場所”大ダウ”というところです(ダウって何かな?)
ここだとみんなで休憩に丁度いいね。
2310246.jpg

ここから鈴ヶ岳への急登が続きます。
ロープあり、大岩ゴロゴロの間を縫って登って行きます。
2310247.jpg 2310248.jpg

やったー鈴ヶ岳山頂(すずがたけ、1564.7m)です。
ちゃんとした山頂杭もありましたがこっちの方がかっこいいから
朝早かったし朝ごはんもちょっと食べただけだったのでここで食べようとしたけど
貰ったリンゴが大きくて美味しくお腹いっぱいになってしまいました。
2310249.jpg

大ダウまで下りて来て左に行きます・・・グングングングンどこまで下るの~
大沼に着いちゃうよ~と思うくらい下ります。
30分くらい下った所にこんな案内杭があって、こんなに下ったのに鈴ヶ岳まで1.5km・・・納得いかない
なんてみんなで言って横にある道に気が付かず進んでしまった。

この辺りで300°くらい曲がるのはわかっていたのでもっと先で迷ってしまったのですが
GPSをよく見たら戻った所から曲がっていると気が付きさっきの杭があった所から道がありました。
23102410.jpg 23102411.jpg

沢に沿って歩いている内に階段が始まりました。
どこまでも階段を登っていきます。
23102412.jpg 23102413.jpg

長かった~出張峠です。
ここから右に行くと大沼に下りる道ですが縦走の予定なので左に行きます。

10分ほどで出張山(でばりやま、1475m)、ここでお二人休んでいました。
23102414.jpg 23102415.jpg

見晴山以外で見晴らしの良い山はこの山だけだった気がします。
最初とちょっと向きが変わって黒檜山と大沼です。
23102416.jpg

今までに比べるとそこからは楽々薬師岳(やくしだけ、1528m)
見晴良くないし広くもないけどここでお昼にします。
そこから10分ちょっとで陣笠山(じんがさやま、1488m)ゴールが近いのでここはスルー。
23102417.jpg 23102418.jpg

稜線最後の山、足柄山(あしがらやま、1475m)~・・・何この標識・・・最後がっかりしながら
ちょっと戻って分岐から大沼に下山します。
23102419.jpg 23102420.jpg

大沼に下りて沼沿いに進みます。歩いてきた山が見えます。
23102421.jpg

黒檜山と駒ヶ岳
23102422.jpg

しばらく舗装道路歩いていたので身体のモードはもう下山なのですが最後の山が残っていました。

ススキの結構な急登を登りますが足が重い~。
見晴山(みはらしやま、1458m)ここで最後のオヤツタイム。
23102423.jpg 23102424.jpg

ここから車の邪魔にならないよう道路に沿って道がありますのでそちらを歩きます。
この時期のこの山で見たお花、スミレ、アザミ、リンドウと山を彩る紅葉
皆様楽しい山行ありがとうございました、またよろしくお願いします。
23102425.jpg 23102426.jpg

本日の距離:10.8km  時間:5時間33分  歩数:2300歩
山から帰ったら飲むが楽しみなのですが明日は職場の健康診断。
泣く泣く諦めました。

群馬トレイルの時も思ったけど群馬の山のアップダウンは半端ない、黒檜山はまた今度。
23102428.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

丹沢山・名前が好き

丹沢山  1567.1m    2023年10月18日(水)  山岳会

尊仏山荘5:54-丹沢山山頂7:11~7:27-尊仏山荘8:41~9:00-堀山の家10:15-駐車場12:15

4時に起きて外を見たら大都会の夜景とてもきれい(私のデジカメ失敗したので貰いました)

今まで山小屋泊りだけじゃなくふもとの宿で泊まる場合もすべて朝ご飯を食べないで出発でしたが
今回は初めて朝ご飯を食堂で食べてから出発です。
朝ご飯もおでんと決まっているそうです。練り物が苦手なので大根、たまご、昆布とふりかけで
2310181.jpg 2310182.jpg

5:30頃はまだ薄暗いですが晴れて富士山くっきり、今日の富士山は楽しみです。
尊仏山荘の前に花のようなものがあり何だっけ~?と思いながら行ったけどどう考えてもミツマタのツボミ。
丹沢山から帰って枝が三つ又になっているか確認しようとしたけどわ・す・れ・てしまった~
なんという失態!で色々調べてやはり尊仏山荘の前にミツマタが咲くそうなのでこれはミツマタで
2310183.jpg 2310184.jpg

尊仏山荘からはこれでもか、これでもか、これでもぉ~と言うくらい下ります
最鞍部に着いてから登りになりますが帰りの登り返しをついつい考えてしまいます。
2310185.jpg

途中から見える富士山。まだ太陽が登り切っていないので空がはっきりしません。
2310186.jpg

1時間ちょっとで丹沢山山頂。
丹沢って響き、とても好きなんですよね。あと早池峰という響きも好きなんだけど今年中止で残念。
2310187.jpg

塔ノ岳山頂にもあったけど変わった形の山頂標識(山という漢字を意味しているの?)
横の方に口紅を塗ったお地蔵様が。
2310188.jpg 2310189.jpg

山頂にも山小屋(みやま山荘)がありましたが山頂広場は広いのですが木が高くて眺望はイマイチ。
のんびり休むんだったら塔ノ岳が良いなぁ。
山頂の木道は霜で白くなっていました。
23101810.jpg 23101811.jpg

帰りに見ると塔ノ岳山頂には尊仏山荘がはっきり見えます。
23101812.jpg

下山時に富士山を見ると青空の中にくっきり・・・でも雲が出て隠れたり出たり。
23101813.jpg

登り返しに入ってから振り返ると緑がきれい。
上の方に見える方々は朝早くから鹿よけの柵などの保全整備をしてくださっている方たちです。
23101814.jpg

塔ノ岳に戻ってきました。
朝要らない荷物など置いて行ったものを仕舞ったり最後の支度をします。

出発しようと横を見たら、このトゲトゲは・・・金山でよく見るフジアザミ、久しぶり~。
23101815.jpg 23101816.jpg

最後に丹沢山にお別れ。
奥に見えるのが蛭ヶ岳・・・の右に見えるちょっと低い山が丹沢山。
登る時ずっと蛭ヶ岳が丹沢山だと思っていたのでお昼までに下山できるのかなと思っていました。
23101817.jpg

登る時あまり記憶に残らなかった堀山の家前で休憩したのですが表の看板に
一泊二食¥6000、素泊まり¥4000と安い!どんなご飯なんでしょう。でもちょうど中間で微妙な位置。

本日の距離:12.7km 時間:6時間21分  歩数:28000歩
下山の後温泉に寄ってそこでお昼ご飯食べる予定が席が2席しか空いていない。
17人で食べるのは無理なのでいつものようにSAでお昼を食べて帰りました。
23101818.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

長年の夢・塔ノ岳

塔ノ岳 1491m     2023年10月17日(火)  山岳会

大倉ヤマカフェ駐車場10:47-見晴茶屋12:00-花立山荘14:25-塔ノ岳(尊仏山荘)15:10

塔ノ岳はヤマレコを登録したころから見ていると人気の山ランキングにいつも入っている。
まして新潟ではあまり山に行けない冬場などはトップにあることもありどんな山なんだろう?
とずっと思っていましたが遠いですよね(冬場にバスツアー申し込んだこともあったけど中止でした)

山岳会の会報にこの山行が載った時は本当にうれしかった。
三ツ石山以来なのでお久しぶりの皆さんとバスで登山口へ(この時点で途中のSAにて昼食済)
圏央道、東名とめちゃ混みの上グルグルのJCT・・・私には運転できないわ
2310171.jpg 2310172.jpg

上着を着て出発したけどすぐ暑くて脱ぎました、爽やかで気持ちが良い登りです。
が・・・後ろでキャーという悲鳴があちこちから、ヒルで有名ですからね。
2310173.jpg

途中にあったこの実はクコ?杏仁豆腐などに入っている赤い実?その実かな~。
見晴茶屋など小屋はたくさんあるのですが営業は土日だけだそうです。
2310174.jpg 2310175.jpg

この山の特徴はほとんどが階段 階段が終わった所が山頂だそうです。
2310176.jpg

この山で一番目に付くのはこんなにべったりと開いたオヤマリンドウ。
ここまで開いているのはあまり見たことが無いけど新潟でも咲いているオヤマリンドウですよね。
そして登山道ずっと咲いていたリュウノウギクです。
2310177.jpg 2310178.jpg

花立山荘も今日は休みのようです。
階段が終わった~と思ったら見たかった尊仏山荘が見えました。

土日だと3000人ほど登る塔ノ岳らしいのでどんなに混むんだろうと思ったら皆さん日帰りらしく
また丹沢山に行かないでここで帰る方も多いそうです。
新潟からだとここに来るまで時間がかかりすぎるのでこの小屋に泊まれてよかった。
2310179.jpg 23101710.jpg

取り敢えず記念撮影、後ろにばっちり富士山が見えるはずですが雲がかかって
23101711.jpg

山頂標識やいろいろな像、たくさんのベンチがありました。
23101712.jpg 23101713.jpg

17:20頃撮ったちょっと赤い富士山。私はもう寒いのでストーブのある部屋に戻ったけど
友人はもっともっと赤い富士山の写真を見せてくれました・・・我慢が足りない!

ここの夕食はカレーと決まっているみたいです。
私は少食であまり食べられないのですがカレー、サラダなどきれいに食べられました。
私もびっくりしたけどとても美味しかったです・・・皆さんお替りしていましたが。

消灯は20時なのですが19時前には眠ってしまいました、おやすみなさい。
本日の距離:6.7km  時間:4時間27分  歩数:15400歩
23101714.jpg 23101715.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

猫又山・大猫山周回

猫又山  2378m  2023年10月14日(土)  YAMAPPER4

馬場島駐車場4:18-ブナクラ峠7:44-猫又山10:19~11:16-大猫山13:16-大猫平14:40
-登山口16:58-駐車場17:35

当初、本谷山に行く予定だったのですが前々日に何故か猫又山に行けることになり
本谷山は丹後山の隣なので行こうと思えばいつでも行けるということで猫又山決定

朝?1:30栄ICというえげつない時間に集合の連絡が・・・え~っと栄まで1時間くらいかかるから
起床は0:00で0:30に家を出る予定で19時就寝。
用意はしていたけどバタバタしてギリギリ到着、お待たせしてすみませんでした。

いつか行って見たかった馬場島駐車場、この時間はまだ真っ暗で何も見えません。
ヘッデン点けて暗い中林道進みます、ゲートギリギリまで車が入っていました。
2310141.jpg 2310142.jpg

暗いので登山口見落としたりしながら無事登山道に入りましたが案内が無いのね。
ここでは新潟であまりお目にかかれない色のアキギリがたくさん咲いていました。
たまごボーロではありません、可愛いキノコです。
2310143.jpg 2310144.jpg

勢いよく流れる沢の横を進みます、水はとてもきれいです。
登山道は川のようでしたが飛んだり跳ねたり朝から大忙し。
2310145.jpg

目の前にで~んとかっこいい山、赤谷山(あかたんやま)です。
後でわかりますがブナクラ峠を右に行くと赤谷山だそうです、何人かそちらに行きました。
2310146.jpg

そして最後このようなガレキを登るとブナクラ峠でした。
2310147.jpg 2310148.jpg

ブナクラ峠から右を見ると赤谷山の急先鋒、私たちの行く左を見ると・・・あの笹に途切れたところは
右に行っているの?左に行っているのとどっちにしても急登だなと歩き始めます。(左の岩の間を登りました)
23101430.jpg

しばらく登って行くと山頂が見えてきましたがなかなか近づいて来ない。
23101410.jpg

山頂に向かって緑の所はみんなこんな笹薮、下に向かって生えているので進めません
笹の生えていないところは良いのですがここは獣道?下山も苦しめられました。

山頂近くなると笹が無い~と喜んだけど踏み跡無いので好きなところを歩きます。
23101411.jpg 23101412.jpg

途中の岩で剱岳に向かってヤッホー、劔はかっこいいですね
年賀状用にと撮ってもらいました。
23101413.jpg

上まで上がって右にちょっと行ったところが山頂でした。
猫の手でニャァオ~と記念写真。
23101414.jpg 23101415.jpg

劔バックも良かったけど猫耳の先端で撮ったのもいい感じ。
富山湾が見えてとても気持ちが良い所でした。
23101416.jpg

かなりたくさんの方に追い抜かれたのに山頂にはお一人だけ・・・皆さん釜谷山(かまたんやま)に
行ったそうです。帰りを考えると行く気力が無い、皆さん凄いですね。

途中でお会いした富山の方の話では富山百山と言うのがあって(新潟100名山みたいなもの)
それを目指している方が多いのだとか・・・
新潟だと広い所に100山散らばっているので1座1座登りやすいけど富山はぎゅっと濃縮されている所に
100座あるので大変そう。調べたら日帰りできなさそうな山ばかり。
毛勝三山も途中に山小屋があるわけではないので強行日帰り、みんな強いなぁ。
23101417.jpg

白馬岳方面
23101418.jpg

唐松、五竜、鹿島槍と続きます。
23101419.jpg

ご飯を食べ山頂を十分すぎるほど堪能して下山です。
空にちょびっと飛び出ている白い岩が猫又山山頂です。
23101420.jpg

本当はピストンする予定だったのですがまだ大丈夫そうと大猫山周回します。
23101421.jpg 23101422.jpg

紅葉が本当に美しかったのですが滑るような急登やヤブヤブの笹薮。
ピンクテープを見落としたりなかなか進めません。
なだらかなように見えますが「あの上から落ちてきたんだね」という言葉がぴったりの道でした。
23101423.jpg

劔方面はガスがかかっていたのですが頭が出た時がちょうどナナカマドの前
23101424.jpg

劔があんなに上になってしまいました。夕陽が当たってアーベントロートというにはチョット無理だけど
かなり夕方になってきましたが登山口はまだまだです。
23101425.jpg 23101426.jpg

ナメコではありませんがとてもきれいなキノコだったので。
こちらの登山口にはこんなにかわいい案内板がありました、けど大猫山には何もなかったなぁ。
23101427.jpg 23101428.jpg

本日の距離:16.1km  時間:13時間17分  歩数:30000歩
時間がかかったのは劔に感動して進めなかったのと笹薮に阻まれて進めなかったからでした。
でも最高の紅葉、最高の風景、最高の年賀用写真ありがとうございました。

朝も暗かった、下山しても暗かったので目的の馬場島駐車場の全景を撮れなかったのが心残り。
23101429.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

雨に追いかけられた会津朝日岳

会津朝日岳 1624m  2023年10月11日(水)

登山口6:54-三吉ミチギ7:51-叶の高手9:01-避難小屋9:32-山頂10:18
-お昼10:26~10:45-叶の高手11:48-登山口13:14

会津駒ケ岳は2回登ったけど会津朝日岳は聞いたことがあるけどどこ?な感じで
なかなか行こうと思えなかったのですが”面白い山みたいよ”と聞き行って見ることに。
でもこの日しか行けない・・・テンクラでは朝方悪いけどだんだん良くなるとの予報だったのですが・・・。

自宅出るときは満天の星空 ウキウキで車を走らせ登山口に着いてみれば雨~
こんな天気なのに車が1台あります。ちょっと元気になって私たちも出発。
途中で雨具装備でしたが私の装備は長靴と傘でいきます。
2310111.jpg 2310112.jpg

途中こんな渡渉が何か所もあるのですが長靴正解でした、結構きつい。
2310113.jpg

1時間ほどで「三吉ミチギ」という水場があります。ミチギって・・・目印という意味らしいです。
夏場だったらとても嬉しいですが雨降る今日は見るだけ。

50分くらい進むと目の前に”えっ?仏像?”と思ったのは枯れ木でした。なんか拝みたい。
2310114.jpg 2310115.jpg

突然寒くなっての山ですので花はあまり咲いていません。
オニシオガマとヤマハッカかな?
キノコはたくさん出ていました。あとはダイモンジソウやアキノキリンソウくらいでしょうか。
ずっと雨であまりキョロキョロできなかったので探せなかっただけかも。
2310116.jpg

叶の高手(かのうのたかて)に着きました(最初なんて読むのかわからず叶うの何とかと言っていました。
ここから帰りの登り返しが心配になるくらいガッと下るのですが途中にあった朝日岳のオオクロベ。
2310117.jpg 2310118.jpg

避難小屋があったので雨が激しかったら休めるか扉を開けてみましたが・・そっと閉じました。
2310119.jpg 23011110.jpg

最後の核心部の岩場に着きました。
雨で濡れているしロープがあってもビショビショ。
晴れていれば楽しい岩場なのにガスで全貌見えないしルートもウロウロ。
ここで先行者が見えました。
23101126.jpg

何とか上がって山頂かなと思った所よりちょっと進んだところが山頂でした。
細かい雨が降る中取り敢えず写真。
23101112.jpg 23101113.jpg

山頂の向こうを見ると紅葉がきれい天気良かったらな~
23101114.jpg

ちょっと戻って最初山頂かなと思った所でお昼ごはん。
ここで雨がやんでくれたのは嬉しい、紅葉見ながらゆっくりしました。
23101115.jpg 23101116.jpg

下山時もそんなにいい天気ではなかったのですがそれでも降っていないので
岩の様子を撮りながら下ります。
23101117.jpg

23101118.jpg

緊張しながら15分くらいかかって岩場終りホッとしました。
23101119.jpg

下山始めて1時間くらいしたところで振り返った会津朝日岳はガスが消え始めている?
オオクロベがいくつかありましたがこの山で青空が見えた一瞬。
23101120.jpg 23101121.jpg

紅葉が美しい向こうに見えている松は「人見の松」です。
あれからも雨が降ったり止んだり、晴れるんじゃなかったの~とブツブツ言いながら
駐車場に着きました。

今日の収穫、アケビと酸っぱいヤマブドウと猫にお土産のマタタビ。
雨だったけど楽しい山でした、ありがとう~
23101122.jpg 23101123.jpg

帰りに田子倉湖上がってから撮った会津朝日岳。
途中にあった叶の高手って途中の峠じゃなくて山名だったんだとビックリ。
23101124.jpg

本日の距離:11km  時間:6時間20分  歩数:25000歩
23101125.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

天気不安定なので西山三山

西山三山  菩提寺・高立・護摩堂  2023年10月6日(金) 単独

駐車場8:14-菩提寺山登山口8:38-菩提寺山9:00-高立山9:43~9:53-大平山10:05
-護摩堂登山口10:47-護摩堂城趾11:10-護摩堂三角点11:19-分岐11:43-12:45

昨日から天気は大荒れ、台風並みの風だそうで今日も雨こそ降っていないけど風強いです。
こんな日は海岸線の弥彦角田では吹き飛ばされてしまうので全編樹林帯の中を行く
西山三山にアキギリ確認したりしながらトレーニングです。

大沢公園手前の駐車場に車を止めて菩提寺山登山口に向かいます。
山に囲まれているので風はほとんどありません。
アキギリを見るときはここから出発しますが登山口までもムカゴ採りに頑張ります。
2310061.jpg 2310062.jpg

昨年はちょうど1ヶ月前だったんですね、アキギリはもう終わり頃でしたが可愛い
2310063.jpg

途中ショートカットしたので山頂はすぐ。
高立山に回りますがミズキの、実がついていたところがたくさん落ちていましたが
海の珊瑚みたいなこれは「山の珊瑚」かな(^^;
2310064.jpg 2310065.jpg

高立山山頂ですが珍しく誰もいませんが稜線歩きになると風が半端なく強いです。
風にあおられながらコーヒータイム
2310066.jpg 2310067.jpg

いつものように大平山。
こんなにかわいいキノコの株がいくつも・・・もっと大きくなったらどんな株になるのか見たかったわ。
2310068.jpg 2310069.jpg

林道に出て登り返してあじさい茶屋、アジサイ園が小さくなったので足が遠のいたかな。
護摩堂城趾でお昼にしようかと思ったけど風が強くて寒くて休めなかった。
23100610.jpg 23100611.jpg

弥彦角田を見ながら三角点に行こうかちょっと戻って北尾根から大沢公園に下りようか
考えていたけどトレーニングですものいつものように三角点回りましょう。
23100612.jpg

この時期はキノコですね、と言っても何故か食べられそうもないキノコばかりですが。
何を乗せても倒れそうもない大きなキノコや美しい造形美なものなどたくさん出ていました。
23100613.jpg 23100614.jpg

この山域はドングリが凄く落ちているのです、どんぐりで滑るくらい。
昨日テレビ『で胎内市の樽ヶ橋遊園が、飼育しているクマやサルたちのエサ集めのために
「どんぐりポスト」を設置している』と放送されているのを見てこれ拾って届けたいなぁなんて思いながら
いましたが遠いんですよね

地味だけど大きくて目立つクルマバハグマ。
23100615.jpg 23100616.jpg

ゴルフ場のグリーンを見ると気持ちが良いです。
流石にこの風ではだれもコースにはいませんでした。
23100617.jpg

ウスゲノタマブキも期待していたのですが咲いていないのに葉がドロドロなものばかり。
メナモミはたくさん増えていました。

ここまで下りてくると風はありませんが上空は風が強いらしく木の先端は大きく揺れていました。
いろんなものを見て感じて丁度いい時間のトレーニング西山三山でした。

本日の距離:10.4km  時間:4時間31分  歩数:20500歩
23100618.jpg 23100619.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

毎年フライング角田山

角田山  481.7m     2023年10月2日(月)  単独

角田浜駐車場9:15-佐渡見平9:34-山頂11:08-観音堂11:16~11:39
-山頂11:48-渡渉12:36-駐車場13:16

最近あまりカラッとした天気が無く昨日も朝から雨・・・今朝はとてもいい天気なのに午後から用があり
悔しくてしょうがないけど15:30に間に合う山は・・・弥彦か角田かなと思い
今年は何でも早かったのでもうあの花は咲いたかなと見に行ってみました。

角田浜爽やかで~~す
2310021.jpg

花はまだまだたくさん咲いています。
センニンソウの終わった綿毛を見たかったけどまだ花が元気でした。
にらはたくさん咲いていました。キツネノカミソリの実は中の種が顔を出すと面白いのに。
山萩と初めて見たハマゼリです・・・今までもあった??ヒキオコシは咲き初め。
2310022.jpg

今年は暑かったのでこんな木が結構あるのですが何とか元気になってほしいです。
2310023.jpg

咲いたのを見たかったキヅタとミツバベンケイソウ、早かったですね。
昨年もフライングしたけど1週間後には咲いていたのですが・・・今年はもうちょっとかな?
2310024.jpg 2310025.jpg

ムカゴはまだ早いだろうなと思って見ていなかったのですが6合目辺りかな?フッと見たら大きな実!
早~~い!でも両手位取れました。
柴栗もたくさん落ちていました。昔はこうやって靴で剥いて採っていたな~と懐かしく思いながら
三望平コースチョット入った誰も来ない所で登山も忘れてたくさんいただきました。
2310026.jpg 2310027.jpg

今日は気分が良いので観音堂でお昼にします。
本当~にちょっと冷たい風が吹いて爽やか~。
2310028.jpg

帰りもいつものコースを行きます。
ジャコウソウがとにかくたくさん咲いていました。10年前明星山で初めて見た時は必死で調べた思い出が。
こんなにアブラチャンが咲いていた?と言うくらい実がたくさんなっていました。
ノダケは咲き初め、タムラソウ、ツリフネソウ、そしてキバナアキギリを見た時
西山三山に赤や紫のアキギリが咲いているかなと気になってしまいました。
2310029.jpg

9月中頃に五頭山で咲いているのを見たアケボノシュスラン。
角田はまだほとんどがツボミもできていない状態。ツボミはまだ何株か見えるだけ。

最近よく見るモンキアゲハ、蜜を吸う時もずっとばバタバタ動いたままで
じっと止まってくれないんですよ。やっと撮れました。
23100210.jpg 23100211.jpg

これを見にきました、ヒガンバナ。
キツネノカミソリと同じく全草有毒です、が食べようとは思わないですよね(^^;
23100212.jpg 23100213.jpg

ホコリタケかな?突いてホコリ出したくなりますよね。
毒草のヨウシュヤマゴボウ、いつも黒い実だけ見ていましたが花がわりと可愛かったので

昨年は10/6に行って早すぎて10/13にまた行ってOKだったのですが今年の秋は遅いのかな?
やっぱり地元の花の状態で季節を感じたいので弥彦角田は大事にしたい。

本日の距離:7km  時間:4時間01分  歩数:14000歩
23100214.jpg 23100215.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
09 | 2023/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR