とんがりの水沢山・二ツ岳

水沢山・二ツ岳 1194m・1340m  2023年11月25日(土) 有志

水沢観音駐車場8:07-登山口8:17-見晴台石仏9:29-水沢山山頂9:53ー車道10:33
-雄岳雌岳分岐11:38-雌岳山頂11:47-分岐11:55-雄岳山頂12:11~12:36-登山口管理棟13:52

かなり前に行く計画を立てたのですがかなり遠いうえに平日に二人だと交通費が・・・。
ということであきらめていたのですが長岡の方が行くのにご一緒させていただくことが出来ました。

朝新潟は寒くて冷たい雨、中止の連絡ないなぁと思いながら合流して長岡に向かいますが
雨が雪に変わってきました・・・ますます不安。
長岡IC石動Pにて合流(石動Pはまともにたどり着いたことが無いのでお願いしました)
長岡からも雪がひどくなり路面真っ白。でもさすが群馬に入ると雪も止んで青空が期待できます。

水沢観音の大駐車場に停めて駐車場端からスタートします。紅葉美しいです。
2311251.jpg

紅葉を楽しみながら少し歩くと登山口になります。ここからは紅葉が終わっていますが
暖かい秋の日差しを浴びて気持ち良く登ります(朝の不安が嘘のよう)
2311252.jpg 2311253.jpg

木でできた階段、石で作った階段ととても整備されていました。
1時間半くらいで石仏様が。干支の石仏なので自分の干支、午の石仏様を探します(-m-)” パンパン
2311254.jpg 2311255.jpg

石仏様の所は見晴になっていて正面に見える赤城山の先端は雲がかかって
チョット見えませんが広い裾野です。
伊香保カントリーでしょうかグリーンだともっときれいでしょうね。
2311256.jpg

水沢山山頂です。
遠くに富士山が見え、写真では無理でしたがスカイツリーや都心のビル群が見えました。
2311258.jpg 2311257.jpg

まだ10時・・・先の計画時には二ツ岳周回の予定でしたがここから見る雄岳と雌岳は凄いとんがり。
若いお嬢さんもいたのでどうするか話し合って大丈夫ということで二ツ岳に向かいます。
2311259.jpg

水沢山もかなりとんがっているのでこれでもかと下ります。
時間的に陽が当たらないので群馬の特徴的な長い霜柱。
新潟ではお目にかかれない長さなのでテンションアップ。
所々にムラサキシキブの紫のかたまりがたくさんありました、大粒~!
23112510.jpg 23112511.jpg

いったん車道を渡ってから進みますがこちらはなだらかでハイキング気分で歩きます。
雄岳雌岳のとりつきまでですが(^^;
23112512.jpg 23112513.jpg

七合目避難小屋辺りに分岐があり、左に行くと雄岳右に行くと雌岳です。
10分くらいで登れる山ですがお二人は直接雄岳に向かい4人で雌岳に向かいます。

結構急でしたがお二人を待たしてはいけないと頑張り10分で雌岳山頂(1306m)
23112514.jpg 23112515.jpg

雌岳山頂から見た水沢山、尖がって美しい三角形です
美しいけどあそこをピストンで登り返すのは嫌だな~といろんなことを考えながらすぐ下山。
23112516.jpg

先ほどの分岐の所に戻って反対側雄岳に登ります。待ちくたびれているかなと頑張ります。
こちらはちょっと時間がかかって山頂で合流~!お腹減ったのでお昼ごはん。
23112517.jpg 23112518.jpg

山頂からは榛名湖と昨年一周したまわりの山々が良く見えます。
手前にあるのが榛名富士です。烏帽子、鬢櫛が見えないで次は掃部ヶ岳~氷室天目と続く。
もう一回回ってみたいな、誰か行きませんか。

ここからYAMAPなどでは森林公園管理等に下りて車道歩いて帰るとの記録を見ていたので
水沢山登り返すのは嫌だと雄岳雌岳の分岐から左、モミジの広場を目指します。
無事管理棟まで下りたのですがよく見ると駐車場までここから11kmある

歩くしかないと歩きだしたのですがリーダーが執念のヒッチハイクで水沢観音駐車場まで
乗せてもらい管理棟まで迎えに来てもらいました、ありがとうございます
23112519.jpg

帰りに展望台があったので雄大な子持山や小野子三山。
今年十二ヶ岳に行きそびれたのでもう一度山行計画が無いかな?

この後折角伊香保に来たのだからと日帰り温泉黄金の湯に(露天の湯は車が長蛇の列)
23112520.jpg

お得三点セット、山に温泉に観光~と最後は水沢観音様にお参り。
冷たくて寒くて不安な朝から青空で目いっぱい楽しめた一日、ありがとうございました
23112521.jpg

本日の距離:6.7km  時間:5時間30分  歩数:17000歩
やっぱりこれからは関越トンネル超えなきゃですね、湯沢は雪でした。
23112522.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

今年初雪山・博士山

博士山はかせやま  1482m  2023年11月23日(木)  有志

駐車場8:02-道毎泣き尾根登山口8:03-しゃくなげ洞門9:09-分岐9:30-博士山山頂10:16~10:35
-社峰10:47-分岐11:06-近洞寺山11:18-近洞寺山登山口12:06-駐車場12:19

福島県の博士山の名前は何年も前の時点で把握していたけど一人で行くのはなぁ・・・
と延び延びになっていましたが”行く”という人が現れたので早速行ってきました。

事前に調べた時点で道路工事中で通行止めなので迂回路を通るようにと書いてあったので
ここの50m手前に博士山登山口迂回路とあったので左折してどんどんどんどん・・・行ったのですが
地図を見たらどんどん登山口から離れている!分岐を見落としたかと戻ったけど藪しかない。

戻って登山道分岐の所で地図を見ていたら地元の方が来たので聞いたら
「今日は休みだから通れるんじゃない?行って見たら」と言ってくれたので
左側1台分ゲートが開いているし、と通らせていただきました。
2311231.jpg

勤労感謝の日お休みだったらしく通らせていただき無事駐車場に(平日は迂回路で)
駐車場杭の所に何台か停められますがこの奥に広大な駐車場があります。
登山口は駐車場から出て左側1分くらいの所にあります。
2311232.jpg 2311233.jpg

最初からステップの無い落ち葉ふかふかの急登が続きしばらくするとロープや梯子が出てきました。
2311234.jpg 2311235.jpg

ずっとロープが続きます。
途中岩の上に大きな木が立っている「しゃくなげ洞門」がありましたが中に入ってはいけないそうです。
2311236.jpg

かなり前から登山道は雪です。
ロープの坂を上がりきると分岐があります。帰りは右側に行きます。
2311237.jpg 2311238.jpg

そこから山頂方向を見るとあれが博士山かなぁと思って進みましたが
尖がっていたのは社峰(やしろみね)で山頂はその後ろでした。
2311239.jpg

この山全体の巨木のクロベがたくさんあり圧倒されます(菅名岳の巨木のブナのよう)
23112310.jpg

左を見ると白くなった飯豊連峰がずっと見えて美しいです。
右側にも冠雪した山が見えていたのですが木が生い茂って良く見えませんでした。
23112311.jpg

雪はだんだん深くなってきますが何やら上の方から吠えるような変な声が
1台車があったので先行者かなと思いながら”おーい”とか”ヤッホー”とか叫びながら進んだら
上から地元の方が下りてきてホッとしました(熊じゃなくて良かった)

どんどん雪が深くなってきてやっと山頂です。
眺望良いかなと思っていたのですが木が大きくなっていて良く見えなくて残念だけど
ここでお昼ごはん。風もなく暖かいです。

積雪は15cmくらいかな?長靴だったので跳ね上げた雪が入らないように注意しながら下山します。
23112312.jpg 23112313.jpg

途中に社峰のピークがあり標識があると聞いていたのですが何もありませんでした。
途中にあった分岐をまっすぐ進み近洞寺跡(近洞寺山)です。
キノコはほとんどないのですがホコリタケはたくさんあり大きいです。
23112314.jpg 23112315.jpg

枯れた茶色ばかりの風景からシダが生い茂る風景になると登山口は近いのかな。
10分もしないうちに近洞寺山登山口です。
ここから10分ちょっと車道を歩いて駐車場です、車が1台増えていました。
23112316.jpg 23112317.jpg

本日の距離:6.8km 時間:4時間17分  歩数:13000歩
二王子と同じくらいの山ですがもう雪ですね。
今年はあっちこっちと行ったけど雪道苦手なのでこれからは近場の山で我慢我慢。
23112318.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

楽しい奥久慈男体山

奥久慈男体山  653.9m  2023年11月18日(土)  山岳会

滝倉登山口8:32-東屋10:30~11:01-山頂11:05-11:49-大円地越12:32-大円地駐車場13:45

11月17日(金)
今回の会山行は17日が奥久慈男体山、18日が月居山(つきおれさん)の予定でしたが
17日は一日中雨予報なので月居山は404mと低い山だし下山は袋田の滝見学なので
雨でも大丈夫と考え日にちを入れ替えて17日に雨の月居山です。

私は傘をさしての登山です。皆さん月居山では物足りないので50分ほどかけて
第一展望台の鍋転山まで行って雨の中お昼ごはんでした。
雨の中で見る墨絵のような風景もまた風情がありました。
2311181.jpg 2311182.jpg

帰りは袋田の滝に寄りますが水量は凄いので瀑布でしたが茶色の滝でした
早目に宿に行き雨でビショビショなので暖かい温泉でゆっくりします。
2311183.jpg

11月18日(土)
当初の予定では18日の月居山から早めに下りてお昼は道の駅で食べる予定だったので
行動食しか持っていない(ほかの方はキチンとたくさん持ってきていました)

一応パン1個ありましたが昨日のお昼の小さいタッパを持っていたので朝ご飯の時
このお膳にあるご飯と鮭ときんぴらと梅干と海苔を詰めて準備万端。
いつもは4時くらいの出発なのに今日はゆっくり8時出発です。
2311184.jpg 2311185.jpg

滝倉トンネル手前の「健脚コース」登山口から出発です。
最初から結構急な登りですが朝日が当たってきて俄然元気が出ます。
2311186.jpg 2311187.jpg

ここから軽い岩場、鎖と続きます。
途中の展望台で風景を見て一休み。
2311188.jpg 2311189.jpg

そこから見る男体山は結構な岩山でかっこいいです。
23111810.jpg

ここから皆さん大変だったので写真を撮る暇がありませんでした。
山頂すぐ下の東屋で上がって来た人と皆でハイタッチで迎えます、お疲れさまでした。
岩場でちょっとバラけてしまったのでみんなが揃うまでここで休憩。
23111811.jpg 23111812.jpg

東屋からみんな揃って5分もかからず山頂です。
弥彦山くらいの標高だったけど岩あり鎖ありロープありの楽しい山でした。
機会があったらもう一度登りたい。

ここで朝詰めたお弁当にしますがご飯にきんぴらが美味しい
お替りしなかったのでご飯は少なかったけどとても美味しく頂きました、ごちそうさまでした。
23111813.jpg

山頂の横に祠があるのでみんなで山座同定、日光の男体山は山頂白いくなっていました。
23111814.jpg 23111815.jpg
23111816.jpg

下山は一般コースで下ります。
きつい岩場は無いので紅葉を楽しみながら(ウリハダカエデともみじがきれい)

大円地越に着きました。計画ではここから櫛ヶ峯~小草越~フジイ越と回る予定だったけど
時間が押してしまったのでここから直接大円地駐車場に向かいます。
23111817.jpg 23111818.jpg

こちらは林の間から見える岩が凄いです。
そして登山道が滑る滑る注意して注意しての下山でした。
23111825.jpg

これは何の実かな?調べてもわからなかったので引き続き調べます。※コクサギの実かな。
この白いのは山茶花かなと思ったらこの辺りはお茶が有名らしくチャの花のようです。
たくさん咲いていましたがお茶の花ってこの時期なの?
23111820.jpg 23111821.jpg

車道に下りて見上げた男体山、山頂のアンテナが良く見えます。 
23111822.jpg

こちらは山頂から右にぐっと目をやると見えてきた尖がり。
もしかしていく予定だった山でしょうか
23111823.jpg

本日の距離:4km 時間5時間19分 歩数:12600歩
男体山から月居山縦走する人もいますが車回収が難点。

今年も皆様お世話になりました、これが今年最後の参加でした。また来年よろしくお願いします。
23111824.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

子持山、獅子岩で(*^-゚)v

子持山・浅間山  1296m・1088m  2023年11月12日(日)  有志

5号橋駐車場8:17-7号橋8:28-登山口8:31-屏風岩8:34-獅子岩(大黒岩)上9:29~9:33
-子持山山頂10:23~10:44-浅間山分岐10:59-浅間山11:42-5号橋分岐11:56-登山口12:27

今年の1/14十二ヶ岳に行く予定がアクシデントのため近くの子持山に登ったけど
十二ヶ岳の位置的に裏の天文台からの登頂でした。
高速から見える子持山の特徴は横に飛び出ている獅子岩!
やっぱりこちらから登りたいとずっと思っていたのですがやっと行けました。

登山口は5号橋、6号橋、7号橋とあるのですが周回すると出てくる場所は5号橋の所なので
登山口までちょっと歩きますがここに停めます。
10分くらい歩くと7号橋駐車場に着きました、こちらにもたくさんの車が止まっていました。
2311121.jpg 2311122.jpg

事前のチェックではトイレは子持神社で、とありましたが橋の所に簡易トイレが設置してありました。
そこからまた少し歩くと登山口。
2311123.jpg 2311124.jpg

またすぐに大きな1枚岩の屏風岩、圧倒される大きさです。
2311125.jpg

色々写真を撮ったりして進むと登山道が左右に分かれています。
私たちの前にいた方たちは左に行き私たちは「一般ルート」と書かれた右に行きます。
初山はやっぱり一番メジャーなルートですよね。
2311126.jpg 2311127.jpg

こちらの特徴的な山肌はシカの食害か下草がありません。新潟ではあまり見ないので美しいです。
案内板の所で前に歩いている方に追いついたら←キケンの方向に。
後でそのルートのヤマレコを見たら超危険・・・普通のルートで大満足。
2311128.jpg 2311129.jpg

獅子岩が近くなってくると急登になり両手両足使って登ります。
子持山の前に獅子岩に寄ります。
23111210.jpg 23111211.jpg

この岩の下にザックをデポしてアタックです、しっかりした梯子ですがゆらゆらします。
その梯子を登ると鉄の鎖、岩に小さくステップが彫ってあるのでそれを頼りに。
23111212.jpg 23111213.jpg

ヤッホー獅子岩先端です。
天気があまりよくなくて暗い画像で残念!遠くの山々もガスで良く見えません。
23111214.jpg

これも見たかったんですよね。万里の長城のような岩脈がはっきりと見えます。
※岩脈とは地層の割れ目にマグマが貫入して板状に固まったもの。
こんなにしっかりと板状に突き出ているのはなかなか見られないですものね。
これ以外にもあちこちに見えました(屏風岩も岩脈だそうです)
23111215.jpg

獅子岩から下りて子持山に向かいますが切り立った岩を下ります(ロープ鎖なし)
23111216.jpg

振り向くと獅子岩がかっこいい・・・獅子岩というよりゴリラ岩?人がたくさん登っています。
私たちもあのてっぺんに立ったんだと感動。
23111217.jpg

途中快適な歩きの所もありますがやはり最後はロープで頑張り懐かしい山頂です
ガスで眺望が良くないのでご飯にします。偶然小千谷の方が登ってきてお話ししながら。
23111218.jpg 23111219.jpg

1月には何もなかった十二山神の碑の文字の所に何かぶら下がっている?とよく見たら
落ちないように隙間きっちりはめ込まれたお金でした。前回なかったということは回収があるのか?

下山を始めますが山頂広い・・・というより山頂長いですね。
23111220.jpg 23111221.jpg

柳木ヶ峰から浅間山(せんげんさん)に向かいます。
あさまじゃなくてせんげんと読むのは富士山に関係しているのかな?
しばらくは笹原を行きます。
23111222.jpg 23111223.jpg

ずっと獅子岩が見えているのですが開けたところが無くて残念です。
でも今は葉が落ちて見えますが夏場は葉が生い茂って獅子岩は見えないんでしょうね。
23111224.jpg

可愛い祠が道の真ん中にありました(-m-)” パンパン
そこから20分ほどで浅間山山頂、見晴らしも無いので進みます。
23111225.jpg 23111226.jpg

5号橋と書かれたところから分岐します。
落ち葉が半端なくて土部分がどうなっているのか怖くてそろそろ。
キレイな杉林が見えたらもうすぐ。
23111227.jpg 23111228.jpg

5号橋登山口です、大型バスも止まっていました。
お疲れさまでした。念願のルートを行けて本当に良かった、楽しかったです。
危ない所もあるので気を付けてくださいね。
23111229.jpg

本日の距離:6.6km  時間:4時間10分  
歩数は家からの歩数が7号橋に着いても9歩だったのでスマホ壊れたかな?13169歩だったけど×ね
23111230.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

大蔵~菅名で冬イチゴ

大蔵山・菅名岳 864.3m・909.2m  2023年11月9日(木) 単独

駐車場7:36-橋7:45-大蔵山頂9:22ー三五郎山9:40-菅名岳山頂10:08~10:26
-椿平11:00-巾沢への分岐11:17-林道に上がる11:29-駐車場11:57

一昨年12月半ばに登った時ずっと見たかった冬イチゴを発見したのですがちょっと遅くて
実がみんな落ちたか食べられたかでピンクのガクしか残っていなかった。
昨年もうちょっと早い時期に見に行こうと思っていたのですが都合がつかず。

前回より1ヶ月以上早いけどお天気は今日までというので行ってきました。
雪がまだなので残念というかまだアレが出るんじゃないかと不安でしたが
明るい時間が良いと思うので遅めに行って見れば車が5台くらい。
10分くらい林道歩きますが見慣れたはずのアザミが鮮やかでかわいい。
2311091.jpg 2311092.jpg

無くなったかなぁと心配していましたが可愛くて実もたっぷりの冬イチゴ、ありました
これだけじゃ無くてたくさん実を付けていました、可愛いから見るだけにしましょうね。
2311093.jpg

紅葉を見ながら進みますがもうちょっとかなぁ赤が足りないね。
2311094.jpg

木のうろにいらっしゃるお地蔵様も元気でしたがちゃんとした祠に移してあげたいね。
段々木くずに埋もれて行っているし。
2311095.jpg 2311096.jpg

青空の山頂です、この鐘を鳴らしたかったのにひもが固定されていてなかなか鳴らせませんでした。

山頂からちょっと進んだ所にある避難小屋・・・入口の扉が開いている。
開けた人が近くにいる感じも無かったので必死に閉めようとしましたが、開いたとき入口の木に
がっちり挟まってピクリとも動かない。開いたままで心残りだったけど閉めるのは無理でした。
次に来た方が誰か閉めてくれればいいけど・・・ゴメンナサイ。
2311097.jpg 2311098.jpg

ここからの縦走路はそんなにアップダウンも無く本当に気持ちが良い。
2311099.jpg

途中に三角点があるな~と思って上を見たらここが”三五郎山”
大蔵山864.3m、菅名岳909.2m・三五郎山911m。
この山塊で一番高いのに名前の載っていない地図も多いこの扱い。
山は標高じゃないと言いますが三五郎山影が薄すぎる。
23110910.jpg 23110911.jpg

もうすぐ菅名岳です。うらうらと気持ちが良いです。
23110912.jpg

こちらも青空の菅名岳・・・誰もいません、寂しいですがお昼にします。

雪が降ったと聞いた飯豊連峰は溶けたのか雪が全く見えませんでした。
鳴沢峰は雪の時期だよなぁと思いながら下山の準備始めたらお一人来ましたが下ります。
23110913.jpg

7合目にあった鐘は無くなっていて残念。
紅葉がイマイチだなと思いながらの下山でしたので椿平で沢に下りないで
もうちょっとブナ林を楽しみながら下の分岐から下ります。
23110914.jpg 23110915.jpg

ここから下に下りると巾沢沿いに下ります。水がとてもきれいなのですが時々靴を見ながら(^^;
23110916.jpg 23110917.jpg

沢は注意して歩きますが林道に上がるとずんずん下ります。
林道沿いには背の高いアザミがたくさん咲いています。何アザミかな?アザミも難しい。
駐車場はちょうどお昼、夫がもみじ谷に行きたいと言っていたけど間に合うかもと急いで帰ります。

本日の距離:10.9km  時間:4時間21分  歩数:21000歩
23110918.jpg 23110919.jpg

家に帰って弥彦に行くか聞いたら行くということなので疲れているけど頑張ってお付き合いします。
テレビでは一生懸命弥彦モミジ谷の紅葉は見頃と言っていましたがほとんどが緑っぽい。
もう少しでしたね、
でも日光のお猿さんの芸を見たりピエロさんを見たりこんにゃくを食べたり楽しんできました。
23110920.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

整備登山予定だった権現岳~鉾ヶ岳

権現岳・鉾ヶ岳 1104m・1316m  2023年11月5日(日) 有志

柵口登山口7:10-胎内岩8:17-天狗屋敷8:30-白山権現8:45-権現岳山頂9:11~9:23
-トッケ峰10:19-鉾ヶ岳山頂11:04~11:32-金冠山11:55-溝尾登山口13:17-駐車場13:19

山岳会隊長から権現岳の整備登山をするということで11/5だと思って空けて置いたけど
参加者の都合で11/4になってしまった。
でもせっかく行く気になっていたので権現岳から鉾ヶ岳縦走してきました。
隊長に「個人整備登山して良い?」と聞いたらダメ!ということだったので何も持たず行ってきました。

糸魚川市にある権現岳は2回登っていますが権現~鉾縦走は2015年以来なので8年ぶり。
溝尾登山口に私の車を置いて昨日整備登山で疲れている隊長がわざわざ来てくださって
柵口登山口まで送ってくださいました、ありがとうございますm(_ _)m

2018年にピストンした以来なので懐かしい登山口。急登だけどしばらくは普通の登山道。
2311051.jpg 2311052.jpg

向かい側の紅葉は素晴らしいです。
白滝から滝が見えるかなと探しましたが秋なので水が枯れたか、見えませんでした。
2311053.jpg

白滝を過ぎると始まりました、ロープ、鎖!延々と続きます。
ここで先行のグループを追い越して山頂近くで単独の方に追い越され今日はみんなで8人?。
8年前はほとんどが下の真ん中にある針金がロープ替わりでした、残っていて懐かしい。
2311054.jpg

胎内洞にやってきました。
結構長いしザックが引っかかったりしてやっと抜けられました。
2311055.jpg 2311056.jpg

天狗屋敷の立派な木と祠
2311057.jpg 2311058.jpg

なだらかな~なんて言う登山道は全く無くてずっとずっとロープで進みます。
2311059.jpg

次のイベントは”はさみ岩”・・・挟まれてみました。
ザックのポケットに何か入れていると通れないのでザックだけ先に通す人もいます。
23110510.jpg 23110511.jpg

何とかやっと山頂です、ここで登頂写真撮り忘れて悔しい。
mixi山岳会のプレートをもって撮りたかった、ちゃこちゃん元気~

手前の方位盤にある山々の標高、どうしたらこんな間違いするのと思える数字なのですが直っていなかった。
23110530.jpg

パノラマで撮って見たら一番大事なトッケ峰が切れている
トッケ峰から鉾ヶ岳の縦走路です。
23110513.jpg

前回縦走した時権現岳山頂からガスで真っ白になりトッケ峰手前が凄かったな~
トッケ峰って縦走路の一部にしか感じていませんでしたが、今回青空の中歩くと
こんな岩場の登りだったこととトッケ峰(1289m)ってしっかりでした。
23110514.jpg 23110515.jpg

トッケ峰から見る”能生のジャンダルム金冠山”が見えます。
23110516.jpg

トッケ峰から鉾ヶ岳まで今までとは打って変わって気持ちの良い縦走路です。
今までのご褒美
23110517.jpg 23110518.jpg

トッケ峰からは危ない所は全くなく鉾ヶ岳山頂です。ここでお昼ご飯にします。

小屋の中を見せてもらったらきれいになっていたしペットボトルが入り口側にもびっしり。
前に整備のための水の運び上げを登山者にお願いしていたのを思い出し
皆さんのおかげであっという間に終わったようでした。
23110519.jpg 23110520.jpg

広場の前の藪がきれいになっていて頚城三山が良く見えるのですが、青空なのに霞んで
焼山や火打がくっきり見えなくて残念でした。
23110521.jpg

下山を始めると金冠山がだんだん近づいてきてワクワクします。
が、金冠山の向こうへの下山が半端ない…崖?
23110522.jpg

見上げる金冠山、ロープがたくさん下がっています。
そこを上がった開放感半端ないです。
23110523.jpg 23110524.jpg

ここから見ていつも思うのは権現岳の登りは容赦ない急登だなということですね。
23110525.jpg

ここから最後のイベント、足の置き場の無い長いロープ下り。
良くここでぶら下がって動けない方もいるらしいです。
23110526.jpg

金冠からしばらくはロープが続きますがその内普通の登山道になり紅葉を楽しみながら進めます。
そして手前に溝尾登山口があり2分くらい歩くと私の車がある駐車場に着きました。1台だけでした。
昨日整備してくださった皆様、おかげで安全に回ることが出来ました。ありがとうございました。
23110527.jpg 23110528.jpg

本日の距離:7.7km  時間:6時間10分  歩数:15700歩
まだ1時過ぎなのでこの後隊長のキャンプ場に行ってコーヒーをごちそうになり
いろんなことをお話しして帰りました。
鎖が苦手な方には難しいかもしれない山ですが好きな方にはとても面白い山です。

権現岳の急登を登るのが嫌だと思うかもしれませんがぐるっと回ってあの急登を下山するのは
とても危険です。できれば権現から鉾縦走が良いですよ
23110529.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

大荒れだったけど額取山

大将旗山・額取山 1056m・1008.7m  2023年11月2日(木) 有志

御霊櫃峠8:30-黒岩山8:52-大将旗山9:09-額取山9:49~10:00
-大将旗山10:44-黒岩山11:03-御霊櫃峠登山口11:29

諸事情で急遽額取山に変更したけどその時の予報はまぁまぁだったのよね。
段々嵐に変わって行ったけど昼間は晴れる予報・・・を信じて大雨大風雷の鳴る天気の中走りました。

7:30頃御霊櫃峠(ごれいびつとうげ)に着いた時は暴風雨でほかの車は無し。
当然よね、こんな嵐だったら寝ているわ。どうする~帰る?もうちょっと待つ?と言いながら
車の中でおしゃべりしながら待っていると風は収まらないけど雨は止んできた。
トイレの並びに登山口があったので天気は良くなると信じて出発します。

道はとても良いです。ずっと雨だったのに水捌けが良いのか濡れた感じはありません。
2311021.jpg 2311022.jpg

暖かかったのかな?咲いていたツツジとマツムシソウ。
2311023.jpg 2311024.jpg

所々にケルンがありますが気づいてしまいました・・・ケルンがあると下りになる。
なんとなく縦走路と思ってきたけど結構なアップダウンがあります。そしてガスで何も見えない。
2311025.jpg 2311026.jpg

何も見えないので黙々と歩いて大きな岩の上に出たらここが黒岩山らしいです。
岩を見たら先端に立ちたい私ですが風が凄くて立っているのがやっとなので諦めました。
何も見ず黙々と歩いて大将旗山(たいしょうはたやま)に着きましたが寒いし歩きます。
2311027.jpg 2311028.jpg

紅葉が素晴らしいのですがガスでぼんやり、なので近くに赤い葉や実があると嬉しいです。
2311029.jpg 23110210.jpg

1時間20分ほどで今日の目的、額取山(ひたいとりやま)到着。
標高が1008.7m?大将旗山1056mより低いの?山は標高じゃないと言いますからね。

晴れていれば360°の大展望で磐梯山、安達太良山や猪苗代湖が良く見えるそうです。
が、何も見えないので風の当たらないところでお昼ごはん。
この時間にはガスが取れると思ったのですが残念。
23110211.jpg

失意の下山です。
途中でお一人とスライド・・・こんな嵐の中、誰かに会うとは思ってもみなかったのでビックリ。
まだガスガスなのに何人かとスライド、人気の山なんですね。

大将旗山はまだガスで何も見えませんでしたがしばらく歩いて行くと段々空が明るくなってきました
23110212.jpg 23110213.jpg

明るくなるとブナ林が美しい。
登りで黙々と歩いた分、下りはここぞとばかりに写真撮りまくり。
23110214.jpg

23110215.jpg

23110216.jpg

ツツジの葉も太陽が当たると映える。
風も止んできて暖かいです。
23110217.jpg 23110218.jpg

登りではよく撮れなかった黒岩山の大岩。
23110219.jpg

かなり歩いて振り返った、手前の低い山が黒岩山、後ろの高い山が大将旗山。
ただでさえ低い額取山はその後ろなので見えないです。

登りでこんなにきれいに見えていたら遠い感じがしてモチベが落ちそう。
見えなかったからガンガン登れたのね。
23110220.jpg

登る時も撮ったけど帰りの方が晴れていたから。風神社と雨神社の祠です(-m-)” パンパン
苔の所の紅葉ってきれいですよね。
23110221.jpg 23110222.jpg

朝何も見えなかった登りの道、良い感じですね、本当は道路向かいの山に登りたかったのですが
どんなに探してもヤブヤブで道らしきものはありませんでした。
そこにあった地図には古代の村から三森峠に続く道があるのですが。

これも帰りがくっきりだったので載せた御霊櫃峠公衆トイレです。
とてもきれいですがペーパーはありませんので気を付けて。
これから登る方や下山してきた方たちとしばらくお話しして帰ります。
23110226.jpg 23110224.jpg

本日の距離:6.7km 時間:2時間59分  歩数:13400歩
下の地図を見ると結構なアップダウン、それでもとても良い山でした。
絶対晴れた日にもう一度来たい山です。
23110225.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
10 | 2023/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR