坊谷山・おかわり御嶽山

坊谷山ぼたんやま 306.6m 御嶽山 305.7m 2024年1月31日(水) 有志

※坊谷山
坊谷山柳古新田登山口8:52-山頂9:16-大日様9:23-五重塔9:28-山頂9:37-分岐9:50-車10:10

遠出は出来なかったので割と近くの坊谷山へ・・・ぼたんやまと読むんですね。
通勤ラッシュの中下道で魚沼までのんびりと進みみやま第二工場様駐車場が
登山者用駐車場となっていたのでここに停めます。

今日は天気良いのでガチガチ・・・トレースばっちりだしワカン持ってきたけど要らなかったね。
2401311.jpg 2401312.jpg

登山口から一直線の急登、チェーンスパ付け忘れてガチガチの雪道は滑る。
15分くらいでなんか開けたところ・・・と思って地図を見たらまさかの山頂_| ̄|O

ここから尾根歩きで次は大日様、雪が無ければたくさんの石佛様がいたりするのかな?
2401313.jpg 2401314.jpg

五重塔を見て少しすると足跡終っているのでここが愛宕山
2401315.jpg 2401316.jpg

ぐるっと見渡せて本当に気持ちが良い山頂なのですが八海山や越駒が
手前の山に邪魔されて良く見えない。あなたはだ~れ~
2401317.jpg

大日様まで戻ってその分岐から稲見神社に下山して車まで歩きます。
坊谷山距離:2.8km  時間:1時間22分・・・まだ10時過ぎ・・・せっかく魚沼まで来たのに物足りない!

おかわり登山で私が行った事が無い御嶽山を案内してもらいましたアリガトウ
2401318.jpg 2401319.jpg

※御嶽山
登山口10:52-出会の鐘11:12-御岳山山頂11:25-東屋11:36-電波塔12:06~12:23
-東屋12:47-山頂12:58-登山口13:18

アルプスの御嶽山にも行きたいけど魚沼の御嶽山にも行って見たかったんですよ。
登山口は高校前を通って冬限定の登山口だそうです
24013115.jpg 24013116.jpg

20分くらい歩いて前を見ると”えっ!山頂!?”と思ったら出会の鐘でした。見晴良くて気持ちいい!
24013117.jpg 24013118.jpg

右側を見ると見たことのある山容、米山ですね。隣は刈羽黒姫山かな?
24013131.jpg

今まで見た中で一番かわいい山小屋、火が入って暖かそうです。
そして小屋からすぐの所が山頂でした、がここで終りじゃないようです。
24013120.jpg 24013121.jpg

でもあったかくて気持ち良いです、どこまでも歩いて行ける気がします。
しばらくすると東屋があり地元の方でしょうか屋根の雪下ろしをしていました(行く時撮り忘れ)
24013122.jpg 24013123.jpg

ここからの風景は最高です。守門の横にある白い山は粟ヶ岳のようです。
24013132.jpg

右に進むと毛猛や未丈ヶ岳
24013133.jpg

また右に進むと越後三山・・・絶対これ見ながらご飯だよねと思ったら
遠くに電波塔が2本見えたところまで行くそうです。初めてだからね~どこまでも行くよ。
24013134.jpg

ガチガチの凍み渡り状態で来たけど暖かい太陽で雪が溶けかなり踏み拭きながら到着しました。
前に来た方が雪でテーブルと椅子を作っていたのでそれを使わせていただきお昼です。
24013125.jpg 24013126.jpg

目の前の越後三山を見ながらゆっくりお昼をいただきます。
これ以上を言ったら叱られるけど東屋で見たようなパノラマは杉の木にさえぎられて見えませんん。
でも縦走するのだったら真っ直ぐ通り抜けると下山できます(車2台あれば)
24013127.jpg

帰りはもっともっと雪が緩んで4歩に1回はズボッ
結構登り返しもありつつ気持ちの良い山歩きが楽しめました。
私たちが下山したらこれから登る方が何人もいてびっくり。
何も持たないで登っている方もかなりいるので地元の里山・・・羨ましい。
24013128.jpg 24013129.jpg

御嶽山の距離:5.1km  時間:2時間25分 坊谷山と御嶽山合わせた歩数:14900歩
24013130.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

干支山・大龍山GET

大龍山おおだつやま 241m  2024年1月29日(月) 有志

除雪最終地点9:37-登山口11:15-山頂11:35-道路12:25-車12:50

1月中頃から行く予定にしていたのですが他に予定が入ったりで月末にやっと行くことが出来ました。
除雪最終地点のここに路駐していきますがゲート突破している車が・・・地元の方だよね、と
私たちはここに停めて歩きます。予報では晴れだったのですが雨の出だし。

歩き始めたけど林道長い長い、突破した車は途中で引き返していたのでそこからトレース無しをツボ足で。
ルートを見ずにずんずん行ったら行き止まり・・・引き返してルート確認・・・してからも林道長い。
2401291.jpg 2401292.jpg

単独だったら引き返しちゃうよねと話をしながらやっと着いた登山口。
道迷いもしたけどこの入口まで1時間半以上もかかってしまいました。夏場はここまで車が入れるのかな?
2401293.jpg

山頂まで20分と書いてあった通りきっかり20分で山頂着。
241mの積雪期の里山山頂、杭があるだけありがたいです。
見晴らしも何もない藪だけど写真撮ったり軽いお昼食べたりしてから周回します。
2401294.jpg

こちらにはピンテ全くなし。ルートを見ると尾根伝いに行くようなのでずんずん下りますが
10センチ弱の積雪が滑る滑る、気を抜くとザーっと下まで滑り落ちそうなので慎重に。

これが本当のルートなのかわかりませんが無事道路が見えてきました。
夏道があるのかな?どこに出たら正解だったのかなとキョロキョロしながら戻りましたが正解は
2401295.jpg 2401296.jpg

行く時見ていた”お不動様”の看板。見渡してもお不動様らしき像は見当たらないので探してみました。
チョット奥に行ったら滝が・・・不動尊とか不動滝とか言いますから、お不動様は滝だったのねということで。
2401297.jpg 2401298.jpg

本日の距離:6.6km  時間:3時間12分 歩数:12000歩

このマップは同行者から頂いたものです。
出発時GPSの位置確認していたのにスタートボタンを押し忘れて帰ってから消そうとしたら
スタートします表示・・・??あれ?
もう一回行こうと思える山じゃないのでログがもったいなかったな
2401299.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

今年も押しかけBday入笠山

入笠山  1955m      2024年1月22日(月)  さあこ他

駐車場10:21-ゴンドラ10:33-入笠湿原11:09-ゴンドラ山頂スタート10:56
-ヒュッテ入笠11:22~12:15-山頂12:40~12:-ゴンドラ山頂駅13:43-駐車場14:06

昨年”誕生日に自分の生まれた年と同じ標高の山に登る”というOさんに付いて入笠山に登ったけど
今年も行くと聞いたのでまたまた押しかけバースディに行ってきました。

今年は平日だったのでちょっと遅い集合で南諏訪ICまで行きますが昨年も同じコースを
行ったはずなのに今年はやけに遠く感じてしまいました・・・最近遠出しないからかな。
途中全く雪がありません、2/10雪まつりと書いた看板がありましたが見渡す限り雪はありません。
大丈夫かな、と入笠山に近づいてきても山は茶色・・・でもさすがコースだけは
降雪機のおかげか白くなっています。
駐車場も平日だからか車が少なく昨年あんなに混雑していたゴンドラ乗り場は誰もいません。
2401221.jpg 2401222.jpg

全く待たずにすんなり乗れましたがスキーヤー、ボーダーの方はそれなりにたくさんいらっしゃいました。
山頂駅に着いてみれば昨年と同じようにアイスクライミング用の壁がありましたが
今年は登る時も帰ってきた時も誰も登っていませんでした。
2401223.jpg 24012220.jpg

チェーンスパ付けて出発し入笠湿原に来ると昨年は半分くらい草が出ていた気がしましたが
今年は見渡す限り雪です。上の方が雪たっぷり。
24012215.jpg

入笠湿原から少し行くとマナスル山荘です・・・が??今年から”ヒュッテ入笠”と名前が変わったそうです。
ランチは11時からなのですが11:22着、平日だから中で食べる気満々だったので
第一陣の方たちの席が空くのを少し待ちます。
24012221.jpg 24012216.jpg

ここの名物のビーフシチューは牛肉の赤ワイン煮と替わっていたしメニューも増えていました。

昨年は外で食べて凄く寒かったのでラーメンがあるのをチェックしていたのでそれを頼みました。
これが大失敗・・・ラーメン自体は塩味でチャーシューたくさん乗っていて熱くて美味しかったのですが
量が・・・、いつもお昼はミニカップ麺だったのでそれに比べてこの量、山の中のヒュッテで
残すと悪いと思い何とか食べたけどお腹が限界、この後まだ登るけどバテそう。
24012217.jpg 24012218.jpg

山頂手前で食べるときは軽く、絶対お腹いっぱいにならないようにと心がけていたのにお腹パンパン。
何とか頑張って山頂着~ 昨年は雪が無かったのに山頂は雪で白い。
24012219.jpg

そしてお楽しみの回り中の山々・・・は残念ながら甲斐駒ヶ岳と鳳凰三山が少しの間
顔を見せてくれましたが八ヶ岳、アルプス、富士山は全く見ることが出来ませんでした。
24012211.jpg

下りはオオシラビソとカラマツ林の中を進みます。
こちらにはサルオガセがとろろ昆布のように木に下がっています。
ずっとこんな光景なので”トロロの森”ですね、サルオガセ自体はそんなに柔らかくはない。
24012212.jpg 24012213.jpg

今年は入笠湿原に雪がたっぷりなので好きなところを歩いて真ん中の木道上まで登ります。
そこからぐるっと回ってリフト山頂駅に着きますが今年は暖かかったですね。
真っ青な空ではなかったけど時々太陽が当たって気持ちの良い山行きでした。
・・・でもいつまでもお腹がいっぱい・・・家に帰っても夕飯食べられなかった、超反省
24012214.jpg
ゴンドラ山頂駅からの、本日の距離:4km  時間2時間44分  歩数:6700歩

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

ラッセルで力尽きた米山

米山  993m  2024年1月17日(水) 有志 

大平P8:11-二ノ字9:32-711米峰9:59-山頂12:00~12:34
-711米峰13:20-二ノ字13:27-P13:55

辰年だから大龍山に行く予定だったけどすごくいい天気になりそうだったので
大龍山はもったいないとこの時期行きたい米山に行ってきました。

平日だからとかなり遅い到着、車が2台ありましたがお一人は人待ち。すでに出発した方も
先頭が嫌なのでかなり待ったけど誰も来ないので仕方なく出発したそうです。
日曜日にかなり登山者がいたそうなのですがトレースは昨日の雪でまっさら。

ワカン履くか迷ったけど先頭の方のスノーシュートレースをいただきツボ足で行きます。
二ノ字に着くまで暗いんですよね。二ノ字からは太陽浴びながら行きます。
2401171.jpg 2401172.jpg

711米峰からは雲一つない空に頚城三山が浮かんで見えます。
山座同定しながらずっと見ていたい風景です。
2401173.jpg

711米峰過ぎると痩せ尾根になりますが今の時期痩せていないで吹き溜まりや雪庇で
ツボ足では無理になったのでラッセルをしてくださっていた先頭の方に追いついたのを機に
ワカンを履きラッセル交替しながら進みます。

何故か単独の女性ばかり5人だったのですがブナの急登で男性が来て先頭お願いしました。
急登頑張ったご褒美、美しすぎる霧氷。
2401174.jpg

この下を歩けるなんてなんて幸せ。米山避難小屋も見えてきました。
2401175.jpg 2401176.jpg

ラッセルで疲れ果てていたけどもうすぐ山頂と頑張ります。
2401177.jpg

薬師堂から山頂小屋と頚城三山。何枚撮っても飽きない。
2401178.jpg 2401179.jpg

山頂から360°絶景(4分の一は海岸で佐渡は霞んで残念でした)
24011715.jpg

朝日連峰から粟ヶ岳~守門岳
24011710.jpg

未丈ヶ岳~越後三山
24011711.jpg

頚城三山とアルプス
折角なので小屋に入ってお昼にします。お一人休まないで帰られましたがみんなでラッセルの慰労会。
24011712.jpg

下山はいつものブナ林を尻セードで下ったのですが新雪が多くて進まない。
ストックで一生懸命漕ぎながら進んだので下山時間稼げなかった。
登り4時間弱で下山1時間20分・・・登りはルート探しながらのラッセルだったのでしょうがない。
次の日は膝と肩の筋肉痛でした。

痩せ尾根ですが全然痩せていないしお肉が付きすぎて埋まって大変。
本日の距離:5.9km 時間:5時間45分 歩数:10400歩

風も無かったし弥彦角田ばかりじゃなくて米山に行けて良かった。春が待ち遠しい
24011713.jpg 24011714.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

晴れたので西生寺から弥彦山

弥彦山  634m  2024年1月11日(木)  単独

西生寺P10:57-能登見平11:36-雨乞分岐11:57-八枚沢12:08-見晴13:08
-裏参道合流13:29-山頂13:40~14:12-能登見平14:27ー駐車場14:52

一昨日下水本管につなぐ工事が終わって晴れて自宅で風呂トイレ洗濯ができることでウキウキ
そして久しぶりの良いお天気~!で山行も久しぶりなので角田に行こうと家を出たのですが
”どのコースにしようかな?”なんて考えながら運転していてあまりの良いお天気がもったいなくなり
時間的にも米山には行けないからまたまた弥彦だけど久しぶりに西生寺から登ってみます。

駐車場に着いてみれば車は8台。支度していると下山してくる方がお二人も。
雪割草は完全にまだだけど青空と白い雪、暖かくて気持ち良いです。
2401111.jpg

登山道が雪のトンネルになっています。身体が鈍っているのでリハビリトレーニングとして来たので
能登見平で雨乞方向に足跡があったら八枚沢周回してみようと最後の坂を上ります。

無事右側雨乞尾根方向に足跡があったので進みます。
2401112.jpg 2401113.jpg

暖かくて雪がバンバン落ちていますがまだまだ美しい。
勢いでこっちに来ちゃったけど雨乞山ピストンの足跡じゃないよね、とちょっと不安。
2401114.jpg

分岐の所から雨乞山にもトレースはありましたが八枚沢にもトレースがあったので、やった!
八枚沢から登ったら妻戸尾根コース登るよねと八枚沢登山口に来てみれば
駐車場には雪がいっぱい、皆さんどこから歩いてきたのかしら・・・と思いながらいつものルートを見ると
・・・”足跡が無い
2401115.jpg 2401116.jpg

ルートを外れることは無いけど雪がもさもさ、長靴にスパッツ付けてきたので雪は入らないけど
吹き溜まりの所は膝上まで埋まりながらラッセルします。(後ろを振り返った私の足跡)
2401117.jpg

裏参道と合流するとばっちりなトレース、ホッとしました。
遅かったので登山者は帰ったのか少ないです、が暖かくて気持ち良いのでゆっくりご飯にします。
2401118.jpg 2401119.jpg

朝日連峰から飯豊連峰と五頭山、美しいです。
24011110.jpg
24011111.jpg
24011112.jpg

14時過ぎているのにまだ木に雪が光っています。
24011113.jpg

もう少し遅いと海がオレンジ色に輝くんだけどね~。
でも今日は一日中真っ青な中を歩くことが出来ました、ありがとう~
24011114.jpg 24011115.jpg

本日の距離:6.5km  時間:3時間56分  歩数:15000歩
明日からまた雪になりますがしばらくはこの青を思い出しながら過ごせそう
24011116.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

2024年初詣登山・弥彦山

弥彦山  634m  2024年1月3日(水)  単独

表参道登山口12:06-里見の松12:52-九合目13:08-山頂13:20-道路14:14

       皆様明けましておめでとうございます
        本年もどうぞよろしくお願いいたします

                  
         2401011.jpg

「一年の計は元旦に崩れる」
2日に初詣、3日に福島の山を計画していたけど元旦の午後からの地震で避難しました。
2日に後処理をして風呂にも入りたいので例年の初詣登山に行ってきました。

暗くて今にも降りそうな天気ですが雨には当たりませんでした。
神社からあまり登らないので皆さんの報告のこのトトロちゃん見たかったんですよね、可愛い
2401031.jpg 2401032.jpg

五合目手前はこんな感じ、五合目過ぎると途端に雪がどっさり。
2401033.jpg 2401034.jpg

七合目の水場にはこんな神々しいキノコが・・・食べられないと思いますが。
2401035.jpg

九合目に上がると田ノ浦海岸がかろうじて見えます。
例年に比べて雪が少ないのでここからの階段がフラットになっていなくて苦手な 階段 でした。
2401036.jpg 2401037.jpg

出るのが遅かったので神社はメチャ混みだったので私は山頂の御神廟でお参りすると言って
夫と別れたのですが山頂でのお賽銭100円持っていると言ったら、いいごえん(良いご縁)を
願うようにとあと15円貰って山頂御神廟にてお参り。

”仕事や山関係や人間関係にも良いご縁に恵まれますように”(-m-)” パンパン
2401038.jpg 2401039.jpg

今年の雪は新雪じゃないので良く固まらない鏡餅。
今年は忘れ物をしない!と小学生のような目標で頑張ります
本日の距離:4.7km  時間2時間07分  歩数:12000歩
24010310.jpg

元旦 地震が起きて一呼吸おいて外に出たのが16:14,見る見るうちに側溝から泥が噴出し
写真の16:17、慌てて玄関に出ていた普通の靴で出たのでもう家に入れなくなりました。
津波が来るから避難して~という呼びかけで泥に飛び込んでフェンスを乗り越え弥彦のために
用意していたザックと熱いお茶と財布をもって長靴で小学校に避難しました。

ヘッデン(使わなかったけど)も入っているし食料もあるので歩いて非難しましたが
毛布があったほうが良かったかな。結局寒くなったので揺れも収まったしと自宅に帰りました。
家が有って良かった、車が土の上に有って良かった、液状化という現象を始めて目の当たりにしました。
24010311.jpg 24010312.jpg

次の朝起きてみたら駐車場が10cmくらい沈下している。道路に砂が10cmくらい積もっている。
駐車場のインターロッキングがガタガタグチャグチャ、水が出る深い側溝が吹きあがった砂で
上まで埋まっている。我が家は簡易下水道なので水が流せない、浄化槽も不安。
これでは水電気ガスが出ていてもトイレも風呂も洗いものもできない、風呂の水も抜けない。
業者に電話してもどこもいっぱいいっぱいでいつ来てもらえるのかわからない。

石川、富山の方々の地震報道には心が痛みます。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたします。
24010313.jpg 24010314.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
12 | 2024/01 | 02
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR