春めいて西蒲三山縦走

西蒲三山(国上山・弥彦山・角田山)  2024年3月31日(日) 単独

酒呑童子神社6:12-国上山登山口6:40-国上山頂7:00-剣ヶ峰7:28-黒滝城趾7:42
-猿ケ馬場8:22-雨乞山頂8:40-弥彦山頂9:15-大平公園10:14-多宝山頂10:34~10:48
-石瀬峠11:26-樋曽山12:39-福井山13:18-五ヶ峠13:32~13:46
-五ヶ浜三角点14:16-角田山頂14:56~15:02-宮前登山口16:03

今年は暖冬でうれしかったのですが、さて3月の声を聴いても
弥彦角田にもいつまでも雪が降ったりしてなかなか春が感じられませんでした。

私も大蔵菅名の後寒くて山に行く気がしなくてダラダラしていたのですが
前日から何となく春の空気を感じ恒例春の体力測定”西蒲三山縦走”決行してきました。
今年は夫が仕事だったので息子に国上の酒呑童子神社まで送ってもらいました。
順調に国上寺の登山口に着きました。前回の冬に比べると明るいですね。
2403311.jpg 2403312.jpg

前回足が攣って迷惑かけたので単独にしましたが今回の目標・足が攣らないで完走・です。
急がず足をかばいつつ国上山山頂。
2403313.jpg

この時期のお楽しみは剣が峰のカタクリ、でも国上からの縦走だと朝早くてカタクリは閉じています。
お昼頃は満開だろうなと想像しながら先を行きます。
この階段は黒滝城趾の最後の階段、城跡だからね~。
2403314.jpg 2403315.jpg

黒滝城趾の裏の広場。いつもこの時期にしか来ないからだけどここは桜の木がたくさんあり
もう少し遅いととてもいい場所だと思う。ここでお弁当食べたいな

ここを下りていくと搦手道です。いつにもましてグチャグチャでそのうえ倒木もあります。
2403316.jpg 2403317.jpg

猿ケ馬場までの花です。
国上はキクザキイチゲとオウレンとショウジョウバカマとカタクリだけ。
国上から雪割草が咲いていますが朝早くて開いていないので後半に期待。
搦手道を下りて小川沿いを歩くと株咲きしているリュウキンカの花はまだ1輪ずつくらいしか
咲いていません、が花の種類が多くなってきました。
2403318.jpg

スカイラインに出て雨乞山登山口の猿ケ馬場です。
スカイラインのゲートは3月31日まで通行止めと書いてあったので明日開くのかな
2403319.jpg

雨乞山から弥彦山までは本当にたくさんの花が咲いていますが今日は風が冷たく
太陽も出ていないのでみんなショボンな感じだったので後半に期待。
雪割草はみんなこんな感じ、山桜が咲き始めていたしナニワズ、マンサクは元気。
24033110.jpg

弥彦山山頂、いつもはここで栄養補給するのですが冷たい風が結構吹いているので進みます。
山頂直下のトイレは閉まっていましたがお土産屋の中のトイレが使えたので日曜日のラッキーでした。
24033111.jpg 24033112.jpg

弥彦山を過ぎてから時々太陽が顔を出したりしてきた。
大平園地で食べようと思ったけどまだ風が冷たい・・・多宝山まで頑張るぞ
昨年あたりから施設してある工事のためのモノレール。山頂には資材がまだたくさんあるし
古い建物も壊すのかな?まだまだ必要なのですね。
24033113.jpg 24033114.jpg

山頂にはたくさんの方々がいてふっと顔を上げたら・・・久しぶりのKAさん。
いつもニアミスばかりでなかなか会えず同じ方向に縦走らしいですが出発するところ。
私はここで休憩しますまたね~。

ここに休憩していた単独女性の方は私と逆方向。角田からは苦手だなぁ~と言ったら彼女は
国上からの方が苦手だという。角田出発の方がかなりいらっしゃいますが・・・そうなのかな?
私は1回だけ角田から出発したけど多宝搦手剣が峰の登りでバテて2度目がないんですけど。
24033115.jpg

多宝からの下りはこの縦走一の泥道、急な下りなのに泥でグチャグチャ
ショウジョウバカマとキクザキイチゲがたくさん咲くところですがまだ早かったのかオウレンばかりでした。
長い登山道を下りると石瀬峠。ここで先ほどのKAさんたちがいたのですが
他の方とお話ししているようなのでお先に失礼します
24033116.jpg 24033117.jpg

魔女の森はまだ全然草が生い茂っていなくて迷いようがありません。
ここで期待のニリンソウは大株に1輪やっと咲いている状態。モシャモシャにもう一度会いたいな。
24033118.jpg

迷うことなく無事にスカイラインに出て反対から樋曽山に向かいます。
暖かくなってきたしここからは花が凄いですよ~。シュンランの大株。
24033119.jpg 24033133.jpg

と、歩いていたら靴に違和感!ハッと見たらかかとの皮一枚まで剥げてる(これは後で撮った)
ザックの中ひっくり返してみたけどタオルしかない・・・前の方を包むようにして縛ったけど
タオルが厚くてすぐほどけてしまう・・・出かけるときなぜか何回も何回も予備の靴ひもと
ゴム状のマジックテープ付きのベルトが目に入って持っていけと訴えていたなぁ~と思いだした。

五ヶ峠まではそんなに起伏はないのでなんとか行けそうだけど靴を見ながらゆっくりと。
24033121.jpg 24033122.jpg

樋曽山から五ヶ峠の区間は本当にお花畑、朝から後に期待といった”後”がやってきました。
ニリンソウは確実に群生になりつつカタクリは今が最盛期。
エンレイソウもたくさん咲きだして今年はつぼみばかりだったカンアオイとキバナノアマナ。
マンサクと一緒に黄色い花で黄色くかすむアブラチャン。樋曽山直下にもあったけどまた白いカタクリ。
24033123.jpg

雪割草は見渡す限り咲いています。キクザキイチゲやカタクリと一緒の花畑は魅入ってしまいました。
このコース3輪目の白いカタクリ
24033124.jpg

後ろ髪をひかれつつ五ヶ峠に着きました。
いつものようにここでトイレと最後の栄養補給。
この時間でもたくさんの方が福井山や角田に向かっていきます。
24033125.jpg

このコースは割となだらかなのですが長いんですよね。
24033126.jpg 24033127.jpg

途中浦浜コースと灯台コースと合流してやっと角田山山頂です。
足のタオルが凄く邪魔。
24033128.jpg

ここからはいつもの宮前コースで下ります、急なのでタオルをひっかけないように。
24033129.jpg

途中の古墳コースに行けばもっと雪割草が見られるけどこちらの宮前コースもお花満開。
園芸種がかなり植えられていました。イカリソウが咲き始めていたのはうれしい。
24033130.jpg

車の音が聞こえてきました。
今年も無事(でもないか^^;)西蒲三山縦走を終えました。
あとは残雪の二王子岳で思い残すことはない。

かかとまで剥げていたらアウト!左の靴も剝げたら完走できなかったのでラッキーでした。
履きやすいので捨てたくない。自分で接着剤で直してもキレイにならない。靴屋で大丈夫かな?
スノーシューに続きまた修理スノーシューは石井スポーツさんでベルト取り寄せにしました。¥10550
本日の距離:22.8km  時間:9時間51分  歩数:47000歩
24033131.jpg 24033132.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

午後まで待てない、大蔵~菅名

大蔵山・菅名岳 864.3m・909.2m  2024年3月24日(日) 単独

駐車場6:57-橋7:06-大蔵山頂8:59~9:12ー三五郎山9:38-菅名岳山頂10:29~11:01
-椿平11:35-巾沢への分岐11:48-林道に上がる12:00-駐車場12:34

残雪期に行きたい大蔵~菅名縦走、なかなか良い天気にならない。
今日は前々から見ていると15時から→12時からとが前倒ししてきている・・・でもお昼からかぁ。
日曜日だし弥彦角田以外は遅く行きたくない、と駐車場着いてみれば車が三台。
早すぎたかなと思ったけど今までの山行で感じた冷たい空気もないので出発。
2403241.jpg 24032417.jpg

二合目過ぎても雪がありませんが三合目過ぎると徐々に雪が出てきます。
2403243.jpg 2403244.jpg

あぁ~、出る時間早まったね 
でも山頂手前でこんな感じでガスっていますが風もなく全く寒くない。

不思議なことにいつも履いている登山靴なのに右足かかとが靴擦れ。
山頂で靴下も取ってカットバン貼ってこれからの縦走のためワカン装着。
今日の雪は水分たっぷりで重くグサグサと溶けているのでワカンでも踏み抜く、最悪~。
2403245.jpg 2403246.jpg

縦走路、雪庇が張り出しています。
昨日以前のトレースだと思いますが間際を歩いている・・・気を付けて歩きます。
2403247.jpg

10時近くなったら陽が差してきました。
2403248.jpg

菅名岳山頂~、あれ?車3台あったよね?
縦走路には今日のトレースなかったし巾沢から上がったらここに着いているよね?
どこに行ったのかな・・・小山田に下りて鳴沢峰かなと思いながらお昼。
雪が重くてかなり時間がかかってしまった。

飯豊は見られないなぁと眺めていると巾沢からと縦走路からと人が来始めたのでお話。
縦走路の方がMSRのスノーシューだったので「今年壊れたんですよ~」と話したら
石井スポーツでバンド部分を直してもらったら¥8000円だったよとうれしい情報を頂きました
2403249.jpg

山頂直下の恐怖のガリガリは今日の雪質では全く問題なし。
下りていくとだんだんと明るくなってきました…もったいないけどこれ以上ゆっくりできなかった。

途中で椿平から降りるという方に追い越され、椿平に行くとしっかりしたトレース。
デブリがあったりまだ雪が多いけど若いから大丈夫だよね。
24032410.jpg 24032411.jpg

山頂でこちらから登ってきた方に「まだ椿平からより巾沢が良いよ」と言われたので
いつものように巾沢から降ります。
24032412.jpg 24032413.jpg

巾沢の雪解け水を見ながら橋の真ん中でちょっとゆったり。
上流にどっぱら清水もあるのできれいな水です。
24032414.jpg

直ぐ林道に上がって駐車場に向かいます。
いつものように紫濃いキクザキイチゲがたくさん咲いているので鑑賞しながら・・・
フキノトウもたくさんいただきました

本日の距離:10.9km  時間:5時間37分(かかったねぇ~)  歩数:19400歩
24032415.jpg 24032416.jpg


テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

角田山・宮沢~古墳の花情報

角田山 481.7m   2024年3月21日(木)  単独

駐車場11:41-宮沢登山口11:45-六合目合流12:36-山頂13:03~13:21
-六合目13:41-ジョウ山14:03-古墳口14:41

昨年4/15に初めてこのコースを登ったのですが雪割草の時期を逃してしまった。
この時期のこのコースに雪割草が咲いているのか確認しに行ってきました、が今日も風強くて寒い!
駐車場に車を止めて歩いて行くと早咲きの桜が華やかに迎えてくれました。」
24032121.jpg

行きは右の宮沢コース、帰りは左の古墳コースの予定です。
進むと突堤がありますので横を行きます。
24032122.jpg 24032123.jpg

「シロキツネノサカヅキモドキ」と看板がありましたが真っ赤でとてもかわいい。
24032124.jpg 24032125.jpg

ずっと針葉樹林帯でしたがやっと葉が無くなり明るいです。
2403216.jpg

明るくなったら花ですね~
オウレンや雪割草はたくさん咲いていたし株も大きかったのですが
今朝方の雪と冷たい風でお昼の時間なのにぱっと開かないで下を向いている。
残念ですがこのコースにもたくさん咲いているのがわかりました。
2403217.jpg

六合目の宮前コースと合流。
七合目辺りから今朝の雪が冷たい風で溶けず白いです。
2403218.jpg 2403219.jpg

前回3/10に行ったときは山頂真っ白だったのに雪が全くない(この雪は今朝方の雪です)
小屋に2,3人いるみたいですが山頂広場には誰もいません。
そこまで寒くはないので外のベンチに座ってお昼を食べて帰ります。
24032110.jpg 24032111.jpg

古墳コースはさすがです。
まだちょっと早い気もしますが私はこれで今年の雪割草のお花見は終わり。
24032112.jpg
24032113.jpg
24032114.jpg 24032115.jpg
24032116.jpg
24032117.jpg

ショウジョウバカマも咲きだしていたしカタクリ、ナニワズ、オウレンもどんどん咲いてきています。
お花を見ながら「ぽかぽかだね~」と言えるのはいつになるのか、今年はいつまでも寒い!
24032118.jpg 24032119.jpg

古墳を過ぎたら転がり落ちそうなここから下山します。
この下にもクリスマスローズや福寿草、園芸種の雪割草が目を引きますが植栽だからね~。

本日の距離:5.1km  時間:3時間1分  歩数:11000歩
24032120.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

時間なくて東谷山で終了

東谷山ひがしやさん 1553.8m  2024年3月16日(土)  山岳会

二居登山口8:56-東屋9:41-鉄塔10:12-お昼11:30ー山頂12:15~13:17-登山口15:30

昨年の11/18奥久慈男体山以来の山岳会山行に参加です。
本当は東谷山から日白山周回する予定だったのですが時間押してしまい東谷山ピストンです。

今日は雨雪は降らないけれど台風並みの強風の予報、寒さ対策だけしていきました。
神楽スキー場田代駐車場でバスを下りて登山口まで歩きます。
登山口からワカン履いて進み、太陽当たって暖かそうですが風が冷たいです。
2403161.jpg 2403162.jpg

第二ポイント鉄塔辺りまであまり風が当たらず上着を脱いだのですがそこを過ぎると途端に強風。
そして雪庇も張り出しているので端を歩かないように注意しながら進みます。
2403163.jpg 2403164.jpg

何名かスライドしますが「東谷山まで行ったけどあまりの強風で引き返しました」との報告ばかり。
不安になりながら進みます。
トレースを見ると皆さんツボ足かアイゼンなのでモモ以上の踏み抜きが凄い。
グサグサの雪なのでワカンが正解でした。
2403165.jpg 2403166.jpg

あまりの強風なので山頂では寒くてご飯が食べられないんじゃないかとちょっと手前でお昼です。
平標が良く見えるところで30分ほどゆっくりしました。
雲がものすごい勢いで流れていき風はあるけど青空が。
2403167.jpg 2403168.jpg

平標から90°右を向くと雲一つない完璧な苗場山が出現!
2403169.jpg

ピークファインダーで確認!
24031610.jpg

山頂のすぐ手前だったので青空のうちに、と山頂に行き見えてきた日白山、の後ろに谷川の山々。
24031611.jpg

日白山にはたくさんの人影が・・・とても人気のある山でした。
また日白山まで行けば東谷山よりたくさんの山々が見られたのに残念です。
24031612.jpg

日白山から左に目をやると尖がった飯士山が見えますが後ろの越後三山や巻機山は
霞んで写真ではよく撮れなかったけど晴れていたらくっきり見えたでしょうね。

時間があったので日白山へちょっと進んでみました。
段々風が止んできたのでもったいなかったな~。
24031613.jpg 24031614.jpg

今回登山隊の他に別行動でスキー隊の方々もいたのですが無事山頂で合流しました。
でもスキーの方の下りはあっという間なので山頂でゆっくりしてくださいね、とお別れ。

登りの時は雲で山頂部は見られなかった平標と左に仙の倉がいつまでも見えていたのがビックリ。
そしてかなり下っても登ってくる方がたくさん、皆さん大きなザックで雪洞かテントで泊まるようです。
山岳会で連れて来てもらわなければ知らなかった人気の山なんですね。
ちなみに夏道が無いので残雪期しか行けない山です。
24031615.jpg

本日の距離:6.8km  時間6時間34分  歩数:13000歩
日白山に行けなかったのはつくづく残念
24031616.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

超強風の弥彦山

弥彦山  634m    2024年3月14日(木)  単独

八枚沢登山口12:31-見晴13:19-山頂13:39~13:59-能登見平14:15-分岐14:38-15:08

今日は何とか持ちそうな天気かなと思って大蔵菅名縦走しようと行ったけど
新津辺りから雨が降り出して五泉方面はガスで見えない・・・これは無理に行っても
快適な縦走は期待できないので、ハイ撤退~!

家に帰ってグズグズしていたけどどっか行きたくて我慢できない~~
3/10の角田は1ヶ月前2/27と同じくらいの雪があったけど此の入りの林道は雪割草が
たくさん咲いていたしmyルートの八枚沢はどんなかな?と行って見ました。

滝の前の看板には表参道と同じトトロのオブジェ~可愛いね。
2403141.jpg

雪割草はたくさん咲いていましたよ。
でも八枚沢は西生寺コースや角田山に比べると株が小さいんですよね。
でもポツポツポツポツとたくさん咲いています。みんなが大事にすれば大きく育ちますよね。
2403143.jpg 2403144.jpg
2403142.jpg

この辺りまで登山道にはあまり雪がありませんでした。
でもものすごい風 風にあおられてフラフラしながらの登山です。
2403145.jpg

ここからちょっと平らになるので雪がたっぷりです。
ずっと前から皆さんから報告があったマンサクにやっと会えました、がほとんどつぼみ。
2403146.jpg 2403147.jpg

強風の山頂です、誰もいません。
私もお参りしてから社務所の横のベンチで遅いお昼。後ろに大きな建物があるので風が無いんですよ。
お一人通ったけど強風ですぐ帰りました。
2403148.jpg 2403149.jpg

帰りの尾根と林道分岐から海を見ると大荒れ、私も立っていると吹き飛ばされそう。
24031410.jpg

こちらは能登見平から雪が無いので花はたくさん咲いていました。
時間が早かったら西生寺まで行きたかったけど残念。
キクザキイチゲは白も紫もたくさん咲いていたしカタクリも明日辺り開花かな。
24031411.jpg

ナニワズ、カンアオイ、ネコノメソウ、一番に咲く花オウレンは所狭しと。
あまり写真は撮らないけどショウジョウバカマも同じ頃咲くはずなのにまだ固いツボミでした。
24031412.jpg

最後のこの渡渉の手前で横に踏み跡があったので行って見たらかなり続いている。
他の山と違って弥彦角田は心配ないけど、しばらく歩いてどんどん奥深くなっていくし・・・と
引き返しました。強風でも歩けたし花も見れたし大満足。

本日の距離:4.3km  時間:2時間37分  歩数:9500歩
24031413.jpg 24031414.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

エッ今年初?!五頭山

五頭山 912.5m  2024年3月7日(木)  単独
 駐車場8:25-三の峰登山口8:44-三の峰小屋10:03-一ノ峰10:23-五頭本峰10:44~11:03
-三ノ峰小屋13:33-四ノ峰11:49-五ノ峰11:53ー六合目12:32-駐車場13:49

冬に戻った感じで雨雪で寒い日が続いています。
昨日は雨でしたが身体が鈍ったので保内の植物園に行ってきました。
考えたら身体が鈍る冬にしか来たことが無かったのですが裏に広い遊歩道が広がっていたので
花が咲くころに来てみます。

今日は晴れそうなので五頭山かな~と調べたら暮れに登ったきりで今年初でした。
今年は地震があったりしたからいつもの正月五頭山は行けなかった。
2403071.jpg 2403072.jpg

登り進めていくうちに木々に付いた雪がきれい。
2403073.jpg

前回話をしたけど豪雪地生まれの私は雪山を始めるまで「雪が美しい」なんて思ったことが無かった!
雪は嫌なもの、早く消えて欲しいとそれしか考えたことが無かった。
新潟市に来て約50年、雪の大変さが人ごとになってしまったんだなぁ・・・
寂しいけど雪景色が美しいと思えるようになりました。
2403074.jpg

雪は例年通り、二ノ峰へ直登の道もあり久しぶりに(-m-)” パンパン
2403075.jpg 2403076.jpg

二ノ峰から見た一ノ峰、たくさんの方が歩いています。
ん?なんとなく見たことがある方たちが・・・会山行だったかな?
邪魔をすると悪いので下を向いて挨拶したのにバレてしまいました~なんでかな?
2403077.jpg

三ノ峰の鐘は埋まっていましたが一ノ峰の鐘は出ていました。足跡を付けるのは悪いと思い見るだけ。
本峰方面にもたくさん歩いていました。
2403078.jpg 2403079.jpg

前一下りて振り返ると青空が出て雪が白い。
24030710.jpg

山頂は誰もいなくて、雪が降っていたけど風も無かったので一人お昼ごはん。

どうしようか迷いながら三ノ峰に戻って五の峰方面を見たらお一人のスノーシューの跡が。
天気良いし行って見るかな。
24030711.jpg 24030712.jpg

三ノ峰下りだしたら思ったより積雪量多くふかふかでワカンだと埋まる。
今回長靴にチェーンスパとワカンだったのでしっかり閉められず、回ったのは失敗したかな。

スノーシューの方は出湯からだったら六合目からこの雪をラッセルか・・・と心配しながら来たら
しっかりスキー場方向にトレースありホッとしました。
24030714.jpg 24030715.jpg

こちらも美しい林を見ながら朝の道に合流です。
ワカンはスノーシューよりも踏み込むので、もも上げがきつかった、筋肉痛です。
24030716.jpg 24030717.jpg

本日の距離:9.2km  時間:5時間24分  歩数:19000歩
24030718.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

変わった名の尼厳山・奇妙山

尼巌山 あまかざりやま 780.9m 奇妙山 きみょうさん 1099.5m
                               2024年3月2日(土)  有志

駐車場9:21-池田の宮登山口9:26ー天王山古墳9:39-北・南尾根分岐9:45
-尼巌山山頂10:27-岩沢分岐10:55-奇妙山山頂12:00~12:20-高見岩12:37
-岩沢分岐12:48-ゲート13:03-岩沢登山口13:08-駐車場13:30

氷山とか不忘山、佐渡の岨巒堂山、博士山、福島なのに富士山、面白山(行ってないけど)など
変わった名前の山はチェックしていました。
最近これでそう読むか?という尼巌山(あまかざりやま)と奇妙山(きみょうさん)
下道片道 200kmくらいなので余裕と思って朝起きたら真っ白で雪降ってる~。
長岡から吹雪になり津南辺りから路面が白くなりスピード出せず・・・ほんとに予報通り
長野は晴れるのか心配していきましたが千曲川過ぎたあたりから青空が。

登山口から駐車場はちょっと離れているのですが細い道をウロウロ駐車場探し。
やっと見つけて車の前を見たらナンバープレートやライトが氷でガチガチ。
こんな状態で走って来たんだ…氷を落とそうとしてもびくともしないのでそのまま出発。
登山口は鳥居をくぐって向かいの道路に出たらあります。
2403021.jpg 2403022.jpg

登山口です、パンフレットにはトイレマークがあったのですが探したけど見当たらず。
少し行くとイノシシ除けの柵がありますのでちゃんと閉めていきます。
天王寺古墳がありましたがあまり古墳らしくなかったのでスルー。
2403023.jpg 2403024.jpg

北尾根と南尾根の分岐がありましたが南尾根に進むと大岩ゴロゴロが続きます。
2403025.jpg 2403026.jpg

大きな屏風のような岩です。
横にステップが切ってあるのでロープクライミングが出来るのかしら?
2403027.jpg

そのまた横の大岩の下にザックが三つ。ここまで今日の足跡らしきものが無かったので
遭難??と心配しながら道はわからないけど山頂に向かいます。
2403028.jpg 2403029.jpg

強風で風景ガスって見えないけど山頂です。
ここで先ほど心配したザックの方たちだと思いますが足跡がたくさんありホッとしました。
足跡は山頂の反対側に続いていたので北尾根なのかな。
24030210.jpg

寒いので速攻奇妙山に向かいます。
ロープに掴まりながら激下りを進み鞍部でちょっと一息。
24030211.jpg 24030212.jpeg

登りに入ってから見えた尼巌山。あの急斜面下りてきたのね。
24030213.jpg

こちらはモサモサの雪があり途中に「もう目前ガンバレ」との札が。黙々と5分歩いたら山頂まで200m。
目前って50mくらい前だよねとブツブツ言いながら進むとまた「山頂目前ガンバレ」とあり
また5分で「山頂まで100m」の札が・・・余計に疲れる気が。
24030214.jpeg 24030215.jpg

山頂近くなってきたら美しい霧氷が残っていてくれました
24030216.jpg

途中の岩沢口からのトレースがありそのトレースに助けられながら山頂です。
そのトレースの方がお休みしていましたのでお礼を言い私たちもお昼にします。
24030217.jpg 24030218.jpg

登り時にチェックしていた高見岩を通ると「出来たら皆神山(みなかみやま)にも行きたいね」と言っていた
皆神山が手前にぽこっと見えます。でも山頂近くまで車で行けて15分くらいで山頂らしいのでパス。
24030219.jpg

こちら側にもイノシシ除けのゲートがありましたが扉が壊れ気味で開けるのに苦労しました。
そしてすぐに岩沢登山口、の横に駐車場がありましたが頑張って3台くらい。
24030220.jpg 24030221.jpg

朝停めたところまで車道を歩きます。岩沢口の標高が高いので駐車場が見えるので大丈夫。
アルプスを眺めながら、民家の梅を見ながら駐車場に着きました。
ガチガチの氷は何とか落とすことが出来ました・・・新潟に入ったらまた吹雪いているのかな
と心配しながら帰ります。
24030222.jpg 24030223.jpg

本日の距離:7.5km  時間:4時間9分  歩数:16000歩
ナビが別の道を案内して焦ったりしながら除雪車がたくさん出ていた飯山から栄村辺りは
道路に雪が全く無く太陽出て路面乾いている。
十日町辺りまで晴れていたけど小千谷に入ったら猛吹雪、見附に入ったら止みました。
いろんな楽しい経験が出来ました、ありがとう~
24030224.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
02 | 2024/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR