8月の石転び雪渓

梅花皮岳・烏帽子岳・北股岳 2000m・2017m 飯豊連峰 2015年8月3日(月)単独

飯豊山荘奥のゲート4:53-ダム5:19-出合6:57-梅花皮小屋9:27-梅花皮岳9:53-烏帽子岳10:13
-梅花皮小屋10:56~11:07-北股岳11:27-梅花皮小屋出発11:53-出合13:46-ゲート16:03

2012年6月3日西俣の峰から頼母木岳、6月27日足の松から大石、杁差岳
2013年7月に大日杉から地蔵岳。、飯豊本山
2014年7月20,21日祓川から疣岩、三国、飯豊本山、御西、大日岳
2014年7月30日石転びから北股、門内、地神山
と飯豊の新潟100名山も終わって飯豊連峰終わり~!と高らかに宣言したのに

”梅花皮岳と烏帽子岳がまだだよ”とどこかからぼそぼそと声が・・・。

一人で飯豊に行けるか不安でなかなか決心がつかなかったけど不安ながら今日行ってきました。
見なれたゲートをくぐり、温身平を過ぎダムに着くとここから登山道になりますがダム辺りは
特にアブが多くてたくさん刺されました。

ずっと左手方面には轟々と云う水の音と沢の音、遠くに梅花皮滝も見え音にも拍車がかかります。
また崩落している所もたくさんあり気をつけて通らないと危ないです。
15831.jpg 15832.jpg 15833.jpg

夏道だけになってしまったので2時間かかってやっと出合です・・・雪がありません~|)゚0゚(| ホェー!!
轟々と流れる川を石飛して渡ったり藪に入って進んだり、雪渓が無くなると夏道がないみたいなので大変!
藪もまだ草が生えていないので通れますがこれからは無理じゃないのかなぁ?
やっと雪渓~と思っても雪渓に登るルートも探さなければなりませんでした。

あとで梅花皮小屋の管理人さんから聞いたのですが「2.3日前女の人が川に落ちて流され3つ目の石に
掴まって助かった、けど一眼とスマホはダメになった」と教えてもらいましたが聞いただけで恐怖!
私は下のダムまで流される自信があります(ノд・。)
15834.jpg 15835.jpg 15836.jpg

とにかく気持ちのいい雪渓歩きです・・・所々亀裂が入ったり薄くなってはいますのでチェックしながら。
落石が怖いのでなるべく真ん中を歩きます。
15837.jpg

梅花皮小屋の下の大きな雪渓は姿を消していました、夏道で登れます。
登った所に小屋番さんが出迎えてくれたので挨拶して出合の川の事など雑談して梅花皮岳へと向かいます。
15838.jpg 15839.jpg

もぉ~花がすごくて進みません(≧∇≦)b
梅花皮岳への斜面、烏帽子岳への稜線、マツムシソウが枝いっぱいに咲いています。
ハクサンシャジン、ハハコグサ、イイデリンドウ一面花盛り。
でも梅花皮小屋に上がった時からガスで真っ白。御西など見ることができませんでした。

その間5人の方とスライド。
御西からの縦走者とこれから御西に向かう方・・・良いなぁ~、いつか行きたい。
158310.jpg 158311.jpg 158312.jpg

小屋に帰ってきてごはん食べ、前回北股まで20分くらいだったなぁと思いだし時間もあったの
で行ってみることに。

こちらも花畑が凄いんです!
マツムシソウは満開なのですがイイデリンドウがどこも蕾のまま?
小屋番さんによると先週が最高潮、もう終わりだからじゃないかなと言われ_| ̄|O

御西も見ることが出来なかったようだし烏帽子から御西の区間も歩かなくちゃ制覇とはいえないから
また来てねと言われ・・・宿題は終わらない(;へ:)
158313.jpg

イイデリンドウ、マツムシソウ、ハハコグサ
158316.jpg 158315.jpg 158314.jpg

北股から帰ってきたら小屋番さんが「門内小屋で水が無くなったとSOSがあったので
これから行ってくる」と水の入った大きなポリタンクを背負って行かれました。

帰り道雪渓は良いけど出合の川が怖いなぁ~と思いながら下山。
草付きで何人もスライド、皆さんこの時間だからお泊りね。
出合からの長い長い夏道を経てやっと飯豊山荘~、でした。
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR