尾瀬ヶ原初キャンプ

小至仏山~尾瀬ヶ原 2162m  2015年10月11日~12日(日・月)  mixi山岳会8名

10/10に山形鶴岡から以東岳に登り19:20に帰ってきてmixi山岳会のイベント
       
     「草もみじの尾瀬でキャンプしよう

に参加するため素早くごはん食べて風呂に入って準備して新潟からの4人は見附IC22:00集合。
戸倉を朝4:30に出発するため初めての前泊です。この日の朝1時起床だったので眠くて乗ったら即爆睡。
運転して下さったyouさん図々しくて申し訳ありませんでした。

戸倉駐車場に着いて(朦朧として時間は覚えていない)皆さんに挨拶して本格的に寝ます。

朝準備しますがここでカルチャーショック。
今まで日帰りばかりで、また一緒に行く人も日帰りで速い。こんなに大きなザックは見たことが無い!
またそこにドンドンドンドン中身が追加されていく!

若いRKさんのザックを持たせてもらったけど・・・( ̄□ ̄;)!!持てない。
私はシュラフがザックに入らなくて手に持っていこうとしていたがいつの間にかMZさんが
自分のザックに入れて持ってくれました。以後こんなことは絶対しません、スミマセン。

私のザックももうこれ以上は入らないと思っていたけどこうすればもっと入るからと隊長がテントを入れる。
皆さんの半分の大きさの30Lのザックでしたがまだまだ入ることを教えてもらいました。

残念ながら鳩待峠に着いても雨が止みませんでした。
ここから至仏山コースと鳩待通りコースに分かれます。
至仏山コースの3人はザックをデポして手ぶらで雨の中至仏山に向かいます。
1510111.jpg 1510112.jpg

雨で眺望は全くないのですが一瞬ガスが切れて燧ヶ岳と尾瀬ヶ原がくっきり見えます。
1510113.jpg

樹林帯の辺りは雨だけだったのですが森林限界超えると立っていられないくらいの強風!
その上蛇紋岩で滑る滑る!風にあおられながらやっと小至仏山に着きました。
1510114.jpg

至仏山まで30分とあるけどここからは強風と滑る蛇紋岩だけの道。
危険と判断して小至仏山で引き返します・・・下りも滑ってもっと怖い。
雨の中登ってくる方は結構いますがその中に生足の女性がw(゚ー゚;)wエッ!!
隊長が「ずいぶん軽装ですね」と声をかけていましたが私たちも水も持たない手ぶらで至仏に
登ろうとしているんだから人のことは言えません(^^;

反対側には笠ヶ岳がそびえています。
1510115.jpg 1510116.jpg

鳩待峠に帰ってみれば大型バスが沢山停まって添乗員さんの掛け声で準備運動しているグループがいっぱい。
私たちも豚汁(500円)を頂き山の鼻に向かいます。
1510117.jpg 1510118.jpg

尾瀬の至仏山や燧ヶ岳に登りに来たことはあるけど尾瀬ヶ原に足を踏み入れたのは35年ぶり。
その時のことは覚えていないので広い尾瀬ヶ原に圧倒されながら歩きます。
途中「竜宮現象入り口」という三方から水が入り込むだけで、その水はどこに?
かなり離れた所に水が出ていました。
1510119.jpg 15101110.jpg

小至仏に登って鳩待から山の鼻まで3.3km、牛首分岐まで2.2km、竜宮まで2.2km。
ただただ広い尾瀬ヶ原を黙々と歩いてやっと竜宮小屋。別コースのみんなはもうキャンプ場に
着いているかなと小屋の写真を撮ったら・・・(⌒▽⌒;) オッドロキー皆さんそこにいました!
15101111.jpg

竜宮からまた1.6km歩いてやっとやっと見晴らしキャンプ場です、遠かった~
燧小屋で手続きをしてテントを張ります。
私は持っていないので人から借りて女性二人で使います。
15101112.jpg 15101113.jpg

今夜のメインは芋煮。
大鍋にガスバーナー2つ並べて切ってきた材料を煮込みます。
作っている最中に御池から参加の方が持ってきて下さった大量のキノコと水餃子が
大鍋に加わって超豪華な芋煮の完成です。
寒さに震えていましたがビールと芋煮で何とか復活。

雪が降るんじゃないかと思えるほど冷え込み寒さの苦手な私は早めに寝ます。オヤスミナサイ
15101114.jpg 15101115.jpg

凍える朝、星が出ているよ~の声に目覚めます。
至仏山も朝もやの中浮かんでいます。

昨日の残りの芋煮にハンゴウで炊いたらメッコだったご飯を入れて増水です。
メッコはどう頑張ってもダメなんじゃないかと思っていたけど皆さんの知恵と経験で
美味しい雑炊が出来上がりお腹いっぱい食べて出発です。
15101116.jpg

雲ひとつない青空!
昨日がこんな天気だったら至仏山山頂まで登ったのに残念です。
東電尾瀬橋を渡り紅葉を見ながら外回りで思い思いに歩きます。
15101117.jpg 15101118.jpg

東電小屋に着きました、至仏山がくっきりきれいに見えます。
観光者用に歩荷の背負子が用意されていましたので背負って記念撮影(^^;
もちろん中身は空ですがこの高さの荷物を背負って運ぶのですから凄いです。
前日荷物を下ろした帰りなのでしょう、空の背負子を背負った方とスライドしました。
15101119.jpg 15101120.jpg

東電小屋を振り返ります。
草紅葉と青空の間に続く白い木道、本当に美しいです。
15101121.jpg

途中にある池塘から逆さ燧を眺めながらゆっくりゆっくり。
こんなにのんびり歩く山行きも新鮮です(*^_^*)
15101122.jpg 15101123.jpg

11日に歩いたのが青い線、12日が赤い線です。
鳩待通りコースは鳩待峠から富士見峠を越え竜宮小屋で合流でした。

私の「秋の思い出」

♪~秋が来れば思い出す 広すぎる尾瀬 遠いキャンプ場
雨風の中登りくる吹き飛ばされそうな小至仏山o(T^T)o

初めてのキャンプ美味しい芋煮 朝もやに浮かぶ至仏を眺め
青空の木道歩きだす 楽しいmixi山岳会~♪

15101124.jpg

今回参加させてもらって初めてのことばかりの”初前泊、初キャンプ、初テント泊り、初大鍋、初重量ザック”と
戸惑うことばかりの初心者を仲間に入れて下さってありがとうございました。

スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR