鉢ヶ岳制覇~!

鉢ヶ岳 2563m (小蓮華山・白馬岳)       2016年8月20日(土)   単独

蓮華温泉5:32-天狗の庭6:36-大池7:34-小蓮華山8:52-三国境9:28-白馬岳山頂10:02~10:33
-三国境10:58-鉱山道分岐11:26-雪倉分岐11:31ー鉢ヶ岳山頂11:55~12:06-雪倉分岐12:32
-鉱山道分岐12:39-瀬戸川仮橋15:04-蓮華温泉15:53

自宅出発1:42で駐車場着5:03
この時点で駐車場の空きは1台分(まぁ、皆さん色んな隙間に停めるんですけどね)
車の中から、青空に浮かぶ月を見ながら朝ご飯を食べ支度します。
1608201.jpg

蓮華温泉ロッヂの裏に登山口がありますのでそこから出発です。
ここから白馬岳を目指すのは2010年に2回、2012年に1回で4年ぶりです。

最初は暗い樹林帯を進みますがテンニンソウ、サラシナショウマ、ミヤマウイキョウなど花を楽しみながら
登り1時間ほどで視界が開け雄大な山々が見えるとそこは天狗の庭。
ここからは広い空を見ながら登るとまた1時間ほどで白馬大池です。
1608202.jpg 1608203.jpg 1608204.jpg

カラフルなテントが何張りかあり皆さん片付け中でした。

高度を上げて行くと真っ青な池がとても美しい・・・・と思えたのはこの辺りまで
いつも通り”稜線に上がるとガス”と言うお約束がここでも発揮されました。
ものすごい勢いでガスが押し寄せてきて船越ノ頭ではもう回り中真っ白~
1608205.jpg

風も強くなり吹き飛ばされそうになりながら回りじゅう真っ白な小蓮華山。雪倉方面も何も見えません。
皆さん風にあおられ細かい雨粒にも負けず黙々と山頂を目指します。

白馬岳山頂・・・今回も何も見えなかった
昨夜見た白馬岳の山天気はマーク1個だけ・・・なんでやぁ~
1608206.jpg 1608207.jpg

ものすごい勢いで雲が流れているので眺望を期待して皆さん崖側でスタンバイ。
サーッとガスが晴れて歓声が上がっても2秒くらいでまた真っ白の繰り返し。

一瞬に晴れた大雪渓と白馬尻小屋。
1608208.jpg

白馬山荘が見える辺りまで散歩したりしてかなりの時間休みましたが今回の目的は鉢ヶ岳。
とてもフレンドリーでずっとお話して下さった東京からの方とお別れして三国境に戻り
そこから雪倉方面にぐぐっと下り下山予定の鉱山道分岐を確認して雪倉巻き道分岐に着きました。

さてここから登山道をそれて左に向かいます。踏み跡があったのは最初だけ。
ガレ場で出来た山?と思えるカラカラと石が崩れる道無き山を登ります。

登り始めにあったクロマメの実・・・下り時に食べましたが甘くておいしかった
1608209.jpg 16082010.jpg

基本的に見える尾根伝い行けば良いかなと進みましたが途中大岩があったりして迂回する時は緊張!
写真を撮る余裕も無くこのなだらかな所は山頂手前。
道が無いのでハイマツなどかき分け・・・じゃ無く踏み越えて進みますが至る所にコマクサなど高山植物が
咲いていますので踏まないように要注意です。
16082011.jpg 16082012.jpg

ケルンが積んであるだけでしたが  新潟100名山92座目鉢ヶ岳取ったどー

お昼を食べふっと我に返ったら”どっちから来たんだっけ?”
片側は雪倉避難小屋からの道なので判りますが後はだだっ広くて判らなくなった

雪倉からの登りに対して90度右に行くのが正解でGPSが無かったら上りに対して
真っ直ぐに行ったんじゃないかな・・・油断しました

暫く歩いて山頂を振り返ったら雪倉からか一人立っていました。お話したかった~。
16082013.jpg

登る時は良いけど下りはガラガラと崩れる石に乗らないように這いつくばって下ります。
石に乗ったら下まで一気に!
16082014.jpg 16082015.jpg

鉱山道分岐への登り返しから見た鉢ヶ岳、凛々しいなぁ~
16082016.jpg

鉱山道分岐です。「H28.7.7 草刈りしました。レンゲ♨」と書いてありありがとうございます。
暫くはガレ場をジグザグに下ります。
16082017.jpg 16082018.jpg

最初の渡渉です。
ここをぐっと下まで降りて向こうに道が見えます。そこはちゃんと頭に入れていたはずなのに・・・

川を渡った途端にマークが石に書いてあって川下に誘導されます。
何歩か行って・・・あれっ?と振り返ると後ろに来たトレランの方が一生けん命上を指差しています。
私も気が付いたけど御心配かけましたm(_ _)m

渡ってから対岸を振り返ると上の道が切れていますがそこから河原まで気を付けて下ってくださいね。
16082019.jpg 16082020.jpg

分岐から2時間半近くダラダラと下りますがやっと瀬戸川の仮橋です~。
6年前に初めてこのコースを下った時は山のことは何も知らない(マークの意味もその時知った)
当然瀬戸川の橋は良く流されて架かっていないことがあるなんて知らない。
あの後また橋は流されたと聞き本当に架かっていて良かった、運が良かったとしか思えない。

橋を過ぎるとゴールはもうすぐ、木道なんて出てきたら足取りも軽くなります
4時前に蓮華温泉着。

昨年秋に工事していたトイレは色も明るいしとても綺麗になっていました。
16082021.jpg 16082039.jpg

登山道で出会った花を少しばかりですが上から、

トリカブト、ハクサンシャジン,タケシマランの実  
トウヤクリンドウ(一番たくさん咲いていた)チシマギキョウ、ミヤマアズマギク
イワツメクサ、タカネツメクサ、マツムシソウ
ミヤマアケボノソウ(鉱山道にたくさん咲いていました)、カライトソウ、トウチソウ
キヌガサソウの実(こんなに大きい実がなるなんて初めて知りました)、オニシオガマ、シナノナデシコ
16082023.jpg 16082024.jpg 16082025.jpg
16082026.jpg 16082027.jpg 16082028.jpg
16082029.jpg 16082030.jpg 16082031.jpg
16082032.jpg 16082033.jpg 16082034.jpg
16082035.jpg 16082036.jpg 16082037.jpg

本日の距離21.4km 時間10時間20分  最低高度1448m 最高高度2944m 累計高度(+)1992m
16082038.jpg

感想:トレランの方が増えたなぁ~。
    6年前単独で白馬まで登った時より30分も余計にかかった・・・膝の怪我もあるけど
    燃費も悪くなったし体力落ちたなぁ。自分を見て無理はしないようにしよう。
スポンサーサイト

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR