花に癒されに杁差岳

杁差岳   1636m   2018年6月15日(金)  単独

胎内ヒュッテ4:38-足の松登山口5:16-姫子の峰5:55-大石山7:53-鉾立峰8:30-杁差小屋8:58
-杁差岳山頂9:01-長者平9:09-杁差小屋9:23~9:40-鉾立峰10:10-大石山10:47
-頼母木小屋11:15~11:37-大石山12:06-足の松登山口14:34-胎内ヒュッテ15:15

前回登ったのは6年前、足のリハビリ中で恐る恐る登り鉾立峰で心折れた記憶が頭いっぱい占めて
なかなか行く気が起きなかったけど、先週天狗岳に登り凄くすご~く良かったんだけど
フラワーハンターモードにチェンジしている今どう~しても花に会いたくて花だったら飯豊かなと
やっと行く気に。
新しい花は期待できないけど終わりのハクサンイチゲは少しくらい見られるかな

奥胎内ヒュッテ駐車場に車を停め、このゲートからは工事関係者の車しか入れません。
ゲート横を抜け40分ほど歩いて・・・準備運動ですね・・・足の松尾根登山口着。
登山届のポストも用紙もあります。
1806151.jpg 1806152.jpg 1806153.jpg

登山口からちょっと進むとこのコース特有の松の根の道が始まります。

少し行くと大きな木が登山道を塞いでいます。
私はこの木の左側を進みましたがちょっと前に右側にう回路がありました。
1806154.jpg 1806155.jpg

次々と岩場や木の根が続き結構な疲労感。
1806156.jpg 1806157.jpg

やっと第一ポイント「姫子の峰」です。
パッと展望が開け飯豊の山々が見えてテンションアップですが、まだまだ木の根、岩場は続きます。
1806158.jpg 1806159.jpg

英三ノ峰を過ぎて残雪がありましたがそこにはなんと・・・カタクリとイワウチワが一緒に・・・
今までいろんな山を見てきてカタクリとイワウチワが同じ場所に咲いているのを見たことが無かった。
共生はできないという結論に達しましたが、もろくも自説が覆されました

一緒に咲いているのを見るのは初めてです。
18061510.jpg 18061511.jpg

ギンリョウソウやチゴユリ、シラネアオイやツクバネソウなど本当に花いっぱい。
ツクバネソウは秋になると羽根つきの羽根そのものですよね。
18061512.jpg 18061513.jpg
18061514.jpg 18061515.jpg

サラサドウダンと二王子岳。
いつも二王子からこちらを見ているけど、こちらからは振り向くとずっと二王子が見えています。
18061516.jpg

途中猿がずっとこちらをうかがっていましたが目を合わせないように「お願いどいて

今日は朝からヘリコプターが資材を運搬して行ったり来たり何往復もしていました。
後で頼母木小屋の管理人さんに聞いたら今日は年に1度の資材運搬日だったそうです。
18061517.jpg 18061518.jpg

ヒドノ峰、イチジ峰と通過して大きなポイント大石山1562mです。
分岐点になるので右に向かえば頼母木山、左は杁差岳。
18061519.jpg

頼母木小屋がはっきり見えます。

不思議なのは6年前は青空だったのに頼母木小屋も朳差小屋も私には全く見えなかった。
6年も経つと当時見えなかったものが色々とはっきり見えてくる。
大石山に立って、いろんな思いで立ち尽くしていました。チョットは成長したのかな
18061520.jpg

これから行く杁差岳、手前にある大きな鉾立峰がトラウマ~ 大丈夫かな。
小屋のすぐ後ろが山頂です。
18061521.jpg

鉾立へは本当に急なのですが上は見ないで下に咲いている花だけを見ながら進みます。
ハクサンイチゲは殆ど終わりです。横はイワベンケイ。
18061522.jpg 18061523.jpg

ミネカエデの花やイワカガミ、ハクサンチドリなど見ながら登るとやっと鉾立峰1573m。
18061524.jpg 18061525.jpg

鉾立峰を過ぎると懐かしい杁差岳避難小屋。
笹の葉がなぜかみんな白くなっていて小屋回りがちょっと白っぽい感じ。
全体がもうちょっと緑濃いはずなんですが。
18061526.jpg

小屋にザックをデポして山頂です。
結構早かったので長者平まで行ってみます。
前は池回りに花もあった気がしますしウジャウジャといたオタマジャクシも見当たらないので撤退~。
18061527.jpg 18061528.jpg

杁差岳小屋に戻ってお昼ごはん・・・にはちょっと早いけどお腹減っちゃったからゆっくり。
18061529.jpg 18061530.jpg

鉾立峰を越え大石山分岐を頼母木に進んだらツボミで残念だったけど凄い数のヒメサユリ。
もう少しでここはヒメサユリロードになります。

そして一昨年頼母木から見に来たハクサンイチゲのお花畑。
散ったもの、散り始めも多かったのですがまだまだ美しい、大満足
やっぱり飯豊のハクサンイチゲは素晴らしいとしばし見とれています。

ここで帰ろうかと思ったのですが11:30をタイムリミットに頼母木小屋まで行ってみます。
一昨年頼母木小屋から見た杁差岳は遠くて行きつける気がしなかった。
今回朳差から頼母木小屋までどのくらいかかるか調べたかったのもあります(1時間35分でした)
18061531.jpg 18061532.jpg
18061533.jpg

15分余裕を見て頼母木山避難小屋です。
今まで3人の方とスライドしただけなのでここにはたくさんの人が休んでいて、
管理人さんも笑顔で迎えて下さりたくさんの話をして元気に下山します。
18061534.jpg 18061535.jpg

大石山に戻りイチジ峰~ヒドノ峰~松の根の登山道を歩いてやっと登山口。
胎内ヒュッテまでクールダウンと考えて歩きます。
途中の橋の欄干。
工事の橋の欄干にはオシドリ、あさのはしにはキツツキ、
おおたるばしにはフクロウ、みなかみばしにはカワセミがデザインされています。
18061536.jpg

本日の距離22km 時間(休憩込)10時間36分 この日の歩数44603歩
18061537.jpg

胎内ヒュッテ日帰り入浴は16時までだったら600円で入れます。
今日は汗臭いのでここでお風呂を頂きました

ちょっと遅い時期に登ったのでハクサンイチゲは終わりでしたが
ピンクに膨らんだヒメサユリのつぼみ、ニッコウキスゲやマルバシモツケ、ウラジロヨウラクなど
たくさんのつぼみが咲く準備をしていました。
頼母木の小屋番さんの話ではイイデリンドウも咲き始めたらしい。

これからは本当に色んな花が咲き始めますので飯豊にお花見しに行きましょう

スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

さらばトラウマ〜

鉾立峰&朳差岳のトラウマがとけて良かったですね(^^)
これからはニッコウキスゲやヒメサユリが楽しみですね。
そう言えば今年はヒメサユリまだ見てません…
いそげいそげ〜

Re: さらばトラウマ〜

天狗で花に飢えてこれは飯豊しかない!
ログを取っていない朳差だなと決めて調べていたら
masaさんが行っていらして・・・ヨッシャァー頑張ろう!でしたv-411

飯豊は次々と色んな花が咲いて本当に楽しみですね。
もう暫くはフラワーハンターで行きます~~。
山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR