完了・一切経山~東大巓

一切経山・東大巓  1948.8m・1927m  2018年7月2日(月)  単独

浄土平4:59-酸ヶ平避難小屋5:36-一切経山6:04-家形山6:44-物見岩分岐(家形)7:02
-烏帽子山8:12-昭元山8:55-東大巓分岐9:46-東大巓10:01-東大巓分岐10:17
-谷内平湿原12:05-谷内平避難小屋12:18~12:25-姥地蔵13:51-浄土平14:36

昨年東大巓コースのチェック不足で家形から一切経山へ登り返した。
家形山の山頂はあの場所で良いとは思うけど杭があるらしい・・・見ていない。
秋に登った時、谷内平に行こうと思ったのに分岐を見落として行かなかった。

この心残りを解消するために行ってきました。

今日も青空の下ご機嫌よろしく蒸気を噴出しています。
でも浄土平に着いた時全体に朝もやがかかってしっとりしている・・・。
1807021.jpg

登山道に入ると前日も晴れていたはずなのに尋常じゃない朝露。
でもこの辺りは登山道広いので気にならずたくさんのお花を見ながら登ります。

シャクナゲ、イワオトギリ、イワオトギリアップ、ゴゼンタチバナ。
1807022.jpg

イソツツジ、マルバシモツケ、ツマトリソウ、ハイマツ、ミツバオウレン、マイヅルソウ、コケモモ、クロマメノキ
1807023.jpg

花を見ながら2人とスライド、5人追い越してあっという間に山頂です。
1807024.jpg 1807025.jpg

風も無く爽やかですが丁度五色沼の上にある厚い雲が動かず
今日一日は青い瞳にはならなかったんじゃないかな

ここから約8時間、誰にも会わずびしょ濡れになりながら黙々と歩きます
1807026.jpg

ミネヤナギ、綿がポワポワ。
このマルバシモツケの水滴、これからの藪全体に付いていて帰ろうかと思う位でした。
1807027.jpg 18070238.jpg

下に行くにつれてヤブヤブで水滴びっしり、靴もズボンも腕もびしょぬれ。
ストックで叩いても無駄、ソロリソロリと進むほかありません。
完全に晴れなので雨具は置いて来てしまいましたが雨ズボンがあればもう少し早く進めたのに失敗です。
1807029.jpg 18070210.jpg

家形山山頂(三角点がある場所)とここから見る魔女の瞳。やはりすっきりしません。
18070211.jpg 18070212.jpg

藪に濡れながら物見岩分岐・・・この暗い所に家形山の杭がありましたが
確かに家形山山頂とは書いてないが紛らわしい。
この杭に山頂の文字を入れて三角点のある所に置いてほしい。
18070213.jpg

これからずっと荒れた道が続きます。
乗り越えられないくらいの高さの倒木がたくさんあり下をくぐるのですが、
下がドロドロで膝も手も置けずかなり苦しい体勢でくぐります。
そしてずっとずっと暗く何も見えない森の中。
18070214.jpg

兵子(ひよっこ)分岐を過ぎニセ烏帽子山を過ぎやっと少し見渡せる烏帽子山に着きました。
横にも綺麗な道があって迷いましたがGPSを見れば真っ直ぐ、この岩の道を下ります。
18070215.jpg 18070216.jpg

またまた延々と暗い樹林帯の中を歩きお腹が減ったので眺望全く無い昭元山でおやつタイム。
誰にも会わないし延々暗いし花もゴゼンタチバナとマイヅルソウとハリブキ、ミツバオウレンだけ
びしょ濡れだしカメラも湿気でくもり、何で来ちゃったんだろうなと後悔しながら歩いていると。
18070217.jpg

パッと開けてきました
木道が出てきてコバイケソウがたくさん咲いてピンクのシャクナゲも咲き誇っている。
18070218.jpg 18070219.jpg

東大巓分岐を過ぎるとチングルマに会えました
飯豊では終わりだったから嬉しい。
18070220.jpg 18070221.jpg

今まで暗い森ばかりだったので開放感ハンパないやっぱり来て良かった。
18070222.jpg

ワタスゲは濡れてみすぼらしかったけど気持ち良い~~
進むと 東大巓 とあったので行くと・・・やっぱりここも藪の中の山頂。
西吾妻山も藪の中だったし・・・なんで
ここで休憩という気にならないので帰ります。
18070223.jpg 18070224.jpg

分岐に戻りドロドログチャグチャヤブヤブの道を通って谷内平に向かいます。
この時間になると朝露も無くなりヤブでも平気

シナノキンバイ、下の白い花はハタザオかなと思ったけど確定できませんでした。
イワイチョウ、真っ赤なガクウラジロヨウラク、カラマツソウ。モミジカラマツはまだ皆蕾でした。
18070225.jpg

そしてこのコースは渡渉がたくさん。
何度かクリヤして来たけどここでついにバランス崩してドボンジャブジャブ
足が疲れているのに水の中の石を見極めてリズム良くジャンプ・・・出来ませんでした。
18070226.jpg

谷内平湿原に到着~ワタスゲしかないけど、ひろぉ~い
18070227.jpg

東大巓と違って標高が低いのか木道に上がると太陽の熱が痛いくらい。
とても谷内平の途中でお昼が出来なかったので避難小屋まで進みます。

中に入るととても綺麗に整理してありお一人のザックが有りましたが
外の整備して下さっているのでしょうか帰ってこないので一人でお昼を頂きます。
18070228.jpg 18070229.jpg

ここからも露は無いのですが延々と樹林帯の登り。
道は泥池が続きついに1ヶ所、乾いていると思って足を置くとズブズブ~ドロドロ~

谷内平避難小屋が標高1485m、姥ヶ原の木道合流地点が1778m。
渡渉したり泥道に落ちたり暗い道をひたすら標高差300mほどを1時間半、登り返します。
姥地蔵さま(微妙な離れ具合)が見えたら姥ヶ原はすぐそこ。
18070230.jpg 18070231.jpg 18070232.jpg

樹林帯を抜けましたぁ~。空が広~い気持ち良い。
暫く歩いているとやっと他の登山者とスライド、寂しかったよ~。
18070233.jpg 18070234.jpg

ルンルンと浄土平に向かって歩きます。
18070235.jpg

今回は登らなかったけど途中から見えた吾妻小富士。

今までの心残りは無くなり、これにて一切経山完了
18070236.jpg

本日の距離 19km 時間 9時間37分 歩数 38000歩
18070237.jpg
18070240.jpg
スポンサーサイト

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

花いっぱいのロングコースでしたね!
谷地平湿原から見えている山並みが歩いたところですか?
いい雰囲気の場所ですね〜
ひっかかっていたモヤモヤがスッキリしましたね(^^)

Re: No title

谷内平から見えるのが歩いた山並ですが
良い雰囲気では全く、無いです(^^;

モヤモヤも無くなったし5回とも違うコースを歩いたし
もうここは卒業かな。
青い瞳か残雪期の寝ぼけた魔女の瞳は見たいですが。
山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR