阿賀・石戸から菱ヶ岳

菱ヶ岳  973.5m  2019年5月12日(日)  単独

石戸登山口8:20-野須張10:25-西山見晴どころ10:42-菱ヶ岳11:20~11:33
-西山見晴どころ12:04-野須張12:23-登山口13:52

昨日の疲れがばっちり残ってどうしようかなぁと思ったけど
ここまで晴れが続くと私の次の休みは雨のターンになっちゃう~
昨年野須張で会ったTJさんに教えてもらった石戸からどうしても登ってみたくて行ってみました。

今までR49で津川や福島に行く時、取上橋から見えるあの看板がいつも気になっていたんです。
ここから菱ヶ岳って想像がつきませんでしたが初めて左折してみました。
1905121.jpg

石戸集落で道が判らなくなり地元の方に聞いてやっと登山口にたどり着きました。
この道は通行止めロープが張ってあり道の膨らんだ所に4台くらい止められます。

先行者がいた~・・・ホッとしてロープの横に登山道がありますので入ります。
1905122.jpg 1905123.jpg

5分もしない内に分岐があり右に行くと大山神社があり中に登山届カードがあります。
熊が怖いので十分お参りしてさっきの分岐を左に行きます。
1905124.jpg 1905125.jpg

登山道脇にはワラビがたくさん出ていました。コシアブラは皆大きくなって残念です。
土から出る花は終わって木に咲く花になりました。
ふもとにはシャガやフジがきれいでしたがヤマツツジ、タニウツギ、ウゴツクバネウツギが満開。
1905126.jpg

綺麗な登山道で迷う所は無し。
暗い木の下を歩いたり開けて明るい所を歩いたりかなりアップダウンがあります。
1905127.jpg 1905128.jpg

宝珠山から登った時の爽快感は無く、疲れ果てて野須張です。
晴れが続いたためか飯豊も霞んではっきりしませんが前回歩きたかった縦走路に進みます。
1905129.jpg 19051210.jpg

こちらもかなりのアップダウンを経てTJさんお勧めの「西山見晴どころ」に着きました。
今までの疲れも吹っ飛ぶ美しさです。
これは菱ヶ岳方面、最後の登りがきつそうだな~と眺めます。
19051211.jpg

こちらは遮るもののない飯豊連峰。
19051212.jpg

もうチョット空気が澄んでいる時期だったらとも思いましたがいつまでも眺めていられます。
19051213.jpg

最後の登り、ゼーハーゼーハーで菱ヶ岳山頂に着きましたぁ
一週間前の残雪はすっかり無くなってブヨが大群で迎えてくれました

疲れたのでブヨに囲まれてそそくさと栄養補給して速攻戻ります。
皆さん五頭山までピストンの方が多いですが私は今日はここまで。

快適に縦走路を戻り最後は野須張への登り返し
19051214.jpg 19051215.jpg

朝と比べて霞が取れた感じがします。
19051216.jpg

下りは目線が上から下なので朝見なかった花も目に入ります。
ムシカリのようですが花びらがピンクで可愛い。
ユキグニミツバツツジやナナカマド、コブシ、ムシカリ、クロモジ?
19051217.jpg

ここも下に来ると新緑が気持ち良い。
ワラビを取りつつ落ち葉に滑りながら下山します。

登山口から1時間半ほどの所に水場があり帰りに寄ろうと思ったのですが
水もたくさん用意してあったので寄らない選択をしたのはちょっと残念でした。
19051218.jpg 19051219.jpg
19051220.jpg

昨日は収穫なしでしたが本日は山の恵みを頂いてきました。このくらいが丁度良い。

本日の距離:10km  時間5時間32分  歩数:21000歩
今回疲れが取れないまま登ったのでそう思うのか、野須張までは宝珠山からの方が
30分ほど長いけど気分的にはそっちが好きかも?
19051221.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR