お天気に泣いて笑った瑞牆山

瑞牆山(みずがきやま) 2230m  2020年9月5日(土) ツアー22人

瑞牆山荘11:13-見晴?11:48-富士見平小屋12:23-天鳥川12:56-山頂15:04~15:16
-富士見平小屋17:21-瑞牆山荘18:04

一昨年ツアーに参加して考えることが多かったので昨年は参加しませんでしたが
欲張るからいけないんだと悟り、名前に惹かれていた瑞牆山に参加してきました。
金峰山も近いけど欲張っちゃいけません。

朝5:20、近くの集合場所で乗り込み瑞牆山荘出発が11:13・・・自分で運転は無理です。
途中で、リンクでお世話になっているEchiさんも参加してくださったので楽しい一日になりそうです。
この時間に登るのは私たちくらい、皆さん下山してきます。
2009051.jpg 2009052.jpg

途中でパッと開けて瑞牆山の全容が凛々しく見えます。
富士見平小屋でお昼の予定でしたが天気の怪しいのでここでお昼にします。
おにぎり2個とウインナー卵焼き鶏唐揚げのお弁当を瑞牆山を見ながら食べ始めて

おにぎり1個食べたころ激しい雨が
お昼過ぎから雨の予報でしたが早過ぎない
弁当かたずけて雨具着ている間にビショビショになりました。
2009053.jpg

富士見平小屋に着いた頃止んできたので上着だけ脱いで休憩です。
小屋の周りにはマルバダケブキがたくさん咲いていましたがほとんど終わり。
2009054.jpg 2009055.jpg

小屋の食事はお高いけれどここで食べると特別に美味しいのかもしれませんね。
2009056.jpg

ここから川に向かうのでかなり下ります。
花はあまりなく八ヶ岳のような苔のある風景が美しいです。
2009057.jpg 2009058.jpg

天鳥川(あまとりがわ)です、水がとてもきれい。渡渉になりますが石がたくさん出ているので大丈夫。
2009059.jpg

対岸に行くと桃太郎岩があり休憩します。
石割山の石のように真ん中を通れるのかなと近くに行きましたが向こうまではいけませんでした。
20090510.jpg

ここを出てしばらくしたらまた激しい雨、休んだばかりだけど時間を取って雨具を着ます。
ここから結構危ないところも出てくるのに雨が激しくて隊列が乱れたりして時間がかかります。
時間より安全第一ですからね。 控えめに咲いていたタカオヒゴタイ。
20090511.jpg 20090512.jpg

そびえ立っています大ヤスリ岩。
晴れた日にはここをクライミングする方たちもいるそうです。
20090513.jpg 20090514.jpg

登っていくと見ているだけでも怖いです。
20090515.jpg

やっとやっと一枚岩の山頂です。
あれだけ激しかった雨もやみ真っ先に雨ズボンと上着を脱ぎ棄て岩の上を回ります。
時間もだいぶ過ぎているのでガイドさんもハラハラだったでしょうが
快く一人一人の写真を撮ってくれました。
20090516.jpg 20090517.jpg

反対側は断崖絶壁。
先ほどの大ヤスリ岩が異彩を放っています。
20090518.jpg

遠くに八ヶ岳が見えていました。
近くの人は朝早く登って山頂でゆっくりするのでしょうが12分くらいしか時間が無いので
Echiさんと写真を撮りまくり。もっと居たかったけど晴れてくれただけありがたい。
雨の中雨具を着て山頂に立って、と考えると泣けてきますもの。

ヤッホー! 見晴らしの所と山頂だけでも晴れてくれてありがとう
20090519.jpg

登りでかなり押してしまったので帰りはガンガン下るだけ。
瑞牆山荘に着いた時はもう薄暗く、
ツアーバスがあるところの川上村に着いた時は真っ暗(道が狭くて乗り換えた)
コロナで温泉は無し、夕飯時間も取れなくてSAで夕飯買ってきてバスで食べる。
でドライバーさんも頑張ってくださって私の降車場所に着いたのは24:02.
これから中条までの方もいるので25時は過ぎるでしょう。

ドライバーの方、ずっと心配してくださったガイドさんありがとうございました。
私は次の日7時に自宅を出て仕事です、眠気で失敗しないように頑張ります
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

No title

さあこさんは、翌日朝早くから出勤だったのに早いアップで
どれだけ仕事が早いのかといつも感心するばかりです。
本当に雨には降られたけれど、山頂ではあの眺望。
高度感もバッチリで山登ったぞー♪みたいな充足感♪
もっと山頂でゆっくりしたかったですね。
また今度!
次回もよろしくお願いしますm(_)m

こんばんは。
テレビで見て名前は知ってる瑞牆山。なかなか怖そうな山ですね(((^_^;)

序盤大雨だったのに山頂は晴れ!
ツイてますね(゜∇^d)!!

知らない花もある、有名なんでしょうか。

ツアーってどんな感じかと思ってたけど、やっぱり強行ですね。
以前尾瀬に行った時も滞在時間は少なかったです、弁当食べて即戻りました。
でもリンクのお友達と楽しそう!
良かった良かった(^-^)v

Re: No title

お世話になりありがとうございました。

よく考えたらお昼もバタバタでよく食べられず
休憩時間も弁当広げられるわけじゃなく
山頂では写真撮るので精一杯(足りないくらい)
で、食べる時間ってなかったですね。
下りの天鳥川でおにぎり頬張ったら…ジャリッとv-404

そんなこんなでも晴れた山頂での風景を見たら”行って良かった”でした。

Re: タイトルなし

ずっと晴れが続いたのに私が行く日だけは雨なのねv-406
がっかりしながらの登りでしたが山頂晴れたのでオールOK!

強行というよりはそういう遠くて自分一人では行けそうもないところの
日帰りコースばかり選んでいるからだと思います。
近かったりお泊りだったらもっとゆっくりなんですけどね。
今まで5回参加していますが4回は雨具装着・・・1回は降らなかったけどガスガスの一日。

ダケブキはよく見ますしタカオヒゴタイはホクリクトウヒレンのような花ですし
花に関しては期待はできないです。
山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
12 | 2023/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR