雨飾山・念願の糸魚川から

雨飾山  1963m  2022年7月24日(日)  単独

雨飾山荘5:53-一ぷく処6:50-中の池7:35-小谷と合流8:19-山頂8:44~9:27
-小谷と分岐9:58-中の池10:32-一ぷく処11:07-雨飾山荘12:02

雨飾山の糸魚川ルートは2011年に膝にまだボルトが入っている時登ったのですが
まだスマホは持っていなくてログが無い。
その後小谷から夏、秋、夏と登って糸魚川からのログが欲しいなと思っている時の2年前
mixi山岳会で糸魚川から登る予定が台風で中止。

雨飾山のメインは小谷からのようでこちらからは登る人が少ない。
熊にも遭ったことがあるし怖いなと思いつつ日曜だったら大丈夫かもと行ってきました。
11年前は小谷まで行くなんて思いつかなかったのでこれを見た時嬉しかったのを覚えています。
2207241.jpg

雨飾温泉雨飾山荘です。
中でトイレを借り登山届を出して横の三角の建物前から登山開始。
2207242.jpg 2207243.jpg

しばらくはうっそうとした中を行きます。
登山道両側にはヤマアジサイと角田では希少な花だよと教えてもらったクサアジサイが
たくさん自生して咲いていました。
2207244.jpg 2207245.jpg

薬師尾根に上がったらちょっと開けてきました。
2011年に登った時「笹平までこちらには一切太陽が当たりません」と書いていましたが
訂正させていただきます(^^;
あの時は10月半ばで太陽が低くなって当たらなかったのかもしれません。
今日は太陽当たって明るく・・・暑いです。

両側びっしりのアカモノの実が星形にくっきり白くなっていて可愛い
2207246.jpg 2207247.jpg

ノギランとたくさん咲きだしたハクサンオミナエシ。
2207248.jpg 2207249.jpg

ロープあり梯子あり、ほとんどゴロ石と木の根の急登です。
登りはまだいいのですが雨上がりの今日は下りが大変なのでした。
22072410.jpg

一ぷく処で隣の尾根を見ると、私じゃなくて残念でしたが木のブロッケン現象。
だんだん大きくなって消えていきましたがずっと見とれていました。
22072411.jpg

オオレイジンソウが咲き初め、サンカヨウは大きな黒い実になっていました。
22072412.jpg 22072413.jpg

駒ヶ岳、鬼が面、鋸岳の海谷三山がくっきり。
三山縦走したのは大きな思い出で見る度にあの楽しさを思い出します。
22072414.jpg

ノウゴウイチゴの実は石垣栽培のようにぶら下がっています。
こちらはあまり花も無く咲いていた花もみんな実になっていたので苔を愛でてみます。
いろんな苔があり結構可愛いんですよね。
22072415.jpg 22072416.jpg

やったー!やっと小谷ルートと合流です。
糸魚川ルートも結構たくさんの方が登っていて安心でしたが小谷からは何倍もの方が歩いています。
ここを過ぎるとお花畑、色とりどりのお花が・・・一番好きなキバナノカワラマツバ。
22072417.jpg 22072418.jpg

途中の青空が嘘のように真っ白ですが一面マルバダケブキ、アザミ、ハクサンシャジンなど。
22072419.jpg

マルバダケブキは今が一番咲いています、山頂近くのイブキジャコウソウ。
最後の急登に花がたくさん咲いているのですが登る人下りる人で大混雑。
ピストンなので下山時にゆっくり撮ろうと思い山頂に向かいます。
22072420.jpg 22072421.jpg

山頂は大混雑ですが全方位真っ白、双耳峰の向かいもサッとガスが取れた瞬間。
そして風も強くて寒いです。私も上着を着て温かいラーメンを食べます。
皆さん上着を着ていますが上着を持ってきていない方は半袖で寒そうです。
22072422.jpg 22072423.jpg

眺望は無理かなと腰を下ろしていたのですがワァーという声で笹平を見ると
女神さまが写真5枚くらい撮る間、微笑んでくれました。ありがとう
頑張ってアルプス方面が晴れるのを待ちましたが無理そうなので下山します。
22072424.jpg

下山は花を撮りながらゆっくり。
昨年と同じころなので同じくらい花が咲いているのですが晴れとガスではやはり花が映えないですね。
でも目で見る花々は美しい。
22072425.jpg

お花畑の中から少し紹介します。
クガイソウ、イワオウギ、イワオウギが種になったのは初めて見ました。
カンパニュラみたいに膨らんだツリガネニンジン、オタカラコウ、シロバナグンナイフウロ。
草原に濃いピンクが映えるシモツケソウ、ピンクのシモツケソウ、ハクサンフウロ。
22072426.jpg

ヤマハハコとまたまたキバナノカワラマツバ。
このほかにもウツボグサ、ハクサンサイコ、ウイキョウ、ハクサンシャジン、オンタデ等々。
22072427.jpg 22072428.jpg
22072429.jpg

名残惜しく分岐から下山します。
キヌガサソウはちょっと遅く緑になっていましたが登る時沢の奥に白い花が見えていたので
下りで無事白い状態のキヌガサソウに会えました。
登りで見落としていたタマガワホトトギス。中の池辺りにたくさんのツボミがありました。
来週頃かな~あのあたり両側満開になるでしょう。
22072430.jpg 22072431.jpg

下山して集計を見た時、距離6.7kmで6時間7分??なんでこんなに時間かかってん??
思い出したら土の道がほとんどなく苔むした石や木の根が雨上がりで濡れて滑る滑る。
本当にそろそろ、ポテポテと慎重に歩いていました。
11年前は大変だった記憶が無いので晴れていて道も乾燥して大丈夫だったのかも。
でも膝がまだ曲がらない時だったのに石で滑って膝を強制的に曲げて泣いた思い出が。

登山口まですぐの所にお地蔵様?
朝お参りして行けばガスが晴れたかなぁ~、でも無事に帰ってこれたので(-m-)” パンパン
22072432.jpg 22072435.jpg

本日の距離:6.7km  時間6時間7分  歩数:18000歩
   ※小谷ルート2020/10/28 距離:8.1km 時間:5時間8分 歩数20000歩

やっと糸魚川のログが取れたしこれで完了(両方のルートを載せてみました)
やっぱりアルプス方面の山々を山頂で堪能したいなぁ~、その時はやっぱり小谷から?かな。
22072434.jpg
スポンサーサイト



テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

コメントの投稿

非公開コメント

雨飾山
いい感じですね
晴れてたら
もっと素晴らしいんでしょうね
お疲れ様でした

私もいつになるかは
わかりませんが
行ってみたいです

ほかやんさんへ

新潟で山に登っていたらいつかは登りたくなる山です。
紅葉の時期も素晴らしいですが花を見るんだったら7~8月ですね。

小谷からだといろんなチェックポイントがあって楽しめます。
山頂から片側は海谷三山や金山、反対側は白馬岳を中心に
アルプスの山々(雪があると尚良し)が広がっています。
いつか・・・楽しみですねv-410

No title

さあこさんは雨飾山だったのですね。
暑い日でしたよね、お疲れ様でした。
昨年念願の雨飾山登山かなって見たお花畑を思い出します。
どこの山が一番?と聞かれたら7月の雨飾山と答えるかも!
今回は糸魚川のほうからだったのですね。
雨飾山荘下見み行きましたね、鄙びた山荘でしたが良い雰囲気でしたね、秘湯にも入ってきましたか?

Echiさんへ

小谷からと比べると距離が短く雨上がりじゃなければもう少しCTは短かったかも。
でも花、と言うと小谷からが断然多いです。
その上今年は荒菅沢の雪渓がまだ残っているみたいでしたので行きたかった。

雨飾山、両方から登った。あとは平ヶ岳、次はバスが出て欲しいなぁ。
あと心残りは飯豊の烏帽子岳から御西間歩いて無いけど泊り・・・。

あの温泉ダントツで好きなんですけど今回寒いくらいでしたので
そのまま帰ってしまいました。
あそこまで行くのも大変なのにもったいなかった。
Echiさんも武尊山お疲れさまでした。
山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR