mixi女子部で白毛門

白毛門  1720m      2017年12月3日(日)  P&TY&さあこ

白毛門登山口6:17-松ノ木沢の頭9:11~9:30-山頂10:25~11:41-登山口14:43

Pさんとは昨年も同じ日に谷川岳に登り今年もどこかに登ろうと話していましたが
丁度TYさんも休みで一緒に行けると言うことでTYさんのリクエストで白毛門に

今回は隊長のPさんが事前に色々調べて下さったり装備の確認をしたり時間の予定を立てて下さり
本当にご苦労をおかけしました。
長岡インターの駐車場で合流だったのですがナビも目的地周辺ですと放置されて辿り着かず
グルグル4回まわって"もう無理っ!”っと出口から無事?駐車場IN(^^;ゴメンナサイ
無事合流してTYさんの車で白毛門に向けてGO

着いた時はまだ真っ暗だったのですが支度している内にヘッデンは要らないくらいになったので
気合を入れて出発です。

登り始めて、だんだん明るくなって周りが見えてくるとびっくり・・・雪がありません
事前に調べた時は結構な雪があったのですが融けちゃったのかな、行ってみればまるで晩秋。
落葉踏みしめ木の根、岩ゴロゴロの道を行きます。
1712031.jpg 1712032.jpg

さすが群馬県、大きく育った霜柱が両側にo(^▽^)o 新潟県人あるあるで触らずにいられません。
子供の頃霜柱なんて見たことありませんでしたもの、すぐ雪が降るので。
1712033.jpg 1712034.jpg

樹林帯を抜け松ノ木の頭に来ました。
天神平が良く見えます。スキーコースには雪があるけどもうチョットなのかな。

谷川岳は荒々しく美しい。
かなり前の段階からずっと左側に見えてワクワクしながらの登りでした。
谷川岳はかなりの積雪なのでBCスキーやスノボの方はいたのかな。
1712035.jpg 1712036.jpg

ここまで来ると山頂は見えますが・・・雪が無ぁ~い
でもここから急登が続くので安全の為アイゼン装着。
1712037.jpg

バックに青空の谷川岳を従えて、気持ち良い~~
1712038.jpg

これがなんていう植物かわからずごめんなさい。岩場の陰に咲いて??いました。
この辺りから冷えてきて枝に付いた氷がキラキラ
1712039.jpg 17120310.jpg

山頂で~す
新潟mixi山岳会 プチ女子隊・谷川岳に向かって  おぉ~!
女子と言うには図々しい奴が一人混じっていますが(^^;
17120313.jpg

朝日岳と笠ヶ岳。遠くにトレースが見えました。

本当は笠ヶ岳まで行ってみるかなぁ~なんて計画を立てていたのですが
気持ちが良いしここでゆっくりしましょうと言うことで
写真いっぱい撮ったり他の登山者の方たちとお話したり。
一人じゃこんなにのんびりできませんものね
17120311.jpg 17120312.jpg

下山時のジジ岩とババ岩。
下りてくると雪も全く無くなり落葉踏みながらうららかに下山。
17120314.jpg 17120315.jpg

ピッケル、ワカンと用意して行ったのに雪が無くて残念だったけどとても楽しい一日でした。
TYさん、疲れていたのに帰りの運転ありがとうございました
夜新潟に帰ってきたら雨が降っていました。

気温的には新潟より冷えているのかもしれませんが青空は良いですね~

17120318.jpg 17120317.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

熊の恐怖・粟ヶ岳

粟ヶ岳  1292.7m      2017年11月28日(火) 単独

駐車場6:40-貯水池ポスト7:04-三合目7:48-七合目避難小屋9:49~10:05-山頂11:33~11:50
-七合目避難小屋12:40~13:00-貯水池ポスト14:42-駐車場14:54

ぽっかりマーク1個だけ輝く28日・・・休みだ~~
二王子に行きたかったけど山天気は午前中は芳しくない。
近間の粟ヶ岳に権ノ神岳の様子も見ながら登ってみることに。

12月過ぎても権ノ神に回ったこともあるけど五頭山の雪の状態を見ると難しそう。
取りあえず第一水源地に車を停めて歩いて第二貯水池に向かいます。
1711281.jpg 1711282.jpg

登山口から登山道は雪に覆われていました。
ここも急な降雪で落ち葉が雪の上に綺麗に散っています。
1711283.jpg 1711284.jpg

この日は快晴なので雪はガチガチ。
ここまで”いつアイゼンを付けようか、梯子場もロープ場もあるし”とばかり考えながら登りましたが
登り初めて40分、三合目に行かない場所でアイゼン装着します。ツルツルですもん。
1711285.jpg 1711286.jpg

長いロープ場を登ると凍みた雪を踏み抜いた先行者の足跡がありました。
左足怪我したのかな?・・・ん・靴履いて無い

小動物は雪の上をトコトコと踏み抜くなんて無い。
私くらいか私より重い、今歩いたように真新しい足跡の上に怪我してる
この辺りから立ち止まっては鈴を盛大に鳴らしまたちょっと歩いては立ち止り鈴を。
引き返そうかな~とちょっと思いました。
1711287.jpg

道をそれてどこかに行って欲しいけど熊は延々と登山道を歩いて行きます。
ドキドキしながらもうすぐ避難小屋と言う所で登山道脇の雑木が雪で倒れて道をふさいでいる所で
左側の斜面に下りて行きました(´▽`) ホッ

でも私もここは難儀しました。
両脇に通れるほどの余裕はないし枝が下に向かっているので避けるのも大変。
山頂も諦めたくなるような疲労感で避難小屋到着。
1711288.jpg 1711289.jpg

ちょっと休憩してここからワカン装着。
ここから見る北峰への登りは気力がそがれます。
17112810.jpg

少し行くとノ―トレースになるのでルートはお好みで
北峰から見る一本岳、いつか山頂からピストンしてみたいけどあの急登登れるかな
権ノ神への分岐「七頭」もわからないし崖になっていたので春まで無理ですね。
17112811.jpg 17112812.jpg

最高の青空に浮かぶ飯豊連峰と守門岳。
守門の雪庇は来春こそ頑張ります
17112821.jpg

山頂には下田からの方のワカンの跡がありましたがこんなに遅いんですものもう下山していました。
誰も登ってこないので自撮りしたりラーメンを食べながら下田から誰か登ってくるかな~と見ていたら
すぐ下の登山道にお一人登ってくるのが見えました。
もう少しだから待っていようかな~とカメラを望遠にしたら  でした~

山頂に向かっている((((;゚Д゚))))))) 
あわててラーメンを流し込み荷物をザックにしまい速攻下山しました
本当はラーメン捨てたかったけど春に麺とかが散らばっているのは嫌ですものね。
17112815.jpg 17112816.jpg

登りは良かったのですが下りは暖かく雪が緩み全踏み抜きの下山でした。
小屋でお一人休んでいましたし小屋で引き返した方もいました。
小屋でツボ足の人が踏み抜いた跡がありましたが腰の辺りまでの穴が開いていました。

暫くはワカンで下りたのですがそれでも一足ごとに膝上まで・・・抜けなくなるし何度前のめりに転んだか
そのたびにペットボトルがコロコロ~。ハイドレーションにしないとです。

五合目辺りでワカンを取ったのですがスノーシューが良かったのかな~。
急ぐとズボッ、ソロソロと行ってもズボッ。ツボ足の前の人が踏み抜いた深い足跡に足を入れて進むが一番。
降った雪が踏み固められない内に新しい雪が降ったので土の所まで踏み抜くんですね。
17112817.jpg 17112818.jpg

山頂から池が見えたので貯水池かな、水源地かなと下山して見上げたら
大きい駐車場のある第一水源地から山頂が良く見えました。
17112819.jpg

車でちょっと戻った加茂の集落からの粟ヶ岳

熊を本当に身近に感じた粟ヶ岳でした。
下田からの方が熊に出遭わなかったか心配していましたが
帰ってからヤマレコを見たらその時間薬師まで下山していて一安心。

距離11.4km 時間8時間05分ー登りの避難小屋まで倍はかかりましたもの。
17112820.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

今年の初雪・金城山

金城山 きんじょうさん  1369m  南魚沼市  2017年11月6日(月)  単独

駐車場9:04-滝入・水無分岐9:09-五合目10:18-避難小屋11:35-山頂広場11:50~12:05
-雲洞との分岐12:41-五合目13:12-滝入・水無分岐14:19-駐車場14:24

裏巻機に行った時書きましたがこの山はもう一度行ってルートを確認してみたかった。
私にしては珍しく休みが晴れましたので速攻

2014/5は観音山コースを行きましたが反対側五十沢から水無コース~滝入コース周回にしてみました。
着きあたりの駐車場には3台停まっていました・・・もう9時ですものね、遅すぎる!
登山口はちょっと戻るのが正解でしたが軽トラの方に進んでしまい藪こぎで上の道の出られました(^^;

5分くらいで分岐に差し掛かりますので左側、水無コースに。
何本もの渡渉がありますが水が少ない時期でラッキー
1711061.jpg 1711062.jpg 1711063.jpg

二合目過ぎると尾根道になりますので素晴らしい紅葉を見ながら登ります。
1711064.jpg

前回も素晴らしかったけど今日も全山紅葉~
1711065.jpg


1711066.jpg

紅葉も素晴らしいのですが結構な急登が続きます。
一番緊張したのがここのトラバース。濡れているし鎖も微妙で渡り終えたらホッとしました。
1711067.jpg 1711068.jpg

ずっと越後三山がキレイに見えています
1711069.jpg

八合目辺りから登山道に雪が残っています。
私は今年初めて雪に触りました~ これから嫌んなるくらい触るんですけどね~。
17110610.jpg 17110611.jpg

避難小屋を過ぎると見えてきました山頂広場。
金城山の山頂は避難小屋手前らしいですが何もありません。
此処かなと思って写真にとっても"どこここ?”状態です。

ここから見るとワクワクです
17110612.jpg

山頂広場の手前の岩に上がってみます、高度感半端ありません。
後は横の岩の上がゴールです。
17110613.jpg 17110614.jpg

一応山頂杭はありますが文字は消えていたので巻機山とジジ君で山頂広場~。
ここでお昼にします。後ろは切り立った崖なので落ちたら終わり
17110615.jpg

下山は途中まで観音山コースで。
前回は残雪でめちゃくちゃなコースを歩いたのでここは歩いていないのですが
急な下りが続きスピードは出せません。
観音山コースと別れて滝入コースに入りますが鎖、クサリの連続です。
17110616.jpg 17110617.jpg

こちらも紅葉は素晴らしいのですが鑑賞できるのはこの辺りまで。
17110618.jpg

この滝辺りから登山道グチャグチャ、渡渉が次々。
17110619.jpg 17110620.jpg

このコースで一番はここ。
梯子が壊れているので隣のロープで下りた・・・ええっと?・・・横を良く見ると
ロープがいくつかぶら下がっています。
水でビショビショでヌルヌルのロープに掴まり下りながらのトラバース。
その後も写真を撮る余裕も無く川を下り渡渉を繰り返してやっと朝通った水無との分岐に出ました。
17110621.jpg 17110622.jpg

舗装された林道を下って行ったら・・・(^^;ここが登山口。登山届ポストもありました。
ポストが無いので紙をボンネットの上に置きましたが皆さんはここから登ってくださいね。
17110623.jpg

本日の距離7km 休憩込の時間5時間19分 
岩や登山道がぬるぬると滑るため平均速度がまさかの1.3km/h
17110624.jpg

※2014年5月11日に観音山コースを登りましたがこちらのコースも面白かったので。

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

ナメコの戸倉山~海谷渓谷

戸倉山~海谷渓谷 975m  2017年10月28日(土) 新潟mixi山岳会10人

登山口8:10-白池9:20-山頂10:44-登山口12:10
-三峡パーク13:00-海谷高地14:30-三峡パーク16:00

今回のイベントは29日(日曜日)に海谷三山(鋸岳~鬼が面山~駒ケ岳)縦走の予定でした。
駒ケ岳と鋸岳は登ったことがありますが真ん中の鬼が面山まで行ったことが無く、ましてや
三山縦走なんて一人では出来ないので真っ先に参加表明してとても楽しみにしていました。

時間のある人は前日戸倉山にナメコ採りに行きましょうと言うことだったので
休みを取って28日朝から参加。
残念なことに台風が迫ってきていて土曜日は風がかなり強いけど雨が降らないので元気に出発。

紅葉まっ盛りの白池~角間池・・・そろそろナメコを探してキョロキョロ
1710281.jpg 1710282.jpg

山菜やキノコ採りのプロのような方はもうどこに行ったのか見えません。
私たちはのんびり登山道脇をキョロキョロして紅葉を楽しみながら登ります。

そんなにのんびりしていてもこんなにたくさんのナメコ ゲットォーこのくらいの大きさが良い。
1710283.jpg

ナメコ採りが目的だったので山頂はパス、の予定だったけど紅葉が美しすぎて
やっぱり山頂からのアルプスを見て見たいとナメコ採りで見えなくなった2名を置いて
山頂に向かいます。

山頂から見たアルプスは真っ白でとても綺麗でした。
17102826.jpg

手に収穫したナメコを持った女性群集合~
下山途中で全員合流して美しいぶな林を下ります。
1710285.jpg 1710286.jpg

次の日、海谷渓谷に行く人達の為に海谷高地まで下見に行くので三峡パークまで
時間も遅いので別パーティで来ていた山岳会の方とのお話もそこそこに出発します。
1710287.jpg 1710288.jpg

私が海谷高地まで行ったのは2009年10月23日。その時渡渉が大変だったなぁと不安でしたが
あれから8年、良くなっているんじゃないかな~という期待は外れそのまま・・・
いやもっと悪くなっていた

最初の渡渉は橋があったと思ったけど流されていた。
ここは長靴が良いかな、後バランスの為ストックがあった方が良いと思う。
次に長い梯子を下りると一番の難所・・・。
1710289.jpg 17102810.jpg

大きな岩がたくさんあって周りは深い。
前に行った時は違うルートで石にステップの突起が付けてあったけど剥がれていて
通れなくなっていたので矢印に従って進んだけど本当に大変でした。
水の勢いもあるし慣れていない人は難しい。
17102811.jpg 17102812.jpg

ここを過ぎて暫く進むとやっと海谷高地。
越後の上高地と呼ばれていますが広々として開放感たっぷり。
17102813.jpg
17102814.jpg 17102815.jpg

海谷高地からちょっと下った所で遅れて参加した人が急いで高地まで行ったので
ここには写っていませんが展望デッキにてみんなで記念撮影。
17102816.jpg

夕飯は午前中に採ったナメコでなめこ汁です。
台風で風もそんなに無かったのですが雨が降ってきたので屋根のある炊事場で楽しく宴会

翌日は大雨の予報になったので海谷渓谷に行く予定の人たちは皆さんキャンセル・・・残念。
雨が激しくなってきたので私はテントを出さないでMy軽で車中泊・・・狭いけどおやすみなさい
17102817.jpg 17102818.jpg


おはようございます
雨はポツポツ、千丈が岳前にはガスが湧いたり消えたりととても幻想的。

この雨では鎖の多い岩場続きの縦走は危険と判断してメインイベントは中止。
帰るのももったいないので雨飾山荘のお風呂に行くことに。
17102819.jpg

ほんん・・・・んとうに紅葉が美しい
山全体が真っ赤に燃えていました。
17102820.jpg

雨飾山荘でお風呂に入るのは5回目、本当に大好きな温泉なのです。

お風呂から出ると皆さん「はんごろしラーメン」で盛り上がっていました。
全部食べると金百円の贈呈式を盛大にやると書いてあり男性陣は挑戦。
17102821.jpg 17102822.jpg

辛そうなラーメンでしたが汗をかきながら皆さん完食
17102823.jpg 17102824.jpg

百円の贈呈式とこのような認定証(名前は自分で書いてね)
そして20年後にはんごろしラーメンの御招待があるそうなのでまた20年後元気に来なくちゃね
管理人さんが言うには、雨飾山に登った一番の年配者は93歳、次が87歳

負けずに頑張りましょうね~~~
17102825.jpg

テーマ : 散策・自然観察
ジャンル : 趣味・実用

大力山~笹倉山~鳴倉山周回

大力山・笹倉山・鳴倉山 504m・907m・579m 2017年10月21日(土) 単独

宝泉寺登山口8:36-大力山山頂9:18-黒禿の頭10:34-車道10:38~10:41
-笹倉山山頂11:05~11:29-黒禿の頭11:54-駒の頭12:52-トヤの頭13:15
-鏡ヶ池13:40-鳴倉山13:48~14:00-八色線登山口14:42-宝泉寺14:52

シフト作成者のミスで19日から4日連休になったけど台風が迫っていてずっと天気が悪い。
かろうじて土曜日は降らないかも、でも高い山は分からないな~と言うことで里山縦走してきました。
小出には3年ほど楽しく暮らしたことがありましたが山はやっていなかったので
八海山なども見たことが無かった。
当然このような里山は全然

里山も良いけどピストンはもったいないと考え、縦走出来る山を考えた時丁度良い。
集落に入ってお寺様と言うと奥まった所にあるので探したらすぐに見つけました。
境内に車を置いて良いか聞こうとインターフォンを鳴らしたけど誰も住んでいないらしいので
隅っこに勝手に・・・ごめんなさい。

登山口はすぐ横にありました。
支度をしていたらお二人登って行ったので後ろに着いて行きます。熊が怖かったので心強い。
途中のお堂(秋葉様)を経て整備された道を行きます。
1710211.jpg 1710212.jpg 1710213.jpg

40分ほどで大力山山頂の東屋です。
回り中ワラビ畑なので春先は楽しいでしょうね。
でもGPSを見たら最高地点はもう少し進んだ所のようですが何も目印はありませんでした。
1710214.jpg

ここからは本当に気持ちの良い尾根歩き。
でも平らなのにとても良く滑る土なので気をつけて歩いてください。
少しすると板木城跡と黒禿山との分岐点がありますので左側黒禿山に向かいます。
17102135.jpg 1710216.jpg

ずっとこんな感じで気持ち良い尾根歩き
1710217.jpg

クロハゲの頭に着きました。
何も案内が無かったけど右が笹倉山だと確信して右に進みます。

4分ほどでモチベーションダダ下がりの車道です(山歩きで道路に出るのが一番嫌い!)
取りあえず右に進むと5分くらいで左側に大きな駐車場。
何の案内板も無かったけど奥に向かったら道があったのでここが笹倉への登山道かなと入ります。
1710218.jpg 1710219.jpg 17102110.jpg

あれが笹倉山かなぁ~と行きますがこちらは登る人が少ないのかかなり藪近くなっています。
右画像の真ん中に登山道がありますが夏場は藪になっているんじゃないかな?
17102111.jpg 17102112.jpg

30分ほどで山頂です。
ポコンと飛び出ている感じの山頂で360°絶景。
雲が多くて周りの山々がはっきり見えませんがそれでも十分な解放感。
17102136.jpg

中ノ岳が雲に隠れて見えませんが目の前に越後駒ヶ岳と八海山がそびえています。
17102114.jpg 17102115.jpg

横を見るといっぱいになった雲があふれ出しそうでした。
17102116.jpg

クロハゲの頭に戻って右側縦走路に向かいます。
秋の味覚キノコが目に付く季節ですね。
可愛いキノコと横は猛毒カエンタケ?  怖いので一人の時はナメコしか採りません。
17102117.jpg 17102118.jpg

道の真ん中に小さい子供の蛇が丸まっていました。
寒さで動けなくなったのかな・・・そんな所で寝ていたら風邪ひくよ~

少し行くとワラビの藪・・・この辺りでムカゴが沢山あったので歩くのを忘れて
17102119.jpg 17102120.jpg

かなりのアップダウンを経て駒の頭です。
ここも左側トヤの頭を目指します。
17102121.jpg 17102122.jpg

トヤの頭です。
分岐地点には各コースへの案内がありますので自分の行くコースを把握して歩いてください。
私は鳴倉山に向かうので左に。

少し行くと鞍部に小さな小さな鏡ヶ池がありました。
17102123.jpg 17102124.jpg

縦走路はステップの無い急な道が沢山ありロープもたくさんありました。
これが最後のロープ場です。
17102125.jpg

鏡ヶ池から10分もしないで鳴倉山山頂です。

横を見ると広々しているので行ってみると真っ先に目が行った『崖に向かって伸びている板
ぐるっと回りを見回すと何となくデジャブ。
そうだ尾神岳に似ている、と言うことはここはパラグライダーの基地
だとすればあの板も飛行の為なんだ(胎内スキー場でパラグライダーに乗ったことがあるので懐かしい)
17102126.jpg 17102127.jpg

山頂広いですよ~。
気持ちが良いので小出の町を見ながらおやつタイム

ダートな道が続いていたのでここまで車で来れるのかも。
17102128.jpg

ほんの少しだけ車道を歩くと『ヅクナシ』と言う杭の所から登山道に入ります。
ヅクナシって私の故郷では仕事のできない人っていう意味でしたがここでは違う意味なのかな。
アリゴ沢と言う所もあって子供の頃蟻をアリゴって言っていたなぁなんて思いだしました。

進むと突き分けコースと1本杉の分岐がありますが左側・一本杉側に。
また進むと→1本杉の案内があり計画では1本杉に進む予定だったけどGPSを見たら
左に進むと朝の場所に近い所に出る悩んだ末に左側に
17102129.jpg 17102130.jpg

結構急な道でしたが無事用水路脇に出ました。
用水路に沿って行き橋を渡って集落の中を歩いて無事宝泉寺に着きました。

これは石ころではありません。
生で良し、炊き込みご飯に良し、空揚げに塩を振っておつまみにと活躍するムカゴです。
17102131.jpg 17102132.jpg 17102133.jpg

本日の距離13.2km 休憩込の時間6時間17分  累計高度+1218m -1221m
17102134.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR