実り進む角田山

角田山   481.7m       2017年9月20日(水)   単独 

登山口11:25-山頂11:58~12:34-登山口13:25

先月から家族の入院退院また入院退院と続きまた台風も来たりでなかなか山に行けなかった。
今日も午前は予報だったのに朝からバシャバシャ雨
10日も行けていないし遅くなったので近くの角田山に(五頭山はガスで見えない)

久しぶりに湯ノ腰コース・・・階段が凄いです。
1709201.jpg

暫く登ると山の斜面にヒガンバナが自然に生えているのを見るのは初めて。
テンニンソウも角田山に咲いているのを見るのは初めてでした、ってこの時期登らないからかな。
1709202.jpg 1709203.jpg

カニコウモリ
1709204.jpg 1709205.jpg

自然薯のムカゴ。まだ小さいので採りませんが生でも揚げても炊き込みご飯にしても美味しい
他は動物たちが喜びそうな木の実。
1709206.jpg 1709207.jpg
1709208.jpg 1709209.jpg

自然の栗もたくさんありますが小さいのでお猿さんが喜ぶかな。
17092010.jpg 17092011.jpg

これは人間が大喜びキウイの原種サルナシです。
ヾ(゚0゚*)アレー?サルと名が付いているから猿が喜ぶのかな?
たくさんなっていましたがまだ固いのでもう少しです。
17092012.jpg 17092013.jpg

本当はもっと高い山でこの旗を翻したかったけど取りあえず角田山GET
17092014.jpg
弥彦にも行こうと思ったけどお友達の所でおしゃべり(^^;

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

飯豊山・日帰りは最後にしよう

飯豊山  2105.1m   2017年9月10日(日) 単独

駐車場5:28-ゲート5:34-小白布沢登山口5:44-御沢コースとの合流6:42-剣ヶ峰7:36
-三国小屋7:49-種蒔山8:46ー切合小屋9:00-草履塚9:29-姥権現9:40-御前坂9:58
-本山小屋10:27-飯豊山10:38-本山小屋10:52~11:07-切合小屋12:15
-三国小屋13:18~13:28-峰秀水14:24-分岐14:40-小白布沢登山口15:27
-ゲート15:36-駐車場15:43

昨年御沢から登った帰りの峰秀水で出会った方が小白布沢から登ってきたと言うので
次回飯豊本山に登る時はここから登ろうと決めていました。
通行止めのゲートの写真と地元の宿に泊まると登山口まで送ってもらえると言う報告ばかりで
駐車場があるのか不安でしたが取りあえず御沢に曲がらずまっすぐ行くとゲートがありました。
路駐している車が見当たらないので進むと2カーブ目に10台ほどの駐車場がありました。

駐車場が判ればもう大丈夫 歩いてゲートに行くと通行禁止の札が・・・。
小白布沢登山口は正式ではないので個人責任で、と言うことです。
突きあたりの登山口の横には壊れている感じですが登山ポストがあります。
1709101.jpg 1709102.jpg 1709103.jpg

渡渉が何か所かありますが飛び越えられますので大丈夫。
割と整備されていますが急登が続きます。
やっと御沢コースと合流しますが時間もそんなに変わらないし距離を見ても劇的に近い訳じゃなかった。
地図を見ると近いんだけどなぁ~c(゚.゚*)??
1709104.jpg 1709105.jpg 1709106.jpg

ここからは昨年歩いているので思い出しながら峰秀水でボトルの水を全部新しくしてやってきました剣ヶ峰。
ストックは片付けて両手を使って登ります。
1709107.jpg 1709108.jpg

後少しです。
1709109.jpg

尾根に上がると三国小屋です~
もう終わっているだろうと思ったセンジュガンピがまだ咲いていたのがあり嬉しい。
17091010.jpg 17091011.jpg

順調に歩いて種蒔山を過ぎたらたくさんの方が保全作業に頑張っていてくださいました。
登山道えぐれて荒れていましたものね、ありがとうございます。
17091012.jpg

花はやはり8月までなんでしょうね、イイデリンドウは探してもありませんでした。
それでもまだ少し花を見ることができました。
タテヤマリンドウ、ウメバチソウ
最後のチングルマ、ノウゴウイチゴ、マツムシソウも終わりかな。
秋の花、ミヤマコゴメグサ、オヤマノリンドウ、トリカブトはたくさん咲いていました。
17091013.jpg 17091014.jpg
17091015.jpg 17091016.jpg 17091017.jpg

ついにやってきました御前坂
昨年はここでバテテしまいなかなか進むことが出来なかった。
この上が飯豊本山小屋、最後の最後にこの坂なので気持ちが負けてしまいます。

今年は何とか休まないで進むことができました。
でもここにきて風が半端なく強くなってきて寒い~~。
17091018.jpg

本山小屋にザックをデポして飯豊山神社にお参り(-m-)” パンパン
寒いので速攻飯豊山に向かいます。飯豊山手前は良い感じに紅葉が始まっていました。

ここでビックリ、何度か山行きを御一緒したmix山岳会のymさんとバッタリ
写真を撮ってもらい本山に戻って強風の中寒さに震えながらラーメンを流し込み(凍らせたゼリーや
グレープフルーツ、フローズン飲み物なども持ってきていましたが見るだけで
ymさんとは切合小屋まで一緒に下山。

しかしymさんは弥平四郎からのロングコース、私が足手まといになると思い切合小屋でお別れ。
17091019.jpg 17091020.jpg

種蒔山の保全の所に来たら作業されていた方は見えなかったのですが道が新しくなっていました。
17091021.jpg 17091022.jpg

剣ヶ峰にあったイワショウブの白から種への移り変わり、可愛いですよね。
17091023.jpg

剣ヶ峰を下りて後ろを見るとこれから登っていくグループが頑張っています。
ふぅ~生き返る峰秀水ざらざらでしょっぱい顔を洗って水も入れ替え元気に下山
17091024.jpg 17091025.jpg

本日の距離21km 時間10時間18分(内休憩26分) 歩数1日で44767歩
今まで飯豊の日帰りなどで自分がどこまで頑張れるか試していたけどそろそろ頑張りが利かなくなるお年頃。
のんびりと飯豊を楽しみたいなぁ~、花に埋もれて御昼寝とか
次回は小屋泊まりで行きます。
本山小屋に泊まって次の朝、大日ピストンして帰る・・・良いなぁ~(⌒-⌒)ニコニコ...
17091026.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

二王子岳・3年ぶりの夏道

二王子岳  1420.3m   2017年9月3日(日)   単独

二王子神社6:19-三合目7:04-五合目7:37-油こぼし8:14-山頂8:48~10:03
-油こぼし10:27-五合目10:57-三合目11:26-二王子神社11:58

事情が出来て暫く遠出できなくなったので近場の二王子に登ってきました。
毎年何回か登っていますがいつも雪の時期で登山道は雪の下で見たことが無く山頂の門の鐘も
下がっているのは2014年6月にタイムトライアルで登って以来3年ぶりでした。

晴れ予報だったのに夜中に雨が降って天気の流れを見たら9時以降が良くなるみたいなので
ゆっくりの出発です。
二王子神社は緑が濃い
ぱらっと雨が当たったりして涼しく汗もかかずによかったのですが5合目はガスガス。
本当に晴れるのかなぁ
1709031.jpg 1709032.jpg

キバナアキギリやジャコウソウは今が花盛り。隣はオニシオガマ。
1709033.jpg 1709034.jpg

油こぼしもガスガス。でも山頂付近に来ると海側に青空が。
1709035.jpg 1709036.jpg

小屋が見えました、緑と赤が良いですね~
1709037.jpg

3年ぶりに見る鐘。もちろんカンカン~と鳴らしました。
チョット青空が出てきましたが飯豊は見えないので小屋に入ってゆっくり
朝でもない昼でも無い・・・ブランチかな(^^;
1709038.jpg

雲の動きは早いけどなかなかすっきりしないので二本木山に散歩に行ってきます。
これが失敗、恐怖の二本木山散歩~

暖かくなって刈払いされた道を少し進むとギャー!ヘビー
長くて太くて真っ黒の蛇がニョロニョロと左の草藪に・・・5歩進むと今度は右の草藪に
体が硬直しますがまた何歩か行くと今度は道の真ん中にドロロロ~ンと横たわって動きません。
一生懸命草を投げますが何故か当たらず、黒い蛇をまたいで進むなんてとても出来ずにまわれ右です。
帰る途中にもまた出てくるし本当に恐怖の二本木山登山道でした。

二王子登山道と違ってあまり人が行かないのでヘビも安心して日向ぼっこしていたのでしょうが
暫くはトラウマで細長い物が何でも蛇に見えてしまいました。
小屋に逃げ帰り山頂から見ても飯豊連峰はこれ以上キレイに見えそうも無いので下山します。
17090310.jpg 17090311.jpg

登りでもずっと思っていましたが登山道がとても綺麗に整備されていたんですよね。
いつも登山道は雪の下だったので気が付きませんでしたが地元の方々が整備して下さったおかげです。
ありがとうございます。
17090312.jpg

ノリウツギかな?たくさん咲いていました。ヤマアジサイはあまりにも鮮やかな青だったので。
17090313.jpg 17090314.jpg

本日の距離 11.2km 5時間35分(内休憩1時間14分) 歩数2万歩程
17090615.jpg

田んぼのある辺りに来たら猿がいっぱい車だったのでセーフ
やっぱり二王子岳は雪の時期が一番

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

行きたかったのよ~立山

立山(雄山・3003m、大汝山・3015m)   2017年8月27日(日)  山は単独

室堂発8:04-一ノ越山荘8:46-雄山神社9:37~9:53-大汝山10:11-真砂山分岐10:50
-雷鳥沢キャンプ場12:10-お昼12:46~13:08-みくりが池温泉13:10-みくりが池13:12
-室堂13:27-立山駅15:10

4年5カ月乗った愛車ステラを8/23に車検と修理に出し帰ってきたら嫁に出すことにして
新しい車(中古の軽)を買い本日午前に迎え入れてきました。
ステラは沢山走ってくれました、8万2千キロ近くは通勤では使わないので
ほとんど・・・山かな(^^;・・・ありがとう~

私が仕事を終わった夕方、何を思ったのか出不精の夫が「これから上高地に行かない?」と言いだした。
速攻距離などチェックして「上高地だったら立山室堂に行かない?」と提案したらとにかく遠くに
今度の車で出かけたいらしいので速攻夕飯作って山の支度してケーブルカーのチェックしてと大忙し。

本当に立山に行きたかったけど登山口まで車で行ってはい出発とはいかない山。
立山駅に車中泊して朝一番に行こうと頑張ります。
ケーブルカーの始発が6時、かなり並ぶと聞いて5時に行きたかったのに夫は「室堂散策するだけだから
7時まで寝ている、お前は早く行って山に登ってくれば?」~~折角遠くに来たんだから
山は我慢して二人でみくりが池周辺散歩しようかと思っていたのに2時間車にいるのは嫌なので
先に行っちゃいます。

ごたごたしていたら切符売り場には5:30、たくさんの人が並んでいて切符が買えたのは6:20.
切符は買えたけど乗るケーブルカーは6:50。人数も決まっていて乗ったら即出発。
立山~ケーブルカー~美女平~バス~室堂着。
立山から室堂まで往復¥4310 尾瀬が一番かと思ったらこちらもお金のかかる山です。
1708271.jpg 1708272.jpg 1708273.jpg

室堂に着いて外に出て見れば立山連峰が青空の中にあります。
新潟はず~~~っと雨だったのでこの青空は嬉しい。立山でも久しぶりの青空だそうです。
1708274.jpg

かなり前に一応下調べはしてあったけど直前に何も調べないで来たのは心配でしたが
これだけ人がいれば迷うことはない(^^; 雄山から行きます。
途中にある一ノ越山荘です。
1708275.jpg 1708276.jpg

その裏から見る景色は最高剱岳の尖がりもくっきり。
1708277.jpg

山頂の少し下から室堂山方面を見ます。
1708278.jpg

雄山神社で御朱印帳をお願いして登拝に向かいます。
御朱印帳 ¥500、登拝料 ¥500
1708279.jpg

お払いの前に
本日は富士山、白山と立山、日本三霊山が見えますという良いお天気。
祠の前にみんなで座ってお祓いを受けます。その後お神酒を頂きます。
17082710.jpg 17082711.jpg

下調べはしてありませんが雄山から縦走路を見ると真砂山手前から下山道があります。
大混雑している急登ガレ場の雄山を下山したくないので一番短い縦走してみます。
17082712.jpg

トウヤクリンドウをがたくさん咲いているのを見ながら進むとたくさんの方が集まっています。
何かなとGPSを見たら大汝山 危ない危ない、ここを外してはいけません。
17082713.jpg 17082714.jpg

早速てっぺんに登って・・・高所恐怖症だった、万歳できずにこれが精いっぱい。
17082715.jpg

雄山と大汝山に登れれば下見としては大満足。
次の急先鋒「富士ノ折立」は巻いて進みますがここも本当に急なガレ場。
気をつけていたのですが石が転がってしまいラークと叫びましたが焦りました。
気をつけましょう
17082716.jpg

真砂山手前の分岐「大走り」を下っていくとピンクのくまちゃんや白い雪だるま?のマスコットが
落ちていたのを踏まれないようにちゃんと置いてあり長い年月立山を見つめているのでしょう。

そして今までいろんな山で見てきたタテヤマリンドウ。これが本場のタテヤマリンドウ。
17082717.jpg 17082718.jpg

花はほとんど終わっていました。チングルマの綿毛。
17082719.jpg

下っていくと色とりどりのテントが並ぶ雷鳥沢キャンプ場。
朝登りで見た時はもっとたくさんのテントがありましたが帰った方も多いのでしょうね。

でも後ろに見えるあの急な階段を登らないと室堂には帰れない_| ̄|O
17082720.jpg

登り返しの途中から白い蒸気をあげている地獄谷が見えました。今は立ち入り禁止です。
そして真っ赤な池「血の池」です。
17082721.jpg 17082722.jpg

夫と合流したので立山をバックに写真を撮ってもらいます。
17082723.jpg

そして今日歩いてきた山が見える所でお昼ごはん。
夫は食べ終わっていましたけどね。
17082724.jpg

みくりが池はさざ波が立って立山がキレイに映ってはいませんでしたが美しい色です。
ぐるっと回って朝の登山口に着きましたがこんな湧水があったのを今頃知りました(^^;

ここからまたバスに乗り美女平でケーブルカーに乗り換えて、お疲れ様~
帰りは疲れ果てたので立山から全線高速道路。¥2930でした。
17082725.jpg 17082726.jpg

御朱印と登拝記念のお札。
隣の地ビールは私のお土産
17082727.jpg 17082728.jpg

本日の距離8km 5時間19分 平均速度1.5km・・・慎重に歩きすぎた。本日朝から夜までの歩数20225歩
17082729.jpg<

この日走行距離1567kmで我が家にやってきた車。
初日から往復530kmも走らされてビックリしていることでしょう。
こんな私ですが良い相棒として、これからもよろしくね~

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

キツネノカミソリの角田山

角田山  481.7m    2017年8月10日(木)  単独

浦浜登山口11:37-灯台分岐12:34-山頂12:47~13:17-浦浜登山口14:16

例年だったら8月の初め頃山に行った後はお盆商戦に突入して毎日忙しくて疲れ果て
家に帰ると立ち上がれないくらいで休みがあっても行く気も起きずに過ごして
15日過ぎるとやっと行く気になる・・・でももう秋の気配で悲しい例年。

今年も富士山に行った後忙しさに突入。
精神的にも肉体的にもクタクタで山に行く気力が起きないでいました。
今日もダラダラしていましたが山コミュで秋のイベントがある事を知り
遠くには行けないけどキツネノカミソリを見に角田山に行く気力が生まれました

キツネノカミソリと言えば浦浜コース。
2012年に見に来て感動したことを覚えています。
真夏の昼下がり、各登山口は閑散としていますが浦浜登山口は満車。
1708102.jpg 1708103.jpg
1708101.jpg

道の両側にもたくさん咲いていますし斜面などびっしり。
でも蕾もまだまだたくさんありましたのでこれからも大丈夫。
1708105.jpg 1708106.jpg
1708104.jpg

群生は途中まで。その後山頂まではヤブランなど見ながら登ります。
このコースは樹林帯を歩くので陽が当たらないし海風も吹いて真夏でも気持ち良い登山が出来ます。
山頂も大きな木が生い茂っているので木陰でお昼ご飯
1708107.jpg 1708108.jpg

角田山に夏はあまり登らないのですが、山頂広場草ぼうぼう~
汗がボタボタと滴り落ちましたが気持ち良かった~

明日からまた頑張ります・・・15日までファイトー
1708109.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR