倉手山・飯豊が近い!

倉手山  952.5m  2018年5月27日(日)  単独
 
登山口6:55ー山頂8:07~8:53-登山口9:45

4年前の残雪期に登り息をのむ絶景でしたが自分で調べて行ったのではないので
コースがいまいちよくわからず思い出だけにとどめていましたが、msさんが先週行って素晴らしい
残雪の飯豊連峰をアップしていたので、私も雪が消える前の飯豊連峰が見たくて行ってきました。

新潟から米山に行くより近い1時間半で着きました。
駐車したら続々と車が来てあっという間に満車。
この道路は飯豊連峰への登山口に続いていますが
駐車場の一番奥にゲートがあり自転車や徒歩で向かう方がいましたが
登山口のある飯豊山荘まで3kmくらい有ります。
1805271.jpg 1805272.jpg

倉手山にもたくさんの方が登っているのかなと思いながらちょっと戻った登山口から行きます。
あまり花は咲いていませんが今の時期サラサドウダンが満開です。
1805273.jpg 1805274.jpg

振り返ると朝日連峰
1805275.jpg

ヒメサユリも咲いていましたが崖の所で向こうを向いていたのでお顔を見ることができません。
シャクナゲもたくさん咲いていました。
1805276.jpg 1805277.jpg

途中から見た倉手山。山頂はその向こうだとは思いますが。
1805278.jpg

山頂の手前にだけ雪が残っていて、足跡も無いしさてどっちかな~とスマホを出したら
向こうから「こっちこっち~」と呼ぶ声が。私もあそこでどっちか迷ったのよ~だそうです。
と言うか・・・山頂には彼女一人しかいません あの駐車場の車はみんな飯豊に行ったの
18052710.jpg 18052711.jpg

羨ましいぃ~と思った気持ちは眼前の飯豊連峰で消し飛びました。
石転びが良く見えます、その上には梅花皮小屋も。
18052712.jpg

鉾立があってその右に杁差岳。
18052713.jpg

パノラマにすると二王子から見る飯豊連峰とまるっきり反対です。

見附からの彼女と何度か山で会った北区のおじさまと中々この場所から立ち去りがたくて
飯豊連峰や他の山々の話で盛り上がります。

下山を始めるとたくさんの方が登ってきます。
1時間ちょっとで登れる山なので私が早すぎたのですが、あれ以上遅かったら
車を停めるのが大変そうだったので日曜日はあの時間で正解。
平日だと誰もいなくて熊が出そうですものね。
18052714.jpg

本日の距離: 4.1km 時間休憩込: 2時間45分 歩数: 12000歩
18052715.jpg

駐車場は縦にも停められ路肩にもたくさん駐車してありました。
結構早く下りてきちゃったので梅花皮荘のお風呂に入り
奥川入り荘の裏の田んぼからの飯豊を見たくて散歩しましたが
風が強くなってきてキレイには写りませんでした。
そして青かった空が雲で真っ白に・・・皆さんきれいな風景見られたかな

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

弥彦山・5月の花

弥彦山  634m       2018年5月10日(木)  単独

八枚沢登山口10:49-弥彦山頂11:52~11:59-能登見平12:16-雨乞山分岐12:20-ゴール13:02

先日西蒲三山縦走した時、雪割草の時期しか登らない弥彦山にあんなに
花が咲いているとは思わずビックリ感動しました。
20日過ぎたらどんなになっているのか、まだ花がいっぱい咲いているのか気になって行ってみました。

遠くに行きたかったけど朝から雨が降っていて10時頃止んできたので近くにしか行けなくて
暫く行っていなかった八枚沢から登ってみます。

登山口には滝がありここから登りますが最初はかなり急登です。
1805101.jpg 1805102.jpg

春は雪割草がたくさん咲いていますが今は色とりどりの花がたくさん咲いていました。
ホタルカズラ、タニウツギ、ハンショウヅル?、エビネラン、フジ
1805103.jpg

ガマズミ、ヤマツツジ、ナナカマド、ウゴツクバネウツギ、ナツトウダイ
1805104.jpg

サワハコベ、アカメガシワ、ミヤマオダマキ、ウスバシロチョウ、エビネ拡大、シャガ
1805105.jpg

セリかな~?大群生していました。
1805106.jpg

本日の距離 4.2km  時間2時間14分 晴れてきたのでこれから登ると言う方が結構いました。
1805107.jpg

縦走の時に比べたら草丈は格段に大きく藪になっていますのであの時期がタイムリミット。
あの時期でも花が沢山咲いていて写真撮ったりで時間がかかってしまったので
縦走はもう少し早い時期でも良いかもしれません。
あんなに咲いていたニリンソウやイチリンソウ、フデリンドウ、イカリソウは全く無くなって
花は総入れ替えでした。
山百合がもう少しだったので来月もお花見をしてみようかな

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

西蒲三山縦走・国上~角田

西蒲三山(国上山・弥彦山・角田山)  2018年4月21日(土)  Ym&P&さあこ

酒呑童子神社6:08-国上山7:01-剣ヶ峰7:30-雨乞山8:47-妻戸山9:50
-弥彦山9:58~10:23-大平公園10:59-多宝山11:16-樋曽山13:12
-五ヶ峠登山口13:59~14:19-角田山15:20-宮前登山口16:14


比較的近い山なので各ピークは何度も登っているけど縦走だと独りではなかなか難しい西蒲三山縦走。
行きませんかと言うYさんの声に速攻でお願いしました。
下山口の宮前登山口に5:30集合。
お一人はこの間関東に引っ越されたPさん、また御一緒出来て嬉しいです~
そして今回の下見を何度もしてくれたYさんの車で道の駅国上の後ろにある酒呑童子神社に行きます。
支度をして縦走の成功をお願いします。
でも入り口に縁結之神と言う碑が・・・ま良いよね(^^;

何度も来ているのに、この五重塔の裏に登山道が続いているのは初めて知りました。
1804211.jpg

何度か道路を横切って朝日展望台に着きそこから吊り橋(千眼堂吊り橋)を渡って
五合庵に行く予定だったけど橋が通行止めで残念ながら直接国上寺登山口に。
1804212.jpg 1804213.jpg

国上寺前の六角堂にあるしだれ桜が満開でとても綺麗でした。
1804214.jpg

少し横に行くと国上山登山口があります。

17分で山頂~誰もいません
桜の木もありますがまだ咲いていなくてちょっと残念。
1804215.jpg 1804216.jpg

蛇崩方向に進み途中の分岐で左側・剣ヶ峰に進みます。
細かいアップダウンを繰り返して剣ヶ峰砦跡。
ちょっと前までカタクリビッシリの場所ですが終わっていました。

国上寺―剣ヶ峰ー黒滝城趾は何度か通っていますがここから猿ヶ馬場まで歩いた事が無いので
Ymさんの後に続きます。
大きな木が根こそぎ倒れて登山道をふさいでいたので迂回しますがチョット危ない。
他にも杉がかなり倒れていて道がグチャグチャでした。
1804217.jpg 1804218.jpg

途中から見た弥彦山、結構凛々しいですね。
1804219.jpg

何度か舗装道路を歩いて進みますが自分一人だと分かりづらいです。
途中に大きなイチリンソウが咲いていて久しぶりにお会いするのでテンション上がります・・・が
今の時期この山塊にはもの凄く咲いていました。この時期登らないからね~。

もう一つは葉がそうだからツワブキになるのかなぁ?朝陽に輝いていました。
18042110.jpg 18042111.jpg

猿ヶ馬場から登り雨乞山山頂です
あんなに大きな電波塔がどっしりと建っていたのに無くなっていました。
聞いてはいましたがビックリです
ここがどう変わっていくのかな
18042112.jpg

雨乞山から能登見平までは案内によるとフラワーロードとなっているけど
雪割草の時期にしか来ない私は今まで花を見たことが無かった。
それが今回ビックリ
雪割草やカタクリは終わってイチリンソウ、ニリンソウ、フデリンドウがびっしり大群生。

初めてフラワーロード堪能しました
18042113.jpg 18042114.jpg

海風に吹かれながら日本海を堪能します。
18042115.jpg

やった!第二の目的地弥彦山山頂。二礼四拍手一礼かな(^^;
たくさんの方で賑わっていたので記念写真を撮ってもらいました
18042116.jpg

何故かお腹が減ったので早いけどお昼にします。
私は弥彦山頂で食べたかったハンバーガー、力が出なくなってみんなの迷惑になると悪いので
頑張って半分食べました
お土産屋さんを覗いたりアイスクリーム美味しそう~と見たりぐるぐる回転のパノラマタワーや
斜めのクライミングカーを見たり、つかの間の観光気分
18042117.jpg 18042118.jpg

観光気分を吹き飛ばして行きますよ~
スカイラインを渡り大平公園に登り(皆さんピクニックでのんびりしていて混ざりたかった
またスカイラインを渡り多宝山山頂に着きました。
18042119.jpg 18042120.jpg
18042121.jpg 18042122.jpg

多宝山から石瀬峠に進むと段々人が減ってきた。
石瀬峠からスカイラインに出て次の魔女の森への入り口はわかりづらい。
草が生い茂っていて前に歩いたと言うYmさんがいなかったら無理です。
18042123.jpg 18042124.jpg

かすかな踏み跡をたどって進みますがやっぱり迷ってしまった。
GPSがあるので方向は大丈夫なのですが踏み跡が無くなってしまいましたがしばらくして合流。
ニリンソウを踏んでしまってごめんなさい。
私たちの後に着いてきた方には悪い事をしました、ゴメンナサイ。

魔女の森を抜けてスカイラインを少し歩いて樋曽山に入ります。
18042125.jpg 18042126.jpg

ショウジョウバカマは凄くたくさん咲いていたけど撮る気にならなかったのですが1枚だけ。
イカリソウやチゴユリもびっしり咲いていたけど1枚も撮らなかった、ゴメンナサイ。

ラショウモンカズラは好き
18042127.jpg 18042128.jpg

前に五ヶ峠から樋曾山通ってスカイラインに抜けたことがあったけどこんなに長かった
ダラダラと本当に長かったけどたくさんの方がお弁当広げていました。

緑色が樋曽山三角点、次が福井山三角点。
18042129.jpg 18042130.jpg

やっと最後の登山口「五ヶ峠」です。
ここで最後と言うこともありトイレとエネルギー補給。駐車場は満車です。

このコースは角田山のコースの中ではかなりゆるゆるで登れるコースです。
その代わり長いですが(^^;

山頂に着き最後の記念撮影。
もう休まないでそのまま宮前コース下山・・・で、ゴ~~~ル
18042131.jpg 18042132.jpg

本日の距離:23.1km 時間:10時間06分(休憩50分込) 歩数:46000歩
18042134.jpg

累計高度(+)2123m、これだけの標高の山に登ったら絶景が見られると思うけど延々と樹林帯の中。
何が楽しいの?と言われたけどいつも見ている西蒲三山通して歩けて良かった。
18042135.jpg

水場は弥彦山山頂に有るだけ(ペットボトル買う)途中何度か渡渉がありますが飲めるかどうか?
私は、水500mi×2本、お湯500mi持って行き、水600miくらいとお湯200miくらい飲みました。
一緒に歩いてくれたYmさんPさん、ありがとうございました


テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

八石山・花は咲いたかな?

八石山  518m       2018年4月19日(木)   単独

登山口8:10-分岐8:35-赤尾八石9:05-南条八石9:20~10:11-沢コースー分岐10:43
-峰コースー南条八石11:28-沢コースー分岐11:45-駐車場12:10

朝起きたら綺麗な朝もや・・・土曜日に人との山行きがあるので休んでいようかと思ったけど
この朝もやを見たらじっとしていられない(^^;
速攻支度してシラネアオイやニリンソウ・ウラシマソウが咲いたか確認しに八石山に

駐車場の桜は葉桜になっていました。
1804191.jpg 1804192.jpg

今日もやっぱり私が好きなコース、三ツ小沢から登って沢コースを下りる予定で行きます。
今回かやかりば分岐に下りて来て峰コースは5年前一度下ったことがあるだけだったので
チョット様子見と登り始めたら新潟からの単独女性と会いお話しながらついでに山頂まで。
ご飯は一回目で食べていたので山頂で別れて沢コースで下山。
1804193.jpg

登り始めの近道から山全体トキワイカリソウがびっしり
白は白で綺麗ですね。
1804194.jpg

エンレイソウや終わったと思っていたカタクリもたくさん咲いていました。
1804195.jpg 1804196.jpg

三ツ小沢を登って行きますと見晴観音がありその回りにお目当てのシラネアオイが咲いていました。
まだ蕾もたくさんありましたのでこれから・・・山の中はまだ確認できていないし。
1804197.jpg 1804198.jpg

見晴観音から10分くらいで赤尾八石山頂です。
いつか逆コース回ってここでのんびり休んでみたい。
ここから南条八石の山小屋「やまぼうし」が良く見えるのを発見

もう少しで南条八石山頂ですがカタクリロードが続きます。
18041909.jpg 18041910.jpg
18041911.jpg

いつもの「やまぼうし」と「豆の木小屋」です。
山頂のテーブルはまだ設置されていませんし祠の扉も閉まっていました。
五月下旬の山開きまで開かないのかな?

桜の木もたくさんありますがソメイヨシノは満開でした。
18041912.jpg 18041913.jpg

今日は回りじゅうの山々がはっきりと見えます。
越後三山です。
18041914.jpg

こちらはぐるっと右に行って頚城三山。
18041915.jpg

そしていつも晴れているのに霞んではっきり見えたことが無い刈羽黒姫山。
こんなにはっきり見えたのは初めてです。

朝ご飯はコーヒーとパンちょっとだったのでゆっくりブランチ。
飯豊連峰が見えると言う場所まで行ってみましたが今日は残念ながら見えませんでした。
18041916.jpg

下りはちょっと戻って花いっぱいの沢コース・・・下り口にまだ雪が残っていたのでニリンソウは諦めて
下って行きましたがまだカタクリ、キクザキイチゲ、エンレイソウはたくさん咲いていました。

いつもは藪の中にたくさん咲いているシラネアオイは全く見つけられませんでした。
ニリンソウの群生も素晴らしい所ですが、まだ葉が出たばかりと言う感じです。

かやかりば分岐に来て上記に書いたように時間も早いし、また山頂に向かってみます。
18041917.jpg 18041918.jpg

新潟の方FJさんは角田のコースの中でも私の大好きな「宮前コース」の整備に頑張っておられ
上部の石場の崩落予防の為石を持って上がっているそうです。
登山口に石を置いてあるそうなので私も協力いたします。

このコースはあまり花は無いのですがシュンランと今年初めてのイワカガミ、ピンクが濃いです。
18041919.jpg 18041920.jpg

途中に見晴地があり米山もはっきり見えました(山頂では木が邪魔で

こちらはほとんどが階段で(整備して下さっている皆様ありがとうございます)山頂に着いた時
迷わず沢コースで下山しました。
18041921.jpg

本日の距離:5.3km 時間:3時間59分(休憩込)
18091422.jpg

テーマ : 山登り
ジャンル : 趣味・実用

安定の二王子岳

二王子岳  1420.3m      2018年4月17日(火)  単独

二王子神社登山口6:19-五合目独標7:44-山頂8:54~9:38-独標10:20-登山口11:15

17日が晴れに変わったのを知らないで前日夜更かししてしまい速攻で寝て寝不足で出発~(^^;
神社まで車が入れると言う情報が有りましたので到着したら既に車が3台
神社の雪は消えていますが桜はまだです。

三合目までは殆ど夏道ですが三合目からは雪がたっぷりで全く夏道は見えません。
四合目辺りは右上の夏道じゃなく谷道を進みます。
1804171.jpg 1804172.jpg

五合目独標積雪2.3mくらい、減りましたね。
本日の雪質は雪が締まった後に昨夜雪が降ったらしくてとても歩きやすい。
右の場所は急登なので夏道は右に曲がっているのですが真っ直ぐのトレースです。
下りはここ 滑ります
1804173.jpg 1804174.jpg

油こぼしです。
ここまでツボ足でしたがここでアイゼンを付けます。
クラックがかなり・・・と聞いていましたが新雪で隠れているので気をつけて。
1804175.jpg

尾根に上がると新雪もちょっと多くなり雪原が美しい小屋が見えます。
枝に付いた樹氷もパラパラと音を立てて落ちています。
1804176.jpg 1804177.jpg

振り返って五頭連峰。
雪がまだまだあります。
18041712.jpg

モンスターになっていない雨量計はちょっと寂しい。
溶けかけのモンスターと飯豊連峰。
1804178.jpg 1804179.jpg

ホッとする赤い避難小屋。
山頂には雪がありましたがずっと無かったそうですので昨日の雪かな?

私の後に登ってこられた須Oーさんが小屋に入ったら賑やかな声?
下山の方にも会ったので誰もいないと思ったら昨日ここに泊まったそう。
昨日は強風ホワイトアウトで雪・・・寒かった~と何度も言われていました。

その方たちが出発した後、須Oーさんとお話ししましたら私のフルネームと勤め先まで当てられ・・・
?勤務先なんて言ったことがあったかなぁ~(言ったことがあるんでしょう)記憶力凄いです
奥さまが作られたと言う笹団子も頂き ”高知山の時一緒だったmさんは元気ですか?” 
と気にされていましたが残念ながら関東に転勤になったと伝えることができました。

帰る時青春の門を見たら雪が半分以上落ちていました。
18041710.jpg 18041711.jpg

油こぼし上で先に下山した方達に追い付き挨拶して進んだらまたまた偶然”超人kwさん”にお会いして
懐かしさでしばし歓談。ブログも読んでくださっているそうでとても嬉しいです、ありがとうございます。

油こぼしは良く見たらクラックがあったのでそこを過ぎてから尻せード、気持ち良い~。
滑り下りてからの素晴らしい風景。
18041713.jpg

登りで滑ろうと思っていた所です。
上から見たらかなり急でちょっと恐怖心が湧きましたが気持ちよく滑りました
滑り終わってみたら長いですね、ここ以外にも急登が結構あるので尻せード&靴せード。
18041714.jpg

やはり登り始めの時間が早かったようで下山中にたくさんの方とスライド。
前日と明日は雨なので今日は最高の一日です。
3月の二王子は悲惨だったけど満足の二王子岳ありがとう~

本日の距離:10.4km 時間:4時間55分(内昼休憩44分)尻せード全開だったので下りはかなり早かった。
18041715.jpg

テーマ : 登山
ジャンル : 趣味・実用

山好き管理人
当ブログはリンクフリーです。

管理人:さあこ
詳しくはプロフィールへ


↑新潟100名山レポです。



↑何かありましたらお気軽に♪
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
リンク
検索フォーム
QRコード
QR